西村院長のEDOブログ

症例報告:後頭下筋と眼精疲労

50代 性別男性

目の奥に疲れを強く感じる。首のコリ感が強い。寝つきが悪い

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

・40代後半から眼精疲労が強く感じるようになった。目の奥や周りに疲労感

・首も常に凝り感あり、首が回りづらい

・寝つきが40代後半からよくない

  

 お身体の状態と見立て】

・首を左回旋制限有り(左に首を回しづらい)左側屈 伸展制限もある

・首の触診をすると、斜角筋、後頭下筋(うなじ)にこわばりと圧痛(押すと痛み)が認められる

・肩甲骨の動作制限もあり、とくに右肩甲骨を後ろに引く動作に制限有

後頭下筋の緊張により、眼精疲労の原因の一つと考えられる。眼精疲労と首肩のコリは同時に起きていることが多い。目の使い過ぎ→首の筋肉の緊張・凝り感になるケースが多いようです。

また寝つきの悪さや、中途覚醒のある方は、首の筋のこわばりが強いことがほとんどで、首コリがある方は自律神経に影響し眠りに影響していると考えられる。

 鍼灸施術と経過 

・肩甲骨周りの筋緊張部位に刺鍼(運動鍼など)+手技(あん摩・導引)

・後頭下筋、斜角筋、肩甲挙筋などに刺鍼+手技(あん摩・導引)

肩甲骨・胸椎・頚椎につく筋緊張を取り、動きが正常に近づくように施術。

週一ペースで施術を行った。施術後は目が開きやすくなり、視界が明るく感じるとの事。
施術毎に首のコリ感、眼精疲労は軽減しているとの事。寝つきは以前よりも良い。
5回目の施術時には、首の動作も初回より改善し、触診による筋緊張も10→3くらいに減少。

後頭下筋に鍼をすると、目の奥にず~と響きを感じることが多いです。鍼を刺すといつも痛みやコリを感じている部位に響きを感じることがあります。そこが痛みの原因となる筋緊張部位であり治療ポイントでもあります。

 担当よりコメント 

後頭下筋は、眼球の動きと連動して収縮しています。PC作業など目を細かく動かす作業は後頭下筋の疲労を起こします。

眼精疲労、首コリ軽減には

・眼球を大きく動かす目の体操

・たまに遠くを見るようにする

・猫背で長時間、PC・スマホ・本などを見ない


友だち追加

・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

症例報告:体重の急激な増減、手足のむくみ重だるさ

30代 女性

体重の急激な増減、手足のむくみ重だるさ

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 お困りの症状】

体重の急激な増減  

・手足のむくみや重だるさ  

・全身の倦怠感  

 

 お身体の状態と見立て】

体重が増減しやすく、ここ一年半くらいは特に増加が目立っている。  

・手足がむくみ、重だるく感じることが多い。  

・日常生活で疲れやすく、特に夕方には全身の倦怠感が強くなる。  

・ストレスが多く、暴飲暴食の傾向がある。  

・運動する習慣がなく、休日もほとんど動かない。  

・寝付きが悪く、夜中に何度も目が覚めることがある。  

 

ストレスによる食生活の乱れが体重の急激な変動を引き起こしており、

体内のバランスが崩れていると考えられる。

また不規則な食事時間が内蔵に負担をかけ、消化吸収機能が低下している。

これに加え、余分な水分の排出力が低下しており、

特に手足のむくみや重だるさといった症状が現れたと思われる。

さらに運動習慣が無いことがこれらを助長し、

また睡眠の質の低下も全身の倦怠感に大きな影響を与えていると考えられる。

 鍼灸施術と経過 

自律神経のバランスを整え、ストレスを軽減し、心身をリラックスさせる

・体内の余分な水分を排出し、むくみを解消する

・胃腸の働きを整え、消化吸収をスムーズにする

 

上記を主な治療として行った。

 

