西村院長のEDOブログ

日本橋とオリンピックと首都高速

オリンピック・パラリンピック、1年ほどとなりました。

IMG_0651 IMG_0660 IMG_0675

日本橋もオリンピックムードを醸し出しています。

IMG_0666 IMG_0665

橋の上には、首都高速が走っております。これは、前回の東京オリンピックの時にできたものです。

東京五輪後に、首都高速が地下を潜る工事が始まるようです。

総工費3200億円で10~20年後に完成するようです。その頃はわたくしもおじいさんになってそうです。

その時まで、鍼を打てていたら幸せです。

 

鍼灸治療を受けに来る外国人

EDO鍼灸治療院にはたまに外国人の患者さんがいらっしゃいます。

「外国人でも鍼灸をするの!?」と驚く方が結構いらっしゃいます。そうなんです。意外に思われるかもしれませんが、欧米でも鍼灸は盛んです。国や住んでいる地域、考え方でも違いがありますが、鍼灸に対して信頼を持っている人が大半で、その情熱にこちらの方が驚かされることが多々あります。
日本人の患者さんに「鍼灸の国際学会に行った」と言うと驚く人がいますが、鍼灸は今や世界中でチョイスされている治療方法です。中国や韓国、アジア諸国だけではありません。

 

日本で鍼灸を受けたいと言って前もって予約をして来日するフランス人も一人や二人ではありません。EDO鍼灸治療院で初めての鍼灸を体験して、良かったからフランスでも続けているとメールをいただきます。

腰痛などだけではなく、婦人科系、内科系、男性の悩み、難聴、耳鳴りなどなど様々の症状で外国人の方が来院されます。

 

EDO鍼灸治療院のサイトの中にもフランス語の紹介ページがあります。
フランス大使館の日本在住フランス人用につくられた医療関係者リストの鍼灸部門にも私の名前が載っています。

20190509103158

上の写真はフランス大使館のリンク先が見れるキャプチャー。フランス人の患者さんは大使館のページを見て来院する場合がほとんどです。
私がBonjour !とフランス語で話すだけで安堵の表情を浮かべる方が多いので、言葉が通じるという精神的安心感も治療のうちなのでしょう。
在日外国人の数も増えています。外国人でも安心して来ていただけるような治療院でありたいと思います。

 

追記

2018年10月末にフランス・アルザスのパン職人ロラン・デュロンベルジェ氏 – Monsieur Laurent Durrenberger – が来院。

「三越フランス展」に出展の為に来日。フランス展の合間に治療にいらしていました。「フランスでは多忙すぎて鍼に行く暇もない」との事。

IMG_6850

アルザスの発砲ワインクレマン・ダルザスとレーズンが気に練りこまれているブリオッシュを持ってきてくださいました。三越フランス展のサイトにこのブリオッシュについて掲載されいています。

フランス人の方と写真を撮ることはないのですが、珍しく唯一写真を撮らせてもらった一枚です。掲載してもいいか聞いたところ、快諾してくださいました。Merci beaucoup !

中島

SAGA 帰省

7/25~7/29と佐賀に帰省してきました。おかげさまで、リフレッシュできました。
DSC_0180

飛行機の窓から、ほぼ田んぼ

IMG_0520

佐賀では靴底に似て言うことから『くちぞこ』『くっぞこ』と呼ばれる有明海の魚。正式にはアカシタビラメというらしい。
煮つけにして食べる。

IMG_0524 IMG_0527 IMG_0530

唐津肥前町のいろは島、真ん中の写真の橋を渡り、小島にビーチがあります、砂浜わきに木が茂り木陰ができナイスなビーチでした。人も20人くらい。イカも食べてきました。私はげその天ぷらが好きです。いろは島グーグルマップで確認

IMG_0544 IMG_0550 IMG_0538

嬉野温泉、昔ながらの温泉街で古き良き時代を感じることができます。インバウンドの波もそこまで来ていない様子。
IMG_0569

分かりずらいですが、セミがいます。クマゼミ。アブラゼミよりもクマゼミを多く見ました。
西日本に多くいるようです。東京では見たことがないような。

日本橋の夏

梅雨があけ、暑い日が続いております。

涼しさをもとめ、

江戸時代に育まれた“涼”をとる生活の知恵や工夫を現代流にアレンジした様々なイベント

 「ECO EDO 日本橋」が開催されていましたので行ってきました。
 アートアクアリウムと仲通り。

金魚を鑑賞して夏の涼をとっていたそうです。

IMG_3222   IMG_3252

 

まだまだ暑い日が続きそうです。

熱中症などにお気をつけて皆様お過ごし下さい。

夏の不調

暑い日が続きますね。7月20日(夏の土用)~8月7日までは大暑。一年で最も暑さが厳しく感じられる頃です。疲れが出やすく、体調を崩しやすい時期で暑い環境に適応する柔軟性が求められます。

最近、浮腫や足が重だるさが続く方は、立ち仕事などの疲れだけではなく、冷房で身体が冷え、水の巡りがわるくなっているのかも。そんな時には利尿作用のある鳩麦茶がおすすめです。
のぼせが続く方は、暑さが身体にこもり気味なのかもしれません。身体を冷やす効果のあるきゅうりやゴーヤ、水分の多い夏の野菜を積極的に食べましょう。

