西村院長のEDOブログ

症例報告:受験生のお母さんのストレス

40代 女性 受験生の母親

受験本番へ向けてこども達の体調管理でストレスが溜まっていた。受験直前の二日前に母親本人が調子悪くなってしまった。吐き気と気持ち悪さが酷い。

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

・頭痛

・気持ち悪い。昨日は一日中食事をとれなかった。

・夜中にホットフラッシュで三回ぐらい目覚める。のぼせを感じる。

・塾などでずっと忙しく、気が休まらない。気の高ぶりを感じるが子ども達を最優先にしている。

  

 お身体の状態と見立て】

・受験に向けてのお子さんの体調管理などの緊張状態が長期間続いている

・舌に白苔が多く、色がが白~黄。いつもの舌の状態とは違う。

・舌を診ると湿の状態で胃腸状態が良くないのが分かる。

・いつもは肩周りが硬くなりがちだが、今回は体全体が張り詰めた感じ。

 

 鍼灸施術と経過 

・最初にのぼせを下げる目的で手の指の井穴(せいけつ・指先のツボ)から刺絡。

・胃を動かす目的で胃腸を意識した鍼灸治療。治療中からお腹が動く感じがして、気持ち悪さは消失。治療が終わる頃には空腹を感じたとのこと。

・お子さんの受験がらみで一年以上ずっと頑張っていたのを知っていたので、お子さんだけでなく自分自身も労わってあげてくださいとアドバイス。

・置き鍼(非常に短い鍼が埋め込んであるパッチ)を緊張状態を取るツボに貼って帰宅していただきました。吐き気で食べられないことはつわりの時以来だった。次の来院時に治療後に気持ち悪さと吐き気が嘘のようになくなったとの事。

 

 担当よりコメント 

定期的に通院されている方の症例です。いつも鍼でなんとかなっていたので、すがる思いで来院されたとのこと。「受験する本人に代わってはあげられないけどできるだけのことはしてあげたい」と親御さん達も頑張っています。お忙しいと思いますが、自分のことも労わってあげてください。


友だち追加

・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

症例報告:繰り返すぎっくり腰

40代 男性 金融系オフィスワーカー

3年前より、冬になるとぎっくり腰を繰り返す。ワンシーズン2回ほどギックリになることも。
今回は3日前にギックリ腰、歩けはするが中腰が辛い。いつも右腰が痛みでる

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

・繰り返すぎっくり腰を何とかしたい

・腰の重だるさ

・中腰で右腰に痛み

・股関節の固さを普段から感じる。

  

 お身体の状態と見立て】

・右臀部(お尻)にゴリゴリと筋肉の筋張った強張りを触れる。中殿筋・梨状筋押すと痛い

・右に身体を傾けたときに右腰に痛みあり

・前屈30度ほどで右腰に痛み

・腰回り・臀部触ると冷たい

・右お腹を触ると腸腰筋に硬さあり

 

 鍼灸施術と経過 

・腰~臀部~下肢と経絡に沿った、ツボ・圧痛点を狙い刺鍼(うつぶせ寝は痛みが増す恐れあり、右を上にした横寝で施術)、ギックリ腰を起こした直ぐは、はり灸で強い刺激を患部に与えない方が良いことがありますが、今回は状態を確認し、腰部や臀部にしっかりめに鍼を打ち、その後灸を行いました。

・一回目の施術後、前屈みなど動作による痛みは8割ほど減り、可動域も増した。しかし油断は禁物で、寝方と座り方のアドバイスをして施術を終える。

・今回のギックリの痛みは3回の施術でほぼ改善しましたが、臀部やお腹の奥の腸腰筋の硬さはすぐに改善するものではなく継続的に施術が必要になります。今回は10回週一のペースで施術を行い、生活上の姿勢・動作のアドバイスに加え、エクササイズを行ってもらいました。10回目の施術時点では、腰、股関節周りの筋肉の強ばり感は減り、可動域も増しました。腰の重だるさも感じなくなったとの事です。また足の冷えも改善したとの事です。