施術後、その日の夜にぐっすりと眠ることができた。また、尿量が増えてびっくりした。

そのおかげか翌朝には手足のむくみが軽減され、久しぶりにスッキリとした感覚を得られた。

 

治療回数を重ね、段々と動けるような気持ちにもなってきたので、

筋トレや軽いウォーキングなど徐々に運動を取り入れることができるようになってきた。

身体を動かすことストレスも以前より和らぎ、心身のバランスが改善されつつあるとのこと。

 担当よりコメント 

体重の急激な増減やむくみ、倦怠感は、ストレスや不規則な生活習慣が大きく影響しています。

鍼灸治療はこれらの症状の改善に効果的ですが、日々の生活習慣の見直しが必要不可欠です。

バランスの取れた食事、適度な運動、そして質の良い睡眠を心がけることで、

体重の安定化やむくみの軽減が期待できます。

また、ストレスを適切に管理することも重要です。リラックスする時間を持ち、

自分のペースで健康的な生活を送ることを目指しましょう。

 

鍼灸治療を通して生活習慣の改善をサポートしていきたいと考えております。

快適な毎日を送るために、一緒に健康管理に取り組んでいきましょう!!

清末


・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

湿気が多くなる頃の体調不良

適度な水分はからだを潤わせ、健康を維持するために必要なものですが、余分な水分は体に溜まり、様々な体調不良の原因になると考えられています。

余分な水分が溜まる原因と言えば水分の取り過ぎを考えますが、外からの影響もその原因になります。東洋医学では過剰な湿気を「湿邪」と呼び、体内に必要以上な水分を増やし、あちこちに溜まると、むくみや頭痛、めまい、食欲不振など、様々な症状を引き起こす原因と言われています。

さらに過剰な湿気は胃腸を弱らせるとも考えており、胃腸(脾胃)は乾燥を好み、湿気を嫌う性質があるため、湿度の高い梅雨や夏に、食欲不振や消化不良が多く、乾燥する秋には食欲の秋と言われるほど食欲が増し、消化が良くなってきます。

大切なことは、水の巡りを整え、余分な水分は外に出すことです。水を外に出す働きのある食べ物を取り入れ、滞りの少ない体を目指しましょう。

 

 

 

体内の水の巡りを良くしてくれる効果がある食材です。蒸し暑くなる梅雨以降によく食べている食材ではありませんか?

●黒豆・ハト麦などの豆類

●きゅうり、ゴーヤなどの瓜類

●昆布、わかめなどの海藻類

 

大腸内視鏡検査 – coloscopie

先日、大腸内視鏡検査を受けました。

やった事がある人も多いと思います。大腸内視鏡は大腸内を空にする必要があるので、検査前の準備がなかなか面倒です。

大腸の内容を空にすると同時に、水分補給をしないといけません。私はどうせ下から出るなら…とあまり水分補給していなかったら脱水症状になっていたようです。検査前から頭痛がしていました。久しぶりに酷い頭痛を体験しました。幸いにも翌日の仕事の日はなんともなかったですが、久しぶりに辛かったです。大腸内視鏡検査で脱水症状は意外と多いようです。検査準備の大変さの方が有名ですが、これを読んでいる方々は大腸内視鏡検査前には水分補給を十分にしてください。

検査の時に血液検査もしたので、一気に色んな身体の状態が分かりました。
検査自体が不快なものが結構ありますが、定期検診で病気を発見してもらった人の話はよく聞きます。会社や自治体の検査を有効に活用してください。

女性の方々は婦人科がん検診も是非定期的に受けると良いと思います。早期発見すれば対処できる時代です。婦人科検診は嫌だと思っている方々が多いですが、乳がん、子宮頚がん、等、実際に治療中の方々もいらっしゃいます。自分の身体を大事にしてください。

