西村院長のEDOブログ

疲れた胃腸をお灸で助ける

冬らしい寒さをあまり感じなかった11月とはうってかわり、12月に入り一気に冷え込んできましたね。気温が急激に下がると、身体が冷え、血流の巡りが悪くなり、内臓(とくに胃腸)の働きが低下しやすくなります。

寒さによる内臓の働きの低下、年末年始の飲み過ぎ・食べ過ぎによる胃腸へのダメージの蓄積は、身体に余分な熱を籠らせてしまい、胃の痛みや不快感だけではなく、様々な体調不良の原因にもなります。

 

症例報告:便秘、歯茎の腫れや出血

 

年末年始に体調を崩しやすい方はお灸やツボ押し、食養生で体調管理を行ってみてはいかがでしょうか?

 

胃腸に負担をかける食べ物

あ ぶらっこい(脂っこい)

あ まい(甘い)

な まもの(生もの)

つ めたい(冷たい)

か らい(辛い)

→頭文字の「ああ、夏か」で胃腸に負担をかけやすい食べ物を覚えましょう。飲み過ぎ・食べ過ぎで体調を崩しやすい方は、偏ってとっている食材かもしれません。食べる量に気をつけましょう。

 

胃腸の疲れをとるツボ

①関元(かんげん)→ヘソから指4本分下にあるツボ。お腹の冷えや便秘に効果がある。

②中脘(ちゅうかん)→みぞおちとヘソの真ん中にあるツボ。胃腸が弱っている時には治療でもよく使われている。

③天枢(てんすう)→ヘソから指3本分外側にあるツボ。消化器系の不調によく用いる。

 

※お灸がない時は、水を含ませたタオルを20秒程電子レンジで温めて作った蒸しタオルでも代用できます。温め過ぎは火傷の原因になるので注意して下さい。

指で押してもオッケーです。痛いけど気持ちいいくらいの強さで、10~20秒の持続圧×3回を目安に行います。

東洋医学と季節の変化 冬

12月になってから、ぎっくり腰になって初めて鍼灸院に来たという人がいました。季節の変化で体調を悪くする人が増える季節です。コロナではなくても、寒さゆえの風邪や胃腸の不調も起こりやすいです。

 

東洋医学では病気になる原因を大きく三つに分けています。

内因(ないいん) 大きな悲しみ、怒り、怖れ、驚きなどの感情によって病気になる。精神的ストレス。

外因(がいいん) 気候の変化によるストレスによって病気になる。暑さ、寒さ、湿気、乾燥など。体の中の原因ではなく身体の外の原因。

不内外因(ふないがいいん) 内因でも外因でもないもの。食べ過ぎ、飲み過ぎなど食生活の不摂生。怪我や過労。房事過多(ぼうじかた)など。房事過多とはセックスのやり過ぎという事です。

 

寒くなってくると気候変化のストレスで体調を悪くする人が急増します。上で挙げた「外因」由来の不調です。「寒邪(かんじゃ)」と呼んでいます。寒くなると起こる症状は皆さんももう経験があるかもしれません。患者ならぬ寒邪をまとめてみます。

 

1 寒邪は凝滞の性質があるので血液の流れが悪くなります。

2 寒邪は収斂(縮まる)の性質があって、筋肉のこわばりも起こりやすいです。

3 寒邪は陽気を損ないます。陽気がなくなると何が起こるかというと、体が冷えて尿が近くなる。尿の量も薄くて多くなる。

4 そして、寒邪が臓器まで影響すると腹痛、下痢、嘔吐が起きます。

1と2の合わさって、鍼灸院ではぎっくり腰や関節痛の訴えが増えます。

 

東洋医学の理論は現存する中国最古の医学書の『黄帝内経(こうていだいけい)』という本の中に書かれています。鍼灸の学校で学ぶ理論の原典がこの本です。『黄帝内経』の内容は東洋医学の理論は『素問(そもん)』、実践は『霊枢(れいすう)』の中に書かれています。理論編の『素問』の中には様々なことが書かれていますが、季節ごとの過ごし方の記載もあります。

私が過去に行っていた勉強会のテキストに『黄帝内経』の中の冬の養生の原文があります。冬の過ごし方の部分に赤線を引いてみました。

IMG_2848

古典を意訳します。

 

