カテゴリ: 院長コラム

マスクの影響?

この一年半常にマスクをつけていますが。最近なんだか顎周りやほほ骨あたりが疲れた感覚があります。

患者さんの状態もみていると、アゴ周りの筋肉が強ばっている方が以前より多く見られます。

原因は、常に顎が上後ろに引っ張られるため、顎を前に出す筋肉や顎を開く筋肉が疲労を起こし、顎の痛み、顔の強ばりを起こしていると考えられます。

顎を前に出す筋肉

line_oa_chat_211001_170425

顎を開く筋肉

line_oa_chat_211001_170428

 

おすすめ顎筋のセルフケア

アイ~ン
志村けんさんのアイ~ンのように顎を突き出す動き。外側翼突筋という顎の筋肉を使います。ほほ骨あ辺りにあります。
奥に押し込まれた下あごを、引き出してあげるイメージで動かしましょう。固まった外側翼突筋を動かしてあげましょう!
※アイ~ンの手の動きはしてもしなくともOKです

line_oa_chat_211001_165542

口の開け閉め
マスクをしていると顎の動きが小さくなりがちです。可動域いっぱいまで口を開け閉めします。
ゆっくり開け閉めするのがポイントです。
顎の開け閉めにかかわる筋肉の動きを良くしてあげましょう!
※顎に痛みやゴリゴリと音がする場合はお控えください

line_oa_chat_211001_165548

 

顎首反らし
口を開く筋肉は、顎の下側~喉仏の上側についています。
マスクをしていると、口を開くときに抵抗になり、この部分の筋肉が疲労していしまいます。
首を後ろに反らし、このまま先ほどやったアイ~ンを同時に行いましょう。
※首の後ろ側に痛みがある方はやめておいてください。

line_oa_chat_211001_165545

※全てのエクササイズは、おまぬけな顔になりますので、人に見られない場所で行いましょう

 

 

症例報告:うなじの凝りと寝つきの悪さ

30代 女性

資格試験の勉強をはじめ肩の凝りと寝つきがよくない

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

・左肩の凝りが強く勉強に集中できない

・寝つきが良くない、2時間ほど寝つきにかかる

・頭がぼーっとして集中できない

  

 お身体の状態と見立て】

・左肩からうなじにかけての筋肉の強ばりがつよい

・左肩甲骨が後ろに動きづらい

・お腹 上腹部の張り強い

資格試験はPC作業に比べ、下を向くことが多いため、頭の重さが首にかかり、首~肩後ろの凝りが強くなって症状が出ていると考えられる。うなじ部分のこりは、脳の血流、自律神経に影響し、不眠、めまい、頭痛、耳の症状などを起こしやすい。

 

 鍼灸施術と経過 

・初回つらい部分、首肩を中心に施術を最初に行う 

・2回目以降は、全身の状態を良くする目的でお腹、手足お腹など全体の施術を行なう。施術行った日は特に寝つきが良い。

・週に一回のペースで6回施術を行う。首肩の目立った凝りは消失し、顔色が良くなる。首肩の凝りも和らぎ勉強に集中できるとの事、寝つきも以前よりも良い。

 

 担当よりコメント 

首のコリは、頭の血流、自律神経に影響して、頭痛、めまい、不眠などの原因になると考えられます。
首コリを改善するには、首の施術はもちろん必要ですが、全身の状態が首に影響します。ですので、施術は全身行う必要が根本的改善には必要となります。


友だち追加

・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

肩甲骨の裏側の凝り

指圧やあん摩など手技では届かないところに直接ピンポイントでアプローチできるというのが、鍼治療の強みです。手でアプローチしづらい所の一つに肩甲骨の裏側の凝りがあります。

line_oa_chat_210730_170128

肩甲骨の裏には、肩甲下筋、前鋸筋がくっついています。

・前鋸筋は、肩甲骨を前に出す動き

・肩甲下筋は、腕を内に捻る動き、上腕骨を胸に近づける動きをします。志村けん氏の『あい~ん』の動きの時に使う筋肉です。

横向きで寝たり、肘をついてテレビを見たり、猫背でパソコンしたり、長時間この筋肉を縮めたポジションをとっていると、この二つの筋肉に凝りができると考えられます。

前鋸筋の凝り

凝りができると、肩の凝り感だけではなく、肩の関節の動きの悪さや、前鋸筋は肋骨にくっついているので、胸郭の動きを妨げ呼吸が浅いという症状も出てきます。

肩こり、肩の動きの改善、胸郭の動きの改善、肩のアライメントの改善には、必要なポイントになります。

肩甲骨の中の凝りに、針先が当たると『あ~そこ!』という心地よい感覚を受ける方が多いです。

この場所に凝りを感じている方は、しつこい慢性的な肩こりの方におおいですね。

line_oa_chat_210730_164401

脇から肩甲下筋を狙った鍼

 

line_oa_chat_210730_164440

肩甲骨内側より前鋸筋付着部を狙った鍼

 

