カテゴリ: 鍼灸症例報告

症例報告:おねしょ・夜尿症

EDO鍼灸治療院には大人の患者さんの方が圧倒的に多いですが、お子様のおねしょについての相談をされました。昼間の失禁はなく夜間だけということです。薬物療法ではなく鍼灸を試したいというお母さまのご希望がありました。お子様ご本人もやりたいということでしたので鍼灸治療を始めました。
良い結果が得られたので報告します。

11歳 男児 

不安感。夜尿症(おねしょ)。

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

・不安感。

・朝、みぞおちのところがぎゅーっと痛くなることがある。

・右側の頭痛になることがある。

・夜尿症。ほぼ毎日。

  

 お身体の状態と見立て】

解剖学的に問題がある場合は病院の受診を勧めた方がいいと思います。今回の場合は昼間の尿失禁はないということから鍼灸治療をお受けしました。

おねしょ(夜尿症)についての日本泌尿器科学会の見解

・頚部の張り。特に右側から側頭部にかけて過敏。

・腹部の冷えはみられない。

・学校に行く前のみぞおちの痛み、新学期の前の不安感、自分に自信が持てない。ということから夜尿症は心の状態も関係していると思われる。

 

 鍼灸施術と経過 

・下の写真の接触鍼(せっしょくしん)、打鍼(だしん)、棒灸(ぼうきゅう)のみを使用。背部のマッサージも併用。

・自律神経の状態が整うイメージを持ちながら施術。

line_oa_chat_220513_110043

・打鍼で腹部の季肋部を刺激。

・棒灸で脊柱ラインを温める。

DSC_0212

・2回目は1週間後、3回目は2週間後の計3回。3回の治療の一週間後にお母様からもうずっと「おねしょ」をしていないと報告を受けた。

 

 担当よりコメント 

お子さんは大人よりも反応が良いです。最初に鍼灸に対する怖い印象を与えないように工夫するのがポイントだと思います。気持ちがいいと分かると鍼灸院に来るのを嫌がるどころか、自分から行きたいと言うようです。施術を受けながら眠っています。本人も改善を感じていると言っていましたが、お母さんの方ももうおねしょパッドを入れていない。布団が乾いている!と喜んでいます。夜尿症以外の不安感については思春期の多感な部分もあると思います。見守っていこうと思います。


友だち追加

・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

症例報告:抱っこをしていたら左背中が痛くなった 胸腸肋筋の痛み

40代 性別男性

数日前より、左背中に強烈な痛みが出る。寝返り、咳などで痛みが出る

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

・左背中の痛み

・寝返り、身体を捻る動き、咳をすると痛い

・背中を伸ばすのもいたい

・数か月まえから、左首、左うなじから側頭部にかけて頭痛

  

 お身体の状態と見立て】

・左肩甲骨内側にゴリゴリとした筋張りが触れる

・左肩を動かすと左わき腹の硬さのため動きが悪い

左手をお尻の方に持ってくる抱っこをされているようで、この場合左の方が下がるストレスが加わります。
この状態を長く続けたため、左脇、背中の筋肉が引っ張られるストレスがかかり痛みが出たと考えれらます。
左下がりの肩だと左側の首の筋肉も引っ張られるストレスが加わるため左首、頭痛の原因になっていると考えられます。

line_oa_chat_220427_183720

line_oa_chat_220427_183722

 

 鍼灸施術と経過 

・左肩甲骨を下げているわき腹の筋(前鋸筋)を緩め背中にかかるストレスを軽減させる

・痛みが出ている患部(胸腸肋筋)の筋張っている部分には筋張りの沿わせて鍼を刺入

4回を、2日ないし3日間隔で行った。鍼の翌日すごく体が楽になるとの感想。施術毎に動作もスムーズになり動作をしても痛みはなくなった。背中のゴリゴリとした強張りも消失した。

 

 担当よりコメント 

背中のこの部分の痛みは耐え難いものがあります。呼吸やわずか動作でピキーっと痛むため辛いです。

赤ちゃん抱っこは思いのほか体にダメージが蓄積します。今回は背中の痛みでしたが、手首や肩も痛くなりやすい場所です。
出産前に、筋トレをして赤ちゃんの抱っこに備えるのも一つの手かもしれません。

西村


友だち追加

・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

症例報告:動悸、目が覚めやすい

40代 女性

動悸、驚きやすい、目が覚めやすいなど

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

心臓がドキドキして苦しくなる

・目が覚めやすく、物音ですぐに起きてしまう

  