冬の三か月は閉蔵の時期です。動物が冬眠するように人間もゆったりと過ごしましょう。夜は早く寝て、朝も遅めに起きます。激しい運動もなるべく避けて、運動するなら天気が良い日に適度にしましょう。夏と同じように過ごしていると陽気が外に漏れ出てエネルギーを消耗してしまいます。寒さから身を守り、体を暖かく保ちましょう。冬にエネルギーを蓄えて、来るべき春に向けて体力を整えましょう。冬は体力を消費するのではなく、蓄える時期だと思っておいてください。

 

古代と現代とは環境も変化していますが、冬はまずは暖かくするというのは変わりません。服装の工夫で熱を逃がさないようにしてください。首元を温めるのはオススメですし、手袋も保温には便利なアイテムです。乾燥を訴える方も増えています。乾燥が過ぎると皮膚の防御機能が低下してしまいます。お風呂の後の保湿も工夫してみてください。

 

ここ数年、季節が随分と乱れていると感じます。季節の過ごし方にプラスαで気をつける必要があるようです。とはいえ、基本的な四季は変わりません。12月に入って例年並みに寒くなっています。
「寒邪」に気をつけてご養生ください。

症例報告:便秘、歯茎の腫れや出血

30代 女性

便秘、歯茎の腫れや出血

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

便秘でお腹か張って苦しい

歯茎が腫れて出血したりするために口の中が痛い

食べてもお腹がすぐに空き、夜中でも食てしまう

  

 お身体の状態と見立て】

昔からら便秘気味ではあるが、ここ数ヶ月より悪化した

・ひどいときは1週間くらい出ないこともあり、お腹が張って痛む

・便秘が続くと歯茎の腫れ痛みが酷くなる

・喉がすぐ乾き、冬の寒いときでも冷たい飲み物を飲む

・食べものは辛い味付けが好きで良く食べる

・あまり食べ過ぎたくないのだが、食べても食べてもお腹が空く

 

昔から辛い食べものが好きで食べる方ではあったのだが、

数ヶ月前から仕事や人間関係のストレスで激辛のものなどを食べる頻度が更に増していた。

辛いものを過剰に摂取したことにより、 胃腸に熱がこもり乾燥した結果、便秘を引き起こしたと考えられる。

また、胃に熱があるために胃の消化機能が異常に亢進し、食べてもすぐ空腹となっていた。

更に、その胃の熱が上にのぼり口腔内を損傷し、歯茎の腫れ痛みや出血が起こったと考えられる。

 

 鍼灸施術と経過 

胃腸にこもった熱を冷ます

・胃腸を潤し便秘の緩和をはかる

 

以上をメインとした施術を行った。 治療後、数時間後に便意を催しスッキリ出る。

治療した日の夜中はいつものようにお腹が空くこともなく、 食べてしまうこともなかった為、

翌朝は目覚めもよく身体が楽になった。 現在は2週に1回のペースで治療継続中。

治療を受けはじめたのをきっかけに意識して、一時期ほど辛いものを食べ過ぎたりすることもなくなり、

また歯茎の腫れや出血も治まり、 再発することもなく快適に過ごせている。

 

 担当よりコメント 

それぞれ味の好みはあると思いますが、 どの味でも摂りすぎは不調を引き起こしす原因となります。

針灸治療を続けて受けていると、身体が過度に欲しがらなくなる状態にはなりますが、

あくまでも健康状態を維持するのに大切なのは、

「ご自身で自分の心身の状態に目を向け、意識して行動すること。」 です。

針灸治療でそのお手伝いが出来たらと思っています。

 


・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

斜角筋と肩甲骨内側のこり

斜角筋

斜角筋という筋肉をご存知でしょうか?

首の前側このあたりにある筋肉です。

line_oa_chat_211119_124425

首の前横にある筋肉なので、首を前に引っ張ったり、横に倒す作用をします。

施術を通して感じるのが、首の前側の凝りをあまり認識している人が少ないことです。

この筋肉を押すと、すごい痛みがある方が多く。首肩の施術には欠かせない筋肉なのです。

なぜ凝るの?