 

 担当よりコメント 

慢性的な症状の改善では、はり灸の施術だけでは不十分です。お身体の状態に合わせた養生法をアドバイスし実践していただき、心身を良い状態に導いていく事が重要と考えております。


友だち追加

・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

症例報告:冷え性と頻尿

40代 女性

​​冷え性と頻尿

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 お困りの症状】

冷え性

・夜中に何度もトイレに起きる

 

 お身体の状態と見立て】

体が冷えやすく、特に手足が冷たい

・そのせいか肩や背中など、体がコリやすい

・朝方などに神経痛のような症状がでることがある

・夜中に何度もトイレに起きるため、睡眠が浅い

・日中もトイレが近く何度も行きたくなる

・便秘気味である

・ストレスや緊張により、冷えが悪化する

・決まった運動週間が無い

・食べる量や食べる時間などがバラバラで食事が不規則になりがちである

 

度重なるストレスや生活習慣の乱れが影響し、血流や気の巡りが悪くなり、

身体の冷えが生じている。

また食生活が乱れることも身体を十分に暖められない要因だと考えられる。

冷えが原因となり、頻尿や肩や背中などのコリを悪化させている。

 

冷え性が慢性的に続くことにより、神経や内臓の状態にもにも悪影響を与え、

神経痛や便秘などの各症状が現れていると思われる。

 

 鍼灸施術と経過 

血流を促進、身体の冷えを取り除く

・頻尿を緩和し、睡眠の質を向上させる

・身体の過緊張を取り除き、リラックス効果をもたらす

 

上記を主な治療として行った。

初回の施術後、身体が軽くなりとても楽になった。ポカポカと温まり手足の冷たさが軽減された。

治療の回数を重ねる毎に夜間のトイレへ起きる頻度が減ったように思う。

朝方の神経痛の頻度もかなり減った。

便はほぼ毎日、快適に出るようになったのでスッキリ感がとてもある。

治療を続けてみて、冷え性や頻尿の症状がかなり改善され睡眠の質も向上しているので、

これからも続けていきたい

 

 担当よりコメント 

冷え性や頻尿は、生活習慣の乱れやストレスが原因となることがあります。

鍼灸治療により血流を促進し体の冷えを改善すると同時に、

ストレスを軽減して自律神経のバランスを整えることが重要です

 

また、日々の生活習慣にも注意が必要です。適度な運動やバランスの取れた食事、

十分な睡眠などを心がけることで、治療の効果を高めることができます。

健康な生活を目指していきましょう!

 

清末


・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

豆はからだの邪気もはらいます

2月3日は冬から春へと季節が代わる節目にあたる日、節分。

その昔、京都の鞍馬に現れた鬼の目(魔目=まめ)大豆を投げつけたところ、鬼を退治することができた(魔滅=まめ)という話が残っているそうで、豆をまき邪気を祓う習慣が今でも残っている由来になっているようです。

そんな由緒のある豆ですが、食薬としても素晴らしい食材で、東洋医学では、体内の水の巡り(余分な水を排除し、必要なものは再循環させる)をよくする効果があると考えられています。

血行が悪くなりやすい冬場は、足腰に痛みやむくみが出やすく、泌尿器系のトラブルも多くなる時期です。豆類を意識的に食べ、水の巡りを助けてあげましょう。

 

豆にも色々な種類がありますが、それぞれに固有の効能があります。

黒豆
黒色や赤色の食材は血を養い巡らせる働きがあると考えられています。血行不良が起きやすい冬場にはぴったりな食材です。

大豆
胃腸を整える効果があり、だるさや疲れが取れない方におすすめです。
昆布・ひじきなどの黒色食材と合わせた煮物は、血行改善も期待できる、いまの時期にピッタリな食事になります。

 

