カテゴリ: 腰

在宅ワーク後の股関節・膝の痛み

40代 男性

症状と訴え

・左の腰~外もも~膝にかけて椅子から立ち上がり時に痛み、伸びない

・常に外もも、臀部にこわばりを感じる

・ジムでの運動に差支えがあるので膝が動くようにしたい。

検査と見立て

・臀部の下側の筋肉の強いこわばりが見られる

・股関節前側の筋が伸びない

ソファーに腰掛けてパソコンをやっていたということで、股関節の曲がりがきつくなり骨盤が立たない座り方になっていた。この座りが長く続くと、股関節前側、腿裏の筋が固まり、股関節~膝が伸びないという状態ができてしまう。
下肢の血液循環も滞り下肢の冷えや神経痛なども出てきやすくなる。

鍼灸施術と経過

・3か月に及ぶ在宅生活でかなり、臀部股関節周りの筋の血液循環が悪くなっており、触るとゴリゴリと奥に固い筋バリが見られる。こういう場合には、太めの長い針で刺激する方法が効果的。

・膝と股関節の可動域を確認しながら、刺鍼。

・週一にて6回の施術をおこない、筋の緊張がゆるみ可動域も増え、椅子からの立ち上がりや運動でも支障ないほどに改善。

コメント

長く座ることは腰やお尻だけではなく、腿やふくらはぎ足の筋肉も固くなります。
下肢の血液の循環が悪くなると、むくみ冷えもでてきくると全身全体の血流にも影響してきます。
在宅勤務が増え通勤が少なくなり運動不足による身体の不調を訴える方が増えています。

 

 

テレワークで腰痛

30代 女性
【症状】

一ヶ月前より、在宅勤務となる。だんだん腰が痛くなってきた。

臀部の上部付近に痛みがある。座った状態から立つときに痛みがでる。

・腰の下部から臀部にかけて鈍い痛み

・長く座っていられない

・立ち上がりに腰が伸び辛く痛み有り

・股関節周りにも痛みをかんじる

・お腹、臀部、下肢に冷える

 

【検査と見立て】

腰を前後に曲げると、後ろに反りづらくなっている。またお腹の下部にこわばりがある。

臀部に固いしこり上の凝り、また腰~足に冷えがある。

床に座っていると、骨盤が寝た状態になり、腰を立てにくくなる。この状態で長時間仕事と運動不足がかさなり、臀部にこわばりができてしまい、腰痛が出現したと考えられる。臀部・股関節周りの筋肉が硬くなると、腰~足の血液循環が滞りに冷えが出ることが多い。

【鍼灸施術と経過】

まず鍼で臀部、股関節周りの筋肉の緊張をとり、下半身の冷え改善のためお灸を行った。
また、お腹のこわばりにも鍼と灸を行う。腰を丸めた姿勢は、お腹の筋肉を固くする。そうなると、腰が伸びない。
コタツでの仕事は辞めるように、アドバイス。

1回目 施術後 腰を動かしてもらった所、痛み10→4くらいに減少 また動作の改善もみられた

2回目 前回から3日後に来院 施術翌日くらいまでは良かったが、また痛みがでてきた。施術は前回同様に行い。股関節周りのストレッチも加える。

3回目 前回からは、ひどい痛みは出ていない。初回痛み10→2

4回目 ほぼ日常生活で辛さを感じない 臀部・股関節周りのこわばり減少。動作時の痛みもほぼ無し

5回目 前回からは、つらさを感じなくなった。

【コメント】

コロナの関係で、在宅勤務になるかたが多です。普段は通勤で歩いているのが減り、ご自宅ではコタツや高さの合わないデスクなどでPCをするため崩れた姿勢で仕事をするため、腰痛や首肩の痛みを訴えての来院が増えてみます。お家のデスク環境を見直してください。

意外と、家に机が無い方が多いようです。ダイニングテーブルより、きちんとした机と椅子で作業する方が、身体の負担は軽いです。私はIKEAを愛用しております(笑)

西村

EDO鍼灸の症例報告

在宅ワークの座り方

在宅ワークで肩こり

ゴルフ後の腰の痛み

50代 男性 会社員

1週間前のゴルフ後から、腰に違和感が出始める。その後、立ち上がる・起き上がるなどの動作開始時に腰からお尻にかけて痛みが走るようになった。

状態・検査

骨盤が右に引っ張られるような歪みがでており、身体を右側に曲げる時に左のお尻がつるような感じになり倒しづらい。身体を前に倒す時には腰~お尻にかけて痛みがあり、左の太腿の裏に突っ張るような違和感が出る。背中~腰にかけて緊張はあるが、特に左のお尻の筋肉に硬い緊張がみられる。