斜角筋は首を安定するために働いています。パソコンの画面をじっと見て猫背で作業していると頭が身体の前方に来て、この筋肉が固まってきます。頭前姿勢がこの筋が凝る原因の一つです。

line_oa_chat_211119_141902

またむち打ちなどで、首が急に後ろに持っていかれる衝撃が加わると、頚椎を損傷しないようこの筋が強く収縮します。この収縮が後々まで残り、斜角筋の凝りの原因となっていることもあります。

斜角筋は呼吸筋としての働きもあり、胸式呼吸の方も凝る原因の一つとして考えられます。

どんな症状がでる?

この筋が凝ると、肩甲骨の内側や胸、腕に痛みやしびれを感じることがあります。

この筋肉は前・中・後と三つの筋肉で、隙間を腕や肩、胸に分布する神経が通っています。

この筋肉が凝りすぎると、この神経を圧迫し、肩甲骨の内側、胸の凝り感、手のしびれの原因になります。

line_oa_chat_211119_124428 line_oa_chat_211119_124430

赤い所が斜角筋由来の症状の出やすいポイントです

施術のポイント

いくら肩甲骨の内側を揉んでも解決しないコリがあります。

原因が違うところにあるからなのです。

この筋肉を施術すると、肩や胸、腕の違和感がスッキリすることがあります。また呼吸にも関わる筋肉なので呼吸も楽に感じます。

鍼灸の施術ポイントの一つをご紹介しました。

 

 

 

冬の体調不良

日照時間が減る冬は、精神の安定、安心感や平常心をうみだす鍵となるセロトニンの分泌量が減り、疲労、うつ症状、イライラ、落ち込みやすい、不眠などの精神状態が不安定なる「冬うつ」になりやすいそうです。

セロトニンとは、日の光りを浴びたり、自分の欲求が満たされる時に脳内から放出される神経伝達物質です。 秋に不思議と食欲が増したり、物悲しく泣きたい気持ちになりやすいのは、普段は自制している事を解放し、足りなくなったセロトニンを補おうとする人間の本能的な反応なのかもしれませんね。

 

日光を浴びること、適度な運動をすることがセロトニンを増やすため、朝の15分程度の散歩が推奨されています。 実は鍼灸治療にも、脳活動の活性化が期待できるという実験結果もでており、イギリスではうつ病の治療の選択肢の1つになっているようです。

 

鍼灸によるうつ病の治療 心に効く「ツボ」の効果とは

 

「最近なんだかすっきりしない」「検査で異常はないけど、あまり体調がよくない」という方は鍼灸治療をお試し下さい。

 

DSC07750

症例報告:在宅ワークで何もしていないのに足首が痛い

30代 性別 女性

メンテナンスで月に一回鍼灸治療に通っている方の症例です。コロナ禍で完全在宅勤務になって数か月経過。ある日突然に足首の内側が痛くなった。足首を曲げると痛みが出る。

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

・心当たりがないのに右足首が痛い

・ずっとパソコンを使っているので首、肩こりは常にある

・在宅勤務になってから眼精疲労が酷く、目が痛い

・座っている時間が長いと腰痛が酷くなる(ストレッチをして予防はしている)

  

 お身体の状態と見立て】

・通勤時間がなくなり動いていないことにより、体の軸バランスが変わった。

・元々腰椎に少し側弯があることもあり、身体のバランスに歪みが出て右の脚に負荷がかかりやすい。

・足首内側に体重が乗り、痛くなっている。

IMG_2293

 

 鍼灸施術と経過 

・可動性を良くするため、臀・股関節周りに針で刺激を与える。背中の緊張をゆるめるためお灸で温める。

・痛みが出ているのは足首だが、原因は数か月間の運動不足によって下半身の筋力の衰えから来ていることを説明。

・自宅で簡単な筋トレをしてもらい、軽い散歩をしてもらった。内転筋は衰えやすい分、筋トレをすると効果を得やすい場所です。3回の施術と自宅での筋トレで足首の痛みはなくなった。

 

 担当よりコメント 

身体を動かさなすぎで不具合が起こる方は結構います。コロナで動かなすぎで身体のバランスが悪くなっている方が多いように思います。腰部や下半身の筋肉を使わないこと、自宅でも長時間座って仕事をしていることで腰回りが硬くなっています。そのために身体の軸が変化して足首にかかる力が多くなって痛みが出るパターンが多いように思いました。足に痛みが出る時は腰に原因があることが多いです。軽い筋力トレーニングは有効です。


・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

 