 

症例報告:むち打ちからの首から肩甲骨の痛み・違和感

20代 男性

高校生の授業の野球にて、したの図のように走者がぶつかりそれから首後ろに違和感・痛み数年続いている
知り合いに鍼を勧められ来院

F51B59B9-7E6F-4A22-8265-9F7AB4C8F6F6

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

・左首うなじ、左首後ろ、肩甲骨周りの痛み

・首を後ろに反らせない

・肩甲骨周りの凝り感

・肩周りの痺れ感・横向き寝で肩に痛み

  

 お身体の状態と見立て】

・首を後ろに反らす角度が少ない(通常50度程度だが20度くらいしか反らせない)

38D711C3-2EBD-4401-9FFC-145C3F4B44B2

・胸椎の後弯強い(猫背)

・首後ろ~肩甲骨周りの筋肉のシコリ状の強ばりを触診にて認められる、揉まれると気持ちよい

ぶつかった際、首が前に折曲がる方向に衝撃が加わったことから、首後ろの筋が急に伸ばされた時に、筋にダメージが加わったと考えられる。筋は急に伸ばされると、反発で縮む作用があり、これがなかなか取れないコリとなって残ることがある。
自動車事故、コンタクトスポーツで良く見られる。強い衝撃でなくとも、こわばりが長くのことが多い。

 

 鍼灸施術と経過 

・週に一回ペースで施術を行う

・首~肩甲骨に鍼。シコリ状のしつこいコリをじっくり緩める。コリの深い部分には灸も併せて行う。

・施術毎にしこり状のこわばりが緩み、首の可動域も増える

・横向き寝での痛み、違和感も軽減

・首が後ろに反らせないため、猫背が強いため、猫背改善のエクササイズをアドバイス

 

 担当よりコメント 

ぶつかる、転ぶ、など意図しない衝撃が加わると、筋になかなか取れないコリができる事が見受けられます。
早めの施術をお勧めいたします。


友だち追加

・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

在宅ワークとお尻

この一年在宅ワークの方の身体の不調を見てきました。

特徴的な身体の変化のひとつとして、『お尻の凝りが』あります。

お尻って凝るのと思われる方もいらっしゃると思いますが、

すごい『凝る』のです。

お尻には、いくつもの筋肉があり凝りやすいポイントがあります。

IMG_3717

このあたりです。

お尻に凝りができたとしても、お尻に痛みや凝り感が出るわけではなく。
腰痛、坐骨神経痛、股関節の痛み・動かしづらさなどの症状として現れます。

1股関節の痛み
お尻の筋肉は、股関節を動かす筋肉です。そのためお尻の筋肉が凝ると股関節の可動域が減り股関節の痛みとして現れてきます。

2腰痛の原因
お尻の筋肉が凝ると、骨盤を立てる動きがしづらくなります。骨盤を立てることが出来ないと、腰が伸びません、
腰椎は本来前弯しているのものですが、腰が伸び辛い状態は腰の筋肉や関節に負担がかかり腰痛の原因になります。

3坐骨神経痛の原因
お尻の筋肉の下には、坐骨神経が通っています。坐骨神経は、腰椎から出て、お尻の下を潜り抜け、足の感覚や運動をつかさどる神経です。坐骨神経が圧迫されると足に痺れや痛みが出てきます。

在宅ワークが続きますので、動かない時間が長く、歩く時間が少ないことによる、体の不調対策考えてみる必要がありそうですね。1日30分の散歩と鍼灸ケアお勧めします。

症例報告:在宅ワークで増えた首痛・頭痛

30代 女性

半年前より、首の痛みと後頭部からこめかみにかけての頭痛

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

・在宅ワークになってしばらくしてから首のコリから痛みに変わり、頭痛も出てきた

・うなじ・こめかみ(側頭部)の頭痛 

・夕方になると頭痛がでる薬を飲んでも効かない

・仕事のストレスを感じている

  