 お身体の状態と見立て】

心臓がドキドキしてぐーっと締め付けられるように苦しくなることがある(病院で検査しても異常なし)

・周りから聞こえてくる音楽や誰かの話し声などが急に大きくなることが怖い

(過剰にビクッとなり心臓が止まりそうになる。ドキドキが悪化、不安になる、気持ち悪くなったりする)

・なかなか寝付けない、もしくは眠れてもちょっとした物音ですぐに起きてしまう

・毎日夢をよく見る

・胃のあたりがつかえる感じがする

 

仕事がかなり忙しくまたプライベートでも悩むことが多い。

体力気力を消耗したことにより、心を損傷し精神、意識活動に影響。驚きやすくなったり恐れやすくなったりする。

また内臓の消化吸収機能が低下し十分な気血の生成ができないことにより心がうまく栄養されず、

動悸・入眠困難・目が覚めやすいなどの症状が出現したと考えられる。

 

 鍼灸施術と経過 

気血が充分に生成されるようにする

・心神を安定させ正常に入眠できるようにする

 

上記の点を主として710日に1回のペースで治療を行う。

治療後は寝付きよく、すんなり眠れたのでそれだけでもかなりストレスが軽減した。

5回目の治療後くらいから途中目が覚めてしまうことなく朝までぐっすり眠れる日が増えてきた。

ドキドキして苦しくなる頻度もゼロではないが減ってきたような気がする。

周りの音にビクビクすることもだいぶ減った。

現在は2週に1回のペースで治療継続中。

 

 担当よりコメント 

つい最近まで寒い寒いと言っていたのに、気がつけば季節も変わり日中半袖の人も見かけるようになりました。

4月から新しい環境の人も多くいると思います。新しいこと、慣れないことで

毎日がいっぱいいっぱいになってしまうかもしれません。

つい無理をしてしまうかもしれません。けれど無理が続くと、

思っている以上に気血を消耗して心も体も疲れて果ててしまうものだということを忘れないでください。

休めるときはしっかり休んでくださいね。


・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

症例報告:胃食道逆流症

逆流性食道炎の方が随分と多いです。欧米化した食生活だけではなく、長時間のパソコン作業で前屈みの姿勢や猫背になって作業を続けているのも増加の一因と言われています。

40代 女性

胃食道逆流症と診断された。ただし、検査しても食道に炎症はない。食道から左腕にかけて痛みが走る。

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

・みぞおちの辺りに痛みが出て、みぞおちから左胸、左腕の方に痛みが走る

・最初の妊娠以来痛むようになった

・内視鏡などの検査をしても異常なし

・痛みがあるので生活の質が下がる

・脂っこいものやアルコールを摂取するとみぞおちの痛みが出る

・ひどい時は夜痛みで目覚めることがある

  

 お身体の状態と見立て】

・背部、脊柱起立筋ライン(心兪~胃兪)の盛り上がりが顕著

・おなかの臍右下を押されると痛い

・自分ではストレスがないと言っているが、話を聞くと外国での生活(お子さんのことや学校関係のコロナの対応)の心配事が多い

・頭部を触られると不快

 

 鍼灸施術と経過 

・基本的には体全体の緊張を取る施術。本人の訴えはないが背部の硬さが顕著な所、そのライン上に施術

・毎回おなかのコリ、硬さは違うのでその都度確認して施術

・二回目の来院時、激痛が出ることはなくなったと喜んでいた。二回目の後にはみぞおちの痛み以外の全体的な生活の質の向上を実感するとのこと

・週一のペースで治療継続中

 

 担当よりコメント 

胸やけ症状 目に見える炎症
胃食道逆流症 逆流性食道炎 ある ある
非びらん性胃食道逆流症 ある ない

(上の表はおなかの健康ドットコムを参考に作成しています)

逆流性食道炎の方は多いですが、今は良いお薬が出ているので服用している方も多いと思います。お薬を飲んでもあまり改善が見られず、今回の方のように不快症状が続いている場合は鍼灸施術も選択肢として考えてもよいかもしれません。鍼灸は体の自律神経のバランスを整える効果があります。

今回EDOにいらした方は検査の結果、炎症などは見られないのに辛い不快症状がある「非びらん性胃食道逆流症」です。薬を飲んでもあまり変化がないので鍼灸を試したかったそうです。痛みストレスも減ったせいか、初診時にいらした方とは別人のようになっています。鍼灸施術は自律神経のバランスを整えるのが得意なようですね。