症例報告:胸の重苦しさ

40代 性別男性 

10年前より、胸の重苦しさを感じることあり、しばらく落ち着いていたが、最近胸が引っ張られるような感じと動悸がして辛い

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

・胸の重苦しさ、引っ張られる感じ、動悸

・症状が出ると仕事もできない

・寝つきの悪さ 1・2時間かかる

・10年程下痢あり

line_oa_chat_211029_134207
症状の出ている部位 両乳頭の間・胸骨部凹んで見える

 

 お身体の状態と見立て】

・お腹を見ると、胸骨の部分が凹んでいるように見える

・下腹部(おへその下)を触ると、冷えとベコベコと弾力が無い 小腹不仁

・季肋部(みぞおちの横側)に硬さあり 胸脇苦満

下腹部の冷えと力のなさは小腹不仁とよばれ足腰下半身の力が少ない状態を表します。
みぞおち周りの硬さは胸脇苦満といい精神的ストレスが続くと出る所見です。
下腹部に力がない方は、お腹上部に緊張が見られることが多く、上半身が緊張やすく下半身が力がないという特徴があります。

この方の場合、肋骨、背部の筋肉の緊張が強く、呼吸時に胸が開きづらくなり胸の苦しさが出ていると考えられます。
line_oa_chat_211029_134213

 

 鍼灸施術と経過 

このように上半身に緊張し下半身に力がないような状態を改善するには、先ず上半身の緊張を緩めると同時に下半身に力が入りやすい状態を作ることが大事です。

実際の施術内容

・胸、首、肩、背中、緊張の出ている部位に鍼+透熱灸(ちくっと熱い灸)

・骨盤周りのツボ、下腹部に鍼+温灸(気持ちよい暖かさの灸)

2週に一回の施術を行う。
施術毎に上半身の緊張が緩むと共に症状は出にくくなっている。
仕事に追われていて寝つきが悪くなることがあり、症状の再発することもあるが長くは続かない。
胸骨部の凹みは目立たなくなってきた。骨の変形によるものと思っていたが、周りの筋肉の緊張の影響により凹みが出ていたのではと思われる。7回の施術時には胸の症状は治まっている。継続して症状が出にくい体作りのために施術を行っている。

 

 担当よりコメント 

鍼灸では身体の緊張している部分を実。力がない冷えている部分を虚と表します。
緊張している実の部分は比較的早くとれますが、虚の部分は長い生活習慣の中でできた疲労や冷えの蓄積となった部分で、虚の状態が強くなると、じっくりと施術を行っていく必要があります。また生活習慣の改善・工夫も必要となります。


・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

症例報告:トイレが近く、腰も痛い

40代 性別

排尿回数の増加、腰痛。

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

3ヶ月ほど前から排尿回数が増え、毎晩尿意で目が覚める為、寝た気がしない

腰が痛い

お腹がはって痛い

  

 お身体の状態と見立て】

11.5時間、短いときは1015分ほどで尿意を催す。トイレから出た瞬間にすぐ尿意を催しトイレに戻ることもある

1日に20回以上トイレに行く

夜中に34回、尿意で目が覚める

(睡眠時間は56時間程度)

仕事がある日は排尿回数が増える

出勤時、家を出てから会社に着くまで我慢できず途中下車することもある

(通勤時間は約40)

排尿回数が多い為か1回の尿量は少なく、すっきりと出る感じが無い

・尿の色は透明ではなくやや濁っている

・口が乾きやすい

・腰(やや下方〜仙骨辺りにかけて)が痛い

・下腹部が張って痛いような感じが続いている

 

元来、油っこい物や甘い物が好きではあったのだが、食事が偏らないよう食べ過ぎには気をつけていた。

しかし半年前くらいから仕事のストレスで、油っこい物や甘い物に加えて辛い物を過度に食べるようになってしまっていた。

また自宅での飲酒量もかなり増えていた。

このような偏食や過度の飲酒により体内に湿気や熱がこもり、それが膀胱に影響して頻尿、

下腹部のはりや痛みを引き起こしていた。       

またその湿気や熱が腰部に滞り腰痛を引き起こしていたと考えられる。

 

 鍼灸施術と経過 

身体にこもった熱を冷ます

・余分な湿気を取り除く

・膀胱の状態を整える

 