今は次の季節を迎える調整の時期ととらえ、無理をせず、休養や睡眠時間をしっかり取るように心がけましょう。食べ物を意識して身体のバランスを整える事も大切ですよ。

夏 ブログ用

西村 夏休みのお知らせ

西村 7/25(木)~7/29(月)夏休みを頂きます。

他のスタッフは、出勤しております。

カルテでお身体の状態、施術方法を把握しております。代診で施術可能です。お気軽にお電話ください。

DSC_0383

上野不忍池の蓮

 

生島ヒロシさん 骨折について

痛散湯でおなじみの生島ヒロシさんがマッサージを受け骨折したとの記事がありました。

記事には、左側、9番 10番目の肋骨とありました。(絵は右左逆になってます)

IMG_0501

 

肋骨は骨折しやすい骨で、圧迫や打撲だけでなく、咳やゴルフのスイングでもおこります。

あん摩マッサージ指圧でも、押す場所、押し方を間違えると、骨折は起こりえます。

解剖学の知識があり、押す場所、押す方向、押す力加減を間違えなければ、ある程度強く押しても折れることはないと考えます。

当院の施術者は、知識経験豊富で国家資格をもっておりますので、ご安心くださいね。

私どもも、さらに気を引き締めようと思った記事でした。

生島ヒロシさん、お大事になさってください。お早い回復をお祈りします。

 

 

剣術始めました

今年4月から剣術を始めました。

剣道ではなく、剣術。古流武術です。
まだ始めたばかりで地道な基礎練習が主です。流派は宮本武蔵の二天一流。新陰流です。

自分の健康管理の為にも何か行動を起こしたい…と思っていた矢先、鍼灸の先輩の家で剣術の先生に出会いました。
その先生とは「宮本武蔵の二刀流などの古流武術から学ぶ 鍼灸師として役にたつ剣術ワークショップ」
の講師をしていた 高無 宝良(たかなし たから)先生。

お名前は知っていましたし、セミナーに参加した鍼灸師仲間から評判も聞いていました。実際にお会いして見ると、面白くて気さくな先生。「なるほど、この先生なら!」と思って剣術稽古体験に足を運び即決しました。

鍼灸師も長時間同じ姿勢で治療します。古代人ではなく現代人の鍼灸師、なかなか身体的・精神的ストレスが溜まるのです。

剣術は木刀を振る時に腕をあげるので胸郭や肩甲骨のストレッチにもなりますし、下半身や肚を使います。稽古をしているだけで下半身の基礎体力が自然につきます。稽古をすればそれだけの結果も付いてくる。
稽古無くして上達はありません(笑)。

IMG_1786

↑剣術稽古風景

 

個人的には、剣術が終わった後のなんとも言えない精神の高揚感が非常に気持ちが良いです。
これも私にとっては浄化作用。自己養生、自己治癒へ通じるものです。

剣術を始めてから仕事がとても楽になりました。姿勢など色々なものが変わってきたからでしょう。
良い仕事に還元する為にも、Let’s 剣術!

中島

 

 

梅雨の体調管理

すっきりしない天気が続きますが、この梅雨の蒸し暑さは、脾(東洋医学では胃腸全体を指したり、消化吸収の働きを意味するもの)の働きに影響を及ぼす原因になります。 水分代謝が上手くいかず、不要な物質が体内に溜まっている状態(痰湿)になりやすくなるためです。

めまいや頭痛、体が重だるい、食欲が落ちるなどの症状が出たり、関節痛やむくみ、にきびや吹出物の肌トラブルなどが梅雨の時季に起こりやすい方は、胃腸の疲れが原因になっているかもしれません。

脾の働きを妨げないよう、水分代謝を良くする為には、まず身体(内臓)を冷やさないことが重要になります。入浴時には湯船につかる、ひざ裏や脚の付け根のマッサージでリンパの流れを良くするなどのケアや、食べ物では生もの(特に刺し身など)はほどほどに、冷たい飲み物もできるだけ減らし、消化がよいものや温かいものを身体に入れるようにしましょう。

夏の体調管理は、寒くなる季節のコンディションにも影響があります。季節の変わり目に毎年体調を崩すという方にもオススメです。

 

 

 

 

 

快眠

・朝起きると、身体が痛い。

・頭痛、腰痛や肩こりなどが最近ひどくなってきたような気がする。

・睡眠時間はたっぷりとっているはずなのに、疲れがとれない。

 

寝具として、ベッドマットレスをお使いの方も多いかとおもいますが、

劣化したマットレスで寝続けることにより、上記のような身体の不調をきたすこともあります。

調べると、ベッドマットレスの寿命は長くて10年とありました。

交換時期の目安としては以下があるようですので、ご参考までに。

・マットレスにへこみや凹凸がある。

・スプリング(コイル)を用いているマットレスの場合、

ベッドに横になると、スプリング(コイル)が感じられる。

・スプリング(コイル)を用いているマットレスの場合、

マットレスがきしむ

 

ちなみに、私のマットレスはどれも当てはまっていましたので交換したところ、

朝のすっきり具合が格段に違い、快眠は大切なのだと改めて実感しました。

 

1 / 2412345...1020...最後 »
EDO鍼灸治療院ブログ

フェイスブック
最新情報はフェイスブック
ページからでもご覧になれます
日本橋の鍼灸院のページトップへ