友だち追加

・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

症例報告:疲れが取れない、眼精疲労

20代 女性

疲れが取れない、眼精疲労など

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

疲れがとれず身体がだるい

・眼精疲労

・頭がぼーっとする

  

 お身体の状態と見立て】

毎日疲れがとれず朝から身体がだるくやる気が起きない

・特に食後だるくて動きたくなくなる

・眼精疲労がひどく目の奥が痛くなる

・頭がぼーっとして、ふらふらすることが増えた

 

半年前に異動で新しい部署に配属。異動前も忙しくはあったがそこまでストレスを感じたことは無く、

疲れが残るということも無かった。しかし異動後とても気を使う業務内容となり、かなりストレスが増えた。

もともと味の濃い食べものが好きではあったがストレスが増えたせいか、

より味の濃い食べものを好んで食べるようになった。食事の時間も食べる量もバラバラでかなり偏りのある食生活を送っていた。

精神的ストレスや疲労が続いたことに加えて、不摂生な食生活により、

体内の消化吸収機能が低下し気血の生成が悪化、身体をうまく栄養できなくなることにより、

身体のだるさが生じていたと考えられる。また食後は内蔵に負担がかかるため、

身体のだるさはより悪化し動きたくなくなるという状態がおこっていた。

また栄養物質を身体上部へ行き渡らせる機能も低下し、

思考力の低下やふらつき眼精疲労などの各頭部症状が起こったと考えられる。

 

 鍼灸施術と経過 

内臓の状態を整え消化吸収能力を高める

・気を補う

・眼の周りに刺針し、眼精疲労の改善

 

以上をメインとした施術を行った。

1

1週に1回のペースで4回治療。

現在は2週に1回で治療継続中。

鍼治療後、翌朝に身体がとても楽になって驚いた。

眼の疲れが取れ身体がだるくないというのを久しぶりに感じ、

定期的に治療を続けより良い状態をキープしていきたい。

せっかくなので食生活も見直しなるべくバランスの良い食事に切り替えようという気持ちになった、とのこと。

 

 担当よりコメント 

なかなか疲れが取れず朝からだるくしんどい。けれども仕事はしなければいけない。

やる気も起きないし頭も回らないので食事も適当になりがち、そして更に体調が悪化する辛い悪循環ですね。

そんな辛い毎日から解放されるよう、鍼灸治療がそのきっかけになればいいなと思っています。


・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

症例報告:不眠、足腰の冷えとだるさ、物忘れ

70代 女性

不眠、足腰の冷えとだるさ、物忘れ

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

よく眠れない日が多い

・足腰がだるくて仕方ない

・物忘れすることが多くなった

  

 お身体の状態と見立て】

以前より眠れないことはあったが、眠れない日がだんだんと増えてきている

・寝付いても少し眠るとすぐに目を覚ましてしまうことも増えた

・足腰が冷えてだるいため眠るときに湯たんぽを使ってみたところ、更に眠れなくなった

・ここ1年くらい物忘れすることが増えた

・寝汗をかくことも増えた

・心臓がドキドキして気になることがある

・顔が火照って赤くなり、めまいも気になる

 

数年前に病気の為入退院を繰り返していた。

病院で過ごすという環境の変化の為に眠れないと思っていたのだが、自宅療養になっても眠れない日が続き、それがストレスとなっている。

長く続いた病気の為に、

身体の必要なところを温め、必要なところを冷やすという相互関係が上手く働かなくなり、

陰陽のバランスがとれなくなった。

その結果、身体の中の熱を抑えきれずそれが上部を侵襲し不眠や動悸が起こり、

また熱がこもって顔のほてり、寝汗をかく。

反対に温めるべき場所が上手く温まらないために足腰が冷えてだるくなった。

さらに頭部をうまく栄養できないことによって、物忘れやめまいなどの各症状が起こったと考えられる。

 

 鍼灸施術と経過 

上部を侵していた余分な熱をとる

・心を安定させる

・陰陽のバランスを整える

 

以上をメインとした施術を行った。

1.52週に1回のペースで6回治療。

現在も月に2回程度で治療継続中。

鍼治療後はとてもよく眠れる。

その後しばらくするとやや元にもどるものの、治療開始前に比べると随分楽になった。

物忘れに関してはあまり実感はないが、足腰の冷えてだるい感じなどはかなり改善されてきた。

気持ちも楽になるので続けて治療希望。

 