5/19日曜日にNHKにて鍼灸の番組が放送されます

5月になってきて、暖かい日いを通り越して暑い日も増えて参りました。季節の移り変わりが早いように感じます。梅雨前の爽やかな晴れ間を満喫しましょう。

さて、5/19日曜日午後9時~9時50分にNHKスペシャルにて

東洋医学を“科学”する 〜鍼灸(しんきゅう)・漢方薬の新たな世界〜

とタイトルで鍼灸に関するる内容の番組が放送されます。

東洋医学では、どんな症状でも体全体の状態をみて施術を行います。

例えば、頭痛の時にも、お腹の状態や脈を診て施術方針を立てていき、頭首肩周りだけではなく、足や手のツボを使い全身のバランスを整えていきます。

西洋医学の世界でも注目されている鍼灸・漢方。是非皆さまご覧ください。そして鍼灸・漢方をご体験ください。

鍼灸が皆様の日ごろのお身体のケアにご利用いただけることが私たちの夢の一つです。

東洋医学を“科学”する 〜鍼灸(しんきゅう)・漢方薬の新たな世界〜

5/19日21:00~放送です。

5月23日(木) 午前0:35〜午前1:25にも再放送されます。
お見逃しなく!

 

症例報告:胃腸の不調と不規則な便通

40代 女性

​​胃腸の不調と不規則な便通

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 お困りの症状】

胃腸の調子が悪く、食欲が落ちている

・便通が不規則で、便秘と下痢が交互に起こる

 お身体の状態と見立て】

最近胃腸の調子が悪く、食事を摂るのが億劫に感じる

・料理をするのも面倒で、ほぼ外食かコンビニで済ませてしまう

・仕事が終わる時間が日によってかなり違う為、食事を取るタイミングや食べる量もバラバラになっている

・便通が不規則であり、時には便秘に悩まされ、また別の時には急な下痢に襲われることがある

・お腹が張って苦しい感じがする

・体調が悪いせいかイライラすることが増え、ため息も増えた

・仕事のストレスがかかるときや生理前になると症状が悪化する

 

積み重なる日々のストレスや不規則な生活リズム、食事などが胃腸の消化吸収機能に影響を与え、

体内の気血の働きも悪くなり、便通の乱れや腹部不快感を引き起こしていると考えられる。

 鍼灸施術と経過 

胃腸の働きを向上させ、便通の正常化や腹部不快感の緩和をはかる

・身体をリラックスした状態にし、気血を十分に巡らせる

 

上記を主な治療として行った。

 

鍼灸治療を受け徐々に胃腸の調子が改善してきた。少しずつではあるが食欲が戻り、

便通も安定してきたことで日常生活が楽になってきている。

そのお掛けかイライラすることも減った気がする。

また、腹部の張り感も軽減。

 

全体的に良くなってきているので今後も鍼灸治療は続け、健康的な食生活と適度な運動、

ストレス管理にも気をつけていきたいとのこと。

 担当よりコメント 

胃腸の不調や便通の乱れは、日常生活の中での食生活やストレスなどが影響することが多いです。

健康な生活のためには、食事・運動・睡眠のバランスを整えることが重要となりますので、

まずは生活習慣の改善を意識して取り組むことが大切です。

 

その手助けとなる方法として鍼灸治療を選んでいただけると幸いです!

清末


・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

春の体調管理

東洋医学では、春は五臓の「肝」が亢進しやすい季節だと考えられています。肝とは血を貯めておく貯蔵庫であり、気を全身にめぐらす働きも担っています。いまでいう自律神経のバランスを整える機能と近いかもしれません。

肝の亢進(働き過ぎ)が続いていると、感情が高ぶりやすくなったり、のぼせやすくなるという状態になります。眼の周囲や鼻の粘膜でも、充血が起こりやすくなるので、スギやヒノキの花粉がさらに刺激して、眼や鼻の周囲の炎症を悪化させる事もあります。

花や草木の芽が吹き、それまで静かにしていた動物や昆虫が外に飛び出し、川や海に住む生き物まで自然の全てが活き活きと栄えてくる丁度いまくらいの季節は、発陳(はっちん)と呼ばれていて、漢方の古典書にはこの時期に行うと良いとされる養生法が書かれています。