以上をメインとした施術を行った。

治療後、2.5時間ほどトイレにいかずに済む。排尿時はかなり久しぶりにすっきり感があった。

治療した日は起きることなく朝まで眠れた。

現在は週に1回のペースで治療継続中。

日中の排尿回数は、

休みの日が3時間に1回、仕事の日でも1.52時間に1回程度となった。

睡眠中は起きても1回目が覚める程度になる。

腰痛、お腹のはった痛みも軽減。

睡眠がしっかりとれているおかげで気持ちが楽になってきた。

 

 担当よりコメント 

ストレスがかかると食べすぎ、飲みすぎになりがちですが、それが結果身体の不調を引き起こす原因となってしまいます。

忙しい日々を送っていますとストレスゼロの生活を送ることはなかなか難しいとは思いますので、

身体を適度に動かすなどをしてストレスとうまく付き合っていきましょう。


・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

手の疲れに使うツボ・手三里(てさんり)

朝晩と寒さを感じるようになり、本格的な秋の時期になってきました。10月20日~11月6日は秋の土用。季節の変わり目にあたり、身体が冬の準備を始める期間です。

身体のなかのバランスも不安定になりやすく、不調を感じやすい時期でもあります。軽い運動、睡眠、身体ケアを意識して、身体にかかるストレスを軽減させる事を心掛けて下さい。

 

デスクワークが続き、疲れている腕をお灸やマッサージでケアしましょう。

line_oa_chat_211021_130501

 

※お灸に火をつける時には火傷しないところで火をつけてからツボの場所に移動させましょう。ツボ押しは「痛いけど気持ちいい」位の強さで、10秒くらいの持続圧を目安に行います。押したところの痛みが強い時は無理をせず、ツボ押しはやめましょう。

line_oa_chat_211021_124557

 

①手三里(てさんり)

ヒジを曲げた時にできるシワに人さし指をおき、指幅3本指分先方向に下りていき、くすり指があたっている付近にとる。

line_oa_chat_211021_124546

 

②手五里(てごり)

ヒジを曲げた時にできるシワの先端をみつけ、小指をおき、そろえた指4本分肩方向に向かってあがったところ。

ブログ

③魚際(ぎょさい)

親指を軽く曲げて、親指のはらのシワの中の一番のへこみにあるツボ。

line_oa_chat_211021_124552

 

 

 

症例報告:生理痛がひどい

40代 性別 女性

もともと生理痛はなかったが、ここ一年ばかり生理痛がひどくなった。婦人科を受診したが異常は見られない。鍼で生理痛の軽減が期待できないかと思って受診した。

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

・生理痛。経血に血塊あり。月経の前半は薬を飲まないと仕事ができないぐらいに辛い。

・便通が乱れている。便秘と下痢が交互にある。

・足のむくみが気になる。

・緊張しやすい性質もあるせいか、肩に力が入りやすい。

・たまに頭痛がある。

  

 お身体の状態と見立て】

・スポーツが好きな方でもあり筋肉質。

・お仕事でパソコンを一日中使っており、上半身、特に肩甲骨の外側の筋肉の緊張が顕著。

・上実下虚(じょうじつかきょ:上半身が緊張していて力が入りすぎて下半身の血流が悪くなる)の状態が見られる。

・来院する時にストレスがあるか、そうでないかの様子の違いが顕著。

 

 鍼灸施術と経過 

・2、3週間に一回のペースで来院。

・肩周りの緊張が顕著なので、肩周りや脇の動きを良くするように施術。

・お腹の冷えは見られないが、深部の血流改善を目的として腹部へお灸。熱いお灸ではなく、じんわり熱が入る棒灸で施術。

・一度目の鍼の後の生理の時に生理痛の症状がなくなり、効果を実感されたよう。その後も2、3週間に一回メンテナンスで鍼灸施術を続けており、月経痛は出ていない。

・便通が良くなった。

箱灸

箱灸

 

 担当よりコメント 

仕事でのパソコン使用時間、ストレスも多く、どうしても上半身が緊張してしまう。もともとスポーツをしていた方だったが、ずっと動けていない。集中して画面上を凝視し続けると、自分が思っている以上に首、肩が固定された状態で緊張状態が長時間続いている。ストレスとリンクしているようなので、家でできる運動や仕事や家庭以外にリラックスできる時間の確保をすすめている。


・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

EDO鍼灸治療院ブログ

フェイスブック
最新情報はフェイスブック
ページからでもご覧になれます
日本橋の鍼灸院のページトップへ