 お身体の状態と見立て】

・上半身の力が抜けず、常に緊張していいる。

・手足の冷えと発汗がある。緊張しやすいタイプにみられる

・上腹部の張りがつよく、おさえると苦しさをうったえる(ストレスが多いとみぞおち周りに強ばりを認めることがおおい)

・お腹を下しやすい

上半身のこわばりと、在宅ワークで、座りっぱなしが多くなり、動くことが減り、首肩周りのコリが酷くなり頭痛まで及んでいると考えられる。

 鍼灸施術と経過 

・まず首・肩周りを中心に施術 施術を重ねるごとに症状が減り、3回目の施術後には頭痛は感じていないとの事

・首肩の施術だけでは症状の再発の可能性が高いため、身体全体の状態をみながら気血のバランスを整える施術を行う。

・6回の施術を行い、症状の再発もなく、手足の冷え発汗もなく、お腹のこわばりも緩まっている。

・表情も明るくなり、声のトーンも明るくなった。

 担当よりコメント 

首肩こり頭痛は、仕事のプレッシャーやストレスで、上半身全体が強ばり、力が抜けない状態になっているケースが多く。

施術は首肩だけではなく、上半身の緊張をといてあげる施術が必要です。

身体の緊張が解けると、表情も明るくなりますね。


友だち追加

・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

春 水元公園

IMG_3624

先週の日曜日の桜です。八重桜が満開でした。シートを広げて寝転がって見る眺めは最高です。

ちなみに上の桜は水元公園で撮影しました。

水元公園は葛飾水元にある広大な公園です。遊具は多くないですが、季節に応じて、森、花、鳥と自然を満喫できる公園です。

これから新緑の季節が楽しみです。西村の出没頻度も多めの公園です。

今週17日土曜日アド街っく天国にて特集さます。是非ご覧ください。

前に撮影したものです
w5ul-guvQ-a-0ycHxyb4Ug VQsDyASRTGi6P2Ff09ESUg Gt-k-tOiQgexyg5gsThD_Q

首を横に倒すと痛い

首に痛みをかかえている方は、首を右左どちらかに倒すと痛みが出ていることが多い。

だいたい右に倒すと右首筋に痛み、左に倒すと左首筋にいたみという具合である。

これで痛い側の首をストレッチすると痛みが増すことがあります。

こういった場合は、肩甲骨周りの筋肉の強ばりがあり肩甲骨がうまく動かなくなっていることが多く

この筋肉緊張をリリースしてあげる必要があります。

このあたりにこわばりが出ています。

IMG_20210107_0001 - コピー

首の治療には、肩甲骨の動きに注目することが必要です。

関連ページ

小胸筋の凝り

前鋸筋の凝り

EDO鍼灸・首肩こり施術

 

 

日本橋桜令和3年

IMG_3545

日本橋の交番前の桜が満開です。今週末までが見頃かと思います。

 

小胸筋の凝り

小胸筋あまり聞きなじみのない筋肉かと思います。

肋骨の前~肩甲骨の前にくっついて、肩甲骨を前方に引っ張る作用があります。

このあたりにあります。

IMG_3529

この筋肉が凝る原因として、手を使うときに肩を前方に突き出す姿勢にあります。

こんな感じ。猫背で肩が前にはいっていませんか?

IMG_3530

小胸筋が凝ってもこの場所に痛みコリは出ず、

手のしびれ、腕が上がりづらい、呼吸が浅い、肩甲骨内側のこり、などの症状が出てきます。

 

前回も書きましたが、猫背で腕だけ前に出して、PCを打つと小胸筋が凝りやすくなります。

ご自分の姿勢を見直してみてください。

・小胸筋の凝りへの鍼灸のアプローチ

小胸筋も直接施術しますが、

猫背に対するアプローチも必要となります。

そのため全身への鍼灸を行っていきます。

関連ページ

肩が上がって下りない

EDO鍼灸・首肩こり施術

前鋸筋の凝り

EDO鍼灸治療院ブログ

フェイスブック
最新情報はフェイスブック
ページからでもご覧になれます
日本橋の鍼灸院のページトップへ