『植物たちが芽吹くように、枝が上へ上へ延びるように、冬の間眠っていたものが発散され、外にのびやかに現れてくるので、それを押さえつけず、のびのびとすごすのがいい。

・日の出日の入りに合わせるように、少し遅く寝て少し早く起きる。

・外出は楽な格好でゆったりと歩く。

・体をのびやかに動かし、春に芽生えた万物と同じように、心身ともに活き活きと活動する。

もし、養生法に逆らって、活動しなくて気持ちが沈んだままだと、肝を痛め傷つけ、夏になっても汗をかけなくなり、寒性の病にかかりやすくなる』とされています。

連休で生活のリズムが乱れた方もいるかもしれません。出来そうな春の養生法を取り入れ、次の季節に備えて下さい。

鍼灸治療を受けに来る外国人 part 2

前にEDOブログでフランス人の患者さんについて書いたことがあります。

鍼灸治療を受けに来る外国人(2019/08/15)

2019年なのでもう5年前です。前回ブログで書いた後にも様々な動機でフランス人の方々が鍼灸治療にいらしています。フランス人の患者様の来院時の主訴を並べてみます。(一部)

症状

  • 乳がん治療後のホルモン療法の副作用の症状を和らげたい
  • 過敏性腸症候群
  • 副鼻腔炎
  • 耳鳴り
  • うつ病
  • 胃食道逆流症に伴う不快感を和らげたい
  • 坐骨神経痛
  • 更年期の不具合を和らげたい
  • 腱鞘炎
  • 膝痛
  • 腰痛
  • 疲労
  • 事故による怪我のアフターケア
  • 頭痛
  • 肩こり

フランス人の方々は鍼灸院に来る目的がはっきりしている方が多いです。具体的な病名を挙げられます。日本人では肩こり・腰痛などの不定愁訴で鍼に来る方が多数派ですが、逆転しています。

ちなみに、EDOに来院するフランス人の方々に乳がん経験者が多く、乳房再建などに伴う不具合で頭痛や首肩の痛みに発展している方々を多く拝見しました。がんのホルモン療法の副作用を緩和したいという目的で来院した方はフランスで医師に鍼灸治療を薦められたそうです。

 

鍼灸院に行こうと思った動機

  • 知人から鍼灸を薦められた
  • 病院に行っても改善がないので自分で治療方法を探した
  • EDOに来ている患者様の紹介
  • 薬で治すよりも自然な治療方法を求めている
  • フランスでも鍼に行っていて、日本でも鍼灸院に行きたかった

必ずしも鍼灸が好きで来院するわけではなく、鍼に対する恐怖心を持ちながら来院している方も結構いらっしゃいます。EDO鍼灸治療院に来られるフランス人の方々は日本で仕事をしている人がほとんどです。日本語ができない方が大半ですが、中には日本語がかなり堪能な方々もいます。日本語ができても医療機関を受診するとなると緊張したり、うまく説明ができないかもと不安を感じるということです。

外国で暮らしながら健康に不安を抱えること自体ストレスだと思います。私自身、外国人としてフランスに住んでいたことがあります。当時、とてもお世話になった主治医がいました。医師としてというより、どちらかというと精神的に頼れる存在でした。

EDOに来ている方々も、話すだけで精神的にリラックスしている人も多いです。必要な場合は医療機関を紹介することもできます。元気に日本生活を送るお手伝いができれば心から嬉しく思います。

症例報告:後頭下筋群のこりと眼精疲労

40代 男性 管理職 PC仕事多い

数年来、首のコリと眼精疲労がある。最近老眼が進行し更に眼精疲労が辛い。
職場の同僚に勧められて来院

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

・眼精疲労、夕方になるとピントが合いづらくなる

・目の周り、こめかみのあたりも重だるい

・首の後ろの筋がこる、肩こりもある

・その他症状として、眠りが浅いと感じている

  