 担当よりコメント 

よく眠り美味しく食べられる。生きていく上で必要なことですが、

悩みを抱えているかたは多いです。簡単なことのように思えることでも意外と難しくあります。

毎日すっきり眠れて気持ちよい朝を迎えられるように、鍼灸治療でお手伝いできればと思っています。


・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

症例報告:ストレスと首横のこり

53歳 女性 人事関係

慢性的に肩こりを感じる。忙しくなると首の横から肩にかけてがちがちになる。

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

・首横から肩上部の筋のコリがひどい

・ひどくなると頭痛になることもある

・5年前に五十肩

・足はむくみやすい

  

 お身体の状態と見立て】

・みぞおちまわり、上腹部の緊張が強い

・肩甲骨間の背中が板のようにがちがちに硬い

・肩をすくめている。

・こめかみに青筋あり

精神的な緊張あると肩をすくめる姿勢を取りやすい。首の前側には頸動脈がありココを守という本能が働いていると考えられる。寒いときもここを冷やさないよう肩をすくめる。
ストレスで肩をすくめやすいのは女性に多いように思う、ストレスに敏感に反応しやすいタイプの方は上半身の力が抜けなくなって首肩こりの症状を起こしやすい。また同時に食いしばりをしておりこめかみの筋肉が緊張し静脈(青筋)が浮いて見えることがある。

 

 鍼灸施術と経過 

・首横~肩甲骨、首前の筋肉の緊張をとる、左肩の動きに制限があるためココも施術。(辛い所の施術)

・上半身に緊張がある方は、下半身の緊張が少ない傾向にあり、下半身に力を入れやすい状態にする。(症状原因の根本となるところの施術)

・週一ペースで施術を6回行った。施術毎に緊張が出にくくなっている、肩0も下がり表情が柔らかくなった印象。
ご本人も大分楽になってきてメンタル面でもやる気が出てきたとの事です。

 担当よりコメント 

身体の状態は気持ちに影響します。在宅ワークの影響か気持ちが落ち込んでいる方が多く見られます。身体の動きが少なくなることが気持ちに影響しているように思います。

Ikubikata0


・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

症例報告:月経痛、下腹部や腰の痛み

30代 女性

月経痛、下腹部や腰の痛み

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

月経前または月経中(特に1.2日目)にお腹が痛くなる

・痛みがひどいときは腰の方まで痛くなり仕事に支障をきたす

・月経前のイライラがひどい

  

 お身体の状態と見立て】

ここ4ヶ月くらい痛みが悪化

・ひどいときは腰の方まで痛くなる

・痛み止めを飲んで休んでいても痛い

・経血量は少なくスッキリ出ない

・経血色は鮮やかな赤ではなく暗めの色

・経血の中に血の塊が混ざることが多い

・血塊の大きさは母指頭大かそれ以上の大きさ

・血の塊が出ると痛みが楽になるようなきかする

・婦人科で検査したが子宮筋腫等、問題はなかった

・月経前は乳房が張って痛くなる

 

半年ほど前から特に仕事が忙しくなり、ストレスが増大。

その影響で身体の巡りが悪くなり、気の滞りが起こる。

その結果、血液の流れも悪くなり痛みなど各症状を生じたと考えられる。

 

 鍼灸施術と経過 

気の滞りを解消し、流れを良くする

・血行を改善し、痛みを止める

 

以上をメインとした施術を行った。

1週に1回のペースで4回治療。 現在は10日~14日に1回で治療継続中。

月経前に乳房が張って痛い感じはほぼなくなってきた。

今まではそれもイライラの原因となっていたので、月経前のイライラも改善されてきている。

月経中の下腹部の痛みはまだ多少残るものの、腰まで痛くなることはなくなった。

無理はせず年末年始はゆっくり過ごそうと思っているとのこと。

 

 担当よりコメント 

月経前や月経中の痛みや不調は痛くても仕方ない、ひたする我慢するしかない、

というものではありません。 それは体調を表わすサインでもあります。

鍼灸治療で毎月、毎日快適に過ごして頂けるお手伝いをして行けたらと思っております。

まだまだ寒い日が続き、 コロナも油断ならないストレスの多い毎日ではありますが、

EDO鍼灸治療院、今年もよろしくお願いいたします。


・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

症例報告:肘~腕の痛み、動かしづらさ

50代 女性

肘~腕の痛みと動かしづらさ

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

肘や腕のあたりが痛む

・肘の曲げ伸ばしがしづらい

・頚や肩がこる

  