治療

筋緊張が目立つ腰やお尻の筋肉を中心に鍼やお灸を使い緩めていく。突っ張りの出た左太もも裏の筋肉の他に、側腹の筋肉にも顕著な筋緊張があり、あわせてこの緊張も取っていく。週に1回のペースで治療を行い、3回目の治療時には動作時の痛みは消え、右に流れていた骨盤も中心に戻って来た。お尻にはやや違和感が残っている。

 

今回のケースでは、骨盤が右に流れていた原因はこの骨盤周辺の筋肉の過緊張にあり、おそらくスイング時に軸となっている身体の左側の筋肉が疲労で凝り固まった事にあったようです。筋肉が凝り固まると、伸び縮みする本来の動きができなくなり、動きにブレーキをかけてしまうことになります。これが痛みの原因になります。同じ動作や同じ筋肉を使い続ける時には誰にでも起こりうることです。ストレッチや適度な運動など、普段使わない筋肉を動かすセルフケアは忘れずに。

左腰の違和感・痛み

職業
デスクワーク 40代 男性

症状
・2週間ほど前より
・ゴルフ練習で筋肉痛の後、歩行時、左腰に違和感・痛みを感じる
・普段は腰痛など感じていない、このような症状は初めて

ゴルフ腰痛

状態チェック

・L2~S1付近の筋の緊張(特に左側)
・腰の前屈、後屈、左側屈、右側屈、右回旋で痛みは出ない。
・腰の左回旋時のみ左腰に痛みが出る。
・脚に痺れなどの症状は出ない。

 

 

施術と経過

側臥位(左上)にて腰部(左右、L2 ~S1)へ鍼施術。臀部と大腿、下腿へは左側のみ刺鍼。置鍼中、施術部位に棒灸で瀉法を施した後、軽く補法。抜鍼後、立位にて左回旋、痛みのでる状態を保持し患部に刺鍼。施術3回目で歩行時の違和感などが改善したのでゴルフに行った。その後、最初ほどではないが違和感・痛みが戻る。施術4回目で腰の痛みは一番ひどいときの半分以下となり、10回の施術で違和感・痛みは消失。

現在は健康維持のため鍼灸治療継続中。

鍼灸治療は痛みが出てからだけではなく、痛みなどの症状がない場合の健康維持にも効果的です。

清末

 

ヨガの後の腰痛

37歳女性 デスあクワーカー

最近ヨガを始めた、ヨガをやっていて体を反らすポーズをしたところ左腰に痛みが走る。

歩く時、腰の曲げ伸ばし、で痛みを感じる。

状態をみると、左に腰を曲げた時に痛みの再現がある。また臀部、左腰に筋肉の緊張がある。

また、お腹側の左鼠径部腸腰筋に筋緊張がある。

治療は、お腹側、腰、臀部と鍼とお灸を行う。

3回の治療で痛みは、改善した。

健康のために、ヨガやピラティスをやったのに、腰や首などをいためる方は多いですね。

身体学校強張った状態、可動域の少なくなった状態で、無理をすると、身体を痛めることがあります。

ストレッチでも同じような事があります。

無理をせず徐々身体を動かしてくださいね。

 

 

症例報告 靴下をはくときの腰痛

45歳 男性 日本橋勤務

お困りの症状
靴下をはくときに腰が痛む
床に座っていて、立ち上がるときに腰が痛い

・1月前ほど前から、腰痛を感じるようになった
・整形外科では骨異常はなく筋肉が弱っているからと言われた
・寝起きが痛い
・以前は腰痛はなし
・この2か月くらい勤務時間長く座っている時間長かった
・床に胡坐で座ること多い

状態
・腰下部臀部に近い所左側に痛み
・触診を行うと、左臀部 大殿筋、梨状筋のこわばり強い 奥がゴリゴリした感じ 冷たい
・腿裏、ふくらはぎにかけても筋のこわばりあり
長時間の座り仕事に加え不良姿勢 椅子に浅く座ることで臀部の筋肉の疲労でこわばりが出来た様子。大殿筋が強く働くときに痛みをかんじるので、痛みの原因は殿筋のこわばりが主だと考えた。

 

施術と経過

実際こ行ったこと
・腰部 臀部 腿 脹脛 主に左、膀胱経に反応のあるあぜ穴へ刺鍼+臀部灸
・横向きで股関節屈曲位で臀部へ鍼
・床、ソファーなど股関節が深く曲がる座位を控えてもらう。

経過:
週一のペースで5回施術を行う。
施術を行うごとに、筋肉のゴリゴリとしたコリが緩んできた。動作もスムーズになり、座位も楽になってきた。
梨状筋のこわばりが残っていたので深めに刺鍼。梨状筋は太め深めに刺鍼しないとなかなか緩まないことが多い。デスクワークで腰痛の方は、梨状筋の部分がゴリゴリと硬い方が多い、座位で体重がかかり、血行不良となり強張る原因かなと考えている。こわばりが酷いと坐骨神経痛様の症状が出ることもある。