NHK BSフロンティア「 東洋医学とは何か」- 東洋医学の最新の研究成果

NHKでまた東洋医学の番組が放送予定です。鍼灸や漢方などの最先端の研究を取材した科学番組です。
番組では世界的な医学雑誌に掲載された足三里の抗炎症効果に関する研究も取り上げられます。
鍼による抗炎症効果は精神科領域の鍼灸治療にも大きく関わりますので、精神疾患に対する鍼灸のメカニズムを紐解くヒントにもなります。

ぜひ東洋医学の最新の研究成果をご覧ください。

番組名:フロンティア「 東洋医学とは何か」
放送予定:
2月8日(木) 22:00〜22:59(BSP4K)
2月14日(水)21:00〜21:59(BS)

参考までに足三里の抗炎症効果に関する英語論文の一部を下記にリンクします。

Dopamine mediates vagal modulation of the immune system by electroacupuncture
naturemedecine, published  23 february 2014

A neuroanatomical basis for electroacupuncture to drive the vagal–adrenal axis
Nature, published 13 october 2021

症例報告:首前側のコリ・顔のむくみ

30代 性別男性

最近試験勉強をしており、首前側の凝り感がきになる。それに伴い顔のむくみが出ている

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

・首前側のこり

・顔のむくみ

・寝つきの悪さ

  

 お身体の状態と見立て】

・首の動きをみると、後ろに倒すときに制限がある

・首前の筋、斜角筋、胸鎖乳突筋に筋緊張あり

・うなじ部、後頭下筋にこわばりあり、あご周りの筋緊張も目立つ

試験勉強の際に、タブレットを使用しており、首が下向きの姿勢を続けているために首の前側の筋の緊張が取れなくなっているものと思われる。顔のむくみは首前側の筋緊張によりリンパの流れが滞っていると考えられる。

 

 鍼灸施術と経過 

首前側の緊張を取るだけでは一時的に緊張は緩むが、またすぐに戻ってしまう。根本的に改善していく上には、首が前に来る癖・猫背にアプローチしていく必要がある。

猫背の原因となっている、胸・上腹部・うなじ部の緊張を緩めていき、背筋が伸びやすい状態を作っていことが根本な症状の改善となる。

1週間に1度のペースで施術を行い、姿勢のクセをただすためのエクササイズをアドバイスしました。

症状は施術ごとに緩和し、普段の生活ではあまり気にならなくなってきたとのこと、首の可動域も増え。猫背姿勢も以前より目立たなくなる。顔もすっきりした印象。

 担当よりコメント 

首前側の筋は、パソコン・スマホ・タブレットなどの画面を見る際、顔を前に突き出した姿勢を取り続けると緊張が取れなくなってきます。
下向き・猫背姿勢に気づいたら、背筋を伸ばし姿勢を正しましょう!


友だち追加

・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

症例報告:吐き気があり食べられない、身体のだるさ

40代 女性

​​吐き気があり食べられない、身体のだるさ

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 お困りの症状】

吐き気があり、食欲が減退している

・慢性的なだるさを感じる

・心身が重く感じる

 

 お身体の状態と見立て】

吐き気があるせいで食欲があまりわかない。そのため栄養不足を感じている

・体がだるい感じが続いており、日中の活動が辛い。ちょっとしたことでも重荷に感じる

・寝付きも悪くなり、寝ても疲れが取れず、朝起きた時からだるさを感じて元気が出ない

・仕事のストレスや家庭のことなどストレスが積み重なっている

・身体が重だるいせいか心も重く、気分が晴れないことが続いている

 

ストレスや疲労が蓄積されたことによって気血の巡りが悪くなり、

心身のバランスが取れていない状態になっていると考えられる。

また気の巡りの悪さにより自律神経のコントロールがうまくいかず、

吐気や身体のだるさなどの不調が現れたと思われる。

 

忙しさから食事の摂取が不規則となり、栄養のバランスが崩れていること、

適度な運動やリラックスする時間が不足していることも影響していると考えられる。

 