 お身体の状態と見立て】

・うなじ部を押すと筋に硬さがあり、気持ちよいと感じる。

・顔を下にむけると、うなじ部の動き良くない

・姿勢、胸椎の後弯つよく(猫背)、顔を前に突き出した姿勢

・足のくるぶしから下に冷え有り

うなじ部 後頭下筋の緊張が首の凝り感、眼精疲労の原因となっているものと思われる。後頭下筋は目の動きにより筋が連動して収縮する。

 

 鍼灸施術と経過 

・緊張のある後頭下筋に鍼

・猫背、顔つきだし姿勢が後頭下筋の緊張を生み出す原因となっているため、姿勢改善のため、肩甲骨、背中、お腹にもアプローチ

・施術後は、首の動作改善し、首と目がすっきりしたとの感想

・施術に加え、猫背改善のためのエクササイズを行ってもらった。週一ペースで施術を行う。5回目の来院時には、来院前の辛さ10としたら2程度とのこと。

 

 担当よりコメント 

うなじ、後頭下筋は眼精疲労と深いかかわりがあります。後頭下筋はうなじの深層にあり、鍼でのアプローチが最適と考えます。
また後頭下筋のコリは頭痛やめまい、寝つきの悪さなどにも影響してきます。姿勢を正し、PCやスマホを使用しましょう!


友だち追加

・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

症例報告:足の不快感と睡眠障害

40代 女性

​​足の不快感と睡眠障害

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 お困りの症状】

夜寝ようとすると足になんともいえない不快感があり、じっとしていられず落ち着かない 

・そのため、なかなか寝付けず睡眠が十分に取れていない

 

 お身体の状態と見立て】

日中は普通に過ごせるが、夜寝る前や朝方目が覚めかかるときに足の不快感があり、この症状が長く続いている 

・足を動かすと不快感は減るが動かすのをやめるとまた不快感におそわれる

・なかなか寝付けなかったり、早くに目が覚めてしまったりと睡眠の質が低下している 

 ・生活環境では特に大きな変化はないが、睡眠が上手くとれていないせいかイライラすることが増え、ストレスも感じやすくなっている

・病院にて鉄欠乏性貧血によるむずむず脚症候群と診断、鉄剤を処方されている

 鍼灸施術と経過 

むずむず脚症候群の原因として

・鉄欠乏性貧血

・ドーパミン機能低下

・パーキンソン病

・慢性腎不全

・糖尿病

・妊婦

・遺伝性

などがあると言われています。

 

今回は鉄欠乏性貧血によるものとのこと。

まずは、全身の血液循環の改善、自律神経の調整を行い胃腸機能を改善し栄養分(鉄分)の吸収効率を上げる。

また、鍼灸治療によるリラックス効果にて不安感を取り除きイライラ軽減、睡眠の質を向上させることを目的として治療を行いました。

 

鍼灸治療を受けた日は、足のむずむず感がほんの少しだが軽減したような気がする。

治療してもらった安心からか寝る前の不安感が和らぎ、あまりイライラせずにすんだ。

 

継続して治療を受けるうちに、治療を始める前に比べて足を動かさないでいられる時間が増え、眠りに落ちやすくなってきた。

以前は、眠れない…仕事があるのにどうしようと、焦る気持ちで更に眠れないという悪循環だったのだが、

最近少しずつ眠れるようになってきており、気持ちに余裕も出てきた。そのおかげかイライラする頻度も減ってきている。

 

 担当よりコメント 

鍼灸治療は血液循環の改善や症状の緩和に役立ちますが、それと同時に、

・生活リズムを整える

・適度な運動

・リラックス法

などを日常に取り入れることも大切になってくると考えています。

これらと合わせて、鍼灸治療にて快適な毎日を取り戻すお手伝いができればと考えています。

 

清末


・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

EDO鍼灸治療院ブログ

フェイスブック
最新情報はフェイスブック
ページからでもご覧になれます
日本橋の鍼灸院のページトップへ