おしりの凝り

西村

 

 

症例:左腰~ふくらはぎ(坐骨神経のライン)にかけての痛み

症例:左の腰~ふくらはぎにかけての痛み

27歳女性 14年10月末に来院

9月の初めより痛みがで始め、10月の始めから痛みが増した。筋トレを始めたことが原因か?
広島より販売の仕事で出張で東京に来られていて、立っていると痛みが辛く何とかしたいとの事で来院。

状態:

坐骨神経痛
・上の図のように立っていると右に体が曲がってくる(逃避姿勢)
・歩くと腰~ふくらはぎが痛い
・殿部の筋肉の緊張が強い(梨状筋・大殿筋)

治療:

痛みの起きている骨盤周り、腰部の筋のしこりを緩め神経への刺激を減らすことを目標に鍼治療
1診
横向きに寝てもらったが痛みが辛い様で、お腹にクッションを入れてうつ伏せで鍼。
腰-殿部-ふくらはぎに鍼(大腸兪 ジリョウ カンチョウ 殿央 風市 下委陽 飛ヨウ 崑崙 キュウキョ)

2診
同様に鍼、殿部は深い所にコリ(表面は虚)があり、深めに刺針(3番2寸)響きあり

3診
前回の後は痛みが楽だった様子。身体の曲がりも少ない。前回と同じく治療
腸腰筋(陰経)にもアプローチ(手技)レイコウに引き鍼

身体の傾きから椎間板の影響もあるのかなと感じました。
椎間板のトラブルも腰部・殿部腹部の筋の緊張の結果起きているのではないかと思う。
また、腰部やおしりなど身体の後ろ側の痛みは、陰経(お腹側)の冷えによる筋のこわばりが元で出ていることが多くここにもアプローチする必要がある。
陰経のこわばり→陽経への負担増→陽経の痛みという感じで痛みが起きていると考えています。

腰痛関係

ぎっくり腰?

臨床報告:慣れないハイヒールを履いた後の腰痛

臨床報告:腰痛

EDO鍼灸 西村

 

ぎっくり腰

今日は朝からぎっくり腰の患者さんがこられた。

建設現場で仕事をされている方で、資材を持ったときにぐきっとやってしまったそうだ。
同僚の方に支えられてやっと来られた。(う~ん重症だな)
今日本橋は、ビルの立替の建設ラッシュで現場の方は忙しく働かれている。

状態をみると・・・
・右腰に痛みで体重を乗せられない。
・腰が右側に出っ張っている(逃避姿勢)
・腰が伸びない(後屈で痛み)
・歩くのがやっと。何かにつかまってないと歩けない
・しゃがんで立つときに腰が痛み伸びない

話を詳しく聞いてみると、、中腰で中途半端な姿勢で腰を伸ばしたときにやってしまったらしい。

治療

とりあえず歩けるくらいにはしたいなと思い治療を始めた。

右足の小指側のツボからはじめ、腰~腿~ふくらはぎのツボに順に鍼を打っていく。右足の小指はズ~んと響いたみたいだ、そのまま首を動かしてもらい運動鍼。
徐々に腰周りが緩んできたようで動きがスムーズになってきた。
腰を反らすと痛みが強く出るようで、お腹側の筋肉(腸腰筋)を足のツボを使い緩めたところ腰を伸ばすのが楽になったようだ。

ベットからの起き上がりも、腰の痛みが減り、立ち上がりもスムーズになった。右側にでっぱていた腰も大分まっすぐになり、腰が伸びた感じ。
本人も大分楽になったとおっしゃっておられました。

この後どうしても仕事だそうで、テーピン具で腰周りをテーピングで補強した。
あまり無理はなさらないでくださいね・・・

この方は、仕事柄腰に負担が大きく。ぎっくり腰を何度も経験されています。
ぎっくり腰を繰り返すかたは、体の使い方を間違っている場合が多くみられます。(例えば、ちゃんと屈まないで重いものを持つなど・・・)
このようなかたには治療も必要ですが、繰り返さないためには、正しい体の使い方を身につけていただくこども大切です。
仕事により、体の使い方・姿勢はさまざまです、仕事内容を考慮して、その方にあった体の使い方をアドバイスしていくことも私達の仕事です。
面倒くさがらずに、ちゃんと聞いて下さいね(笑)

EDO鍼灸 西村

豊洲カイロプラクティック

20130419141243
豊洲カイロプラクティック  伊藤院長

先週、職場の先輩だった伊藤友円先生の豊洲カイロプラクティックに行ってきました。なかなか行けずにいましたが、時間が出来たのでバイクでひとっ走りお邪魔しました。他の先生の治療院を見学させていただくのは大変勉強になりますね。

EDO鍼灸治療院ブログ

フェイスブック
最新情報はフェイスブック
ページからでもご覧になれます
日本橋の鍼灸院のページトップへ