 鍼灸施術と経過 

気を補い巡りを改善し、重だるさを取り除く

・吐き気を軽減し、食欲を取り戻す

・心身の軽さを取り戻す

 

上記を主な治療として行った。

初回の施術後、夜によく眠れたとのこと。お腹がいつもよ空く感じがあった。

 

その後、1〜2週間おきに治療。治療を受けた日は吐き気が軽減し食事が美味しくかんじる。

そのおかげで食欲も段々と戻ってきている。

朝起きたときから身体がだるい感覚が減り、日常生活も以前ほど辛くないので、

散歩やストレッチ程度ではあるものの体を動かそうという前向きな気持ちにもなってきた。

とのこと。

 

 担当よりコメント 

身体と心のバランスが崩れることにより様々な症状が現れます。

鍼灸治療によって気血の流れや自律神経を整え、症状の緩和を図りました。

ただそれだけでは十分ではなく、日々の食事や質の良い睡眠、適度な運動など、

これらの要素を整えることも重要であると考えています。

 

2024年も皆様の健康な生活をサポートしていきたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

 

清末


・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

足が冷えると上半身にも症状がでる

今年の冬は温かく、過ごしやすい日が多いように感じますが、その温かさが嘘だったかのように、突然冷え込む日が続くなんて事もあります。

冷え込む日が続くと、つらくなるのが足の冷えです。「スカートを履くのをためらってしまう」「足先が冷たくなかなか温まらない、冷たすぎて眠れない」といった症状がでていませんか?

冷えの原因は様々ですが、血行不良、運動不足が考えられます。冷えと同時に『頭痛』『肩こり』『目眩』といった症状が見られる事があります。これは東洋医学では、下半身が冷えてしまうと、本来下半身を巡るはずの熱が上部に集まり、『頭痛、肩こり、目眩、吐き気』など、上半身の症状が引き起こされていると考えます。

頭痛や肩こりが、足を温めただけで緩和するということもあるのです。また、下痢、便秘、頻尿、生理痛なども足の冷えが原因である場合が多いのです。鍼灸が肩こりでも全身に鍼やお灸をすることがあるのはこのためです。

冷えがあるからといって、身体に痛みを感じるものではありません。気づかずに、もしくは気にせずに放置をしていませんか?冷えが原因で起きる症状が数多くあります。「冷え」侮るなかれです。

謹賀新年2024

新年あけましておめでとうございます!
今年は辰年。私、中島は辰年ですので年女です。十二年が四周回ってめでたいと思い、還暦前の12×4の呼び名はないのかと調べると48歳は桑年と知りました。
「桑」の旧漢字「桒」の漢字が、「十」が四つ、「八」という字から構成されて四十八になるからという事です。

身体も日々成長を続け、世間では老化と言いますが、心は経験値と共にしなやかになっていると思います。若い頃より感動も多いです。せわしない世の中に流されず、人間臭い人間で居続けたいです。

皆様のお役に立てるよう自分の資本も大事にしつつ、皆様の健康に還元できるよう精進いたします。
本年もどうぞよろしくお願いたします。

青森の青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸
2024年1月4日撮影

本年もありがとうございました。

明日12/30で年内の営業は終わりです。

あっという間の一年だったように感じます。

コロナも落ち着き、日本橋も普段の生活を取り戻しつつあるようです。

以前いらしていた患者さんもまたいらしていただいたり、新規の患者様の問い合わせも増えてきています。

来年もはり師・灸師・あん摩マッサージ指圧師としてできる事を日々考え、毎回の施術に真摯に向き合います!

新しい事へのチャレンジにも億劫にならず取り組んでいきます!

EDO鍼灸治療院 西村

 

EDO鍼灸治療院ブログ

フェイスブック
最新情報はフェイスブック
ページからでもご覧になれます
日本橋の鍼灸院のページトップへ