 お身体の状態と見立て】

1ヶ月前くらい前より左の肘が痛む

・痛みは激痛ではないものの曲げ伸ばしがしづらい

・左上腕部も重だるい痛みがすることもある

・天気が悪い日に痛みが増す

・現在、肘~腕は腫れたり熱をもったりはしていない

・整形外科にも通っているが症状は変わっていない

・肩こりや頚がこりやすい

・もともと疲れやすく風邪もひきやすい

 

とても寒く雨風の強い天気の悪い日に出かけ、雨に濡れてしまい寒気などの風邪症状を感じたのだが、

なるべく早く用事を済ませてしまおうと無理をしてしまった。

その後、肩こりや頚こりが悪化、肘の痛みが出現。

元来虚弱な体質であることに加えて、寒さや湿気が身体の気血の巡りを更に悪くした結果、痛みを生じた。

今回は肘付近の経絡の流れが悪くなった為に、肘~上腕部での痛みや、

曲げ伸ばしのしずらさなどの運動障害が発生したと考えられる。

 

 鍼灸施術と経過 

痛みが出ている経絡を通し気血の流れを良くする

・身体に悪さをしている寒さや湿気をとりのぞく

・肘部には直接施灸

 

以上をメインとした施術を行った。

1週に1回のペースで4回治療。 現在は2週に1回で治療継続中。

お灸はチクッと熱いが効いてる!という感じがある。 上腕部の重だるい痛みはほぼなくなった。

肘も一時期ほど痛くはなく曲げ伸ばしのしずらさもかなり軽減した。

無理はせず年末年始はゆっくり過ごそうと思っているとのこと。

 

 担当よりコメント 

先日は都内でもみぞれが降り、いよいよ本格的に冬がやって来たように感じます。

冬は寒さで首をすくめたり、身を縮めてこりが悪化しやすい時期です。

お出かけの際はなるべく暖かい格好でお出かけください。

今年も残りわずかとなりました。 1年間ありがとうございました。

年内12月29日まで、年明けは1月4日より営業しております。

2022年もEDO鍼灸治療院、よろしくお願いいたします。


・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

症例報告:便秘、歯茎の腫れや出血

30代 女性

便秘、歯茎の腫れや出血

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

便秘でお腹か張って苦しい

歯茎が腫れて出血したりするために口の中が痛い

食べてもお腹がすぐに空き、夜中でも食てしまう

  

 お身体の状態と見立て】

昔からら便秘気味ではあるが、ここ数ヶ月より悪化した

・ひどいときは1週間くらい出ないこともあり、お腹が張って痛む

・便秘が続くと歯茎の腫れ痛みが酷くなる

・喉がすぐ乾き、冬の寒いときでも冷たい飲み物を飲む

・食べものは辛い味付けが好きで良く食べる

・あまり食べ過ぎたくないのだが、食べても食べてもお腹が空く

 

昔から辛い食べものが好きで食べる方ではあったのだが、

数ヶ月前から仕事や人間関係のストレスで激辛のものなどを食べる頻度が更に増していた。

辛いものを過剰に摂取したことにより、 胃腸に熱がこもり乾燥した結果、便秘を引き起こしたと考えられる。

また、胃に熱があるために胃の消化機能が異常に亢進し、食べてもすぐ空腹となっていた。

更に、その胃の熱が上にのぼり口腔内を損傷し、歯茎の腫れ痛みや出血が起こったと考えられる。

 

 鍼灸施術と経過 

胃腸にこもった熱を冷ます

・胃腸を潤し便秘の緩和をはかる

 

以上をメインとした施術を行った。 治療後、数時間後に便意を催しスッキリ出る。

治療した日の夜中はいつものようにお腹が空くこともなく、 食べてしまうこともなかった為、

翌朝は目覚めもよく身体が楽になった。 現在は2週に1回のペースで治療継続中。

治療を受けはじめたのをきっかけに意識して、一時期ほど辛いものを食べ過ぎたりすることもなくなり、

また歯茎の腫れや出血も治まり、 再発することもなく快適に過ごせている。

 

 担当よりコメント 

それぞれ味の好みはあると思いますが、 どの味でも摂りすぎは不調を引き起こしす原因となります。

針灸治療を続けて受けていると、身体が過度に欲しがらなくなる状態にはなりますが、

あくまでも健康状態を維持するのに大切なのは、

「ご自身で自分の心身の状態に目を向け、意識して行動すること。」 です。

針灸治療でそのお手伝いが出来たらと思っています。

 


・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

EDO鍼灸治療院ブログ

フェイスブック
最新情報はフェイスブック
ページからでもご覧になれます
日本橋の鍼灸院のページトップへ