カテゴリ: 院長コラム

呼吸

空気を吸って吐いて人間は生きています。

横隔膜って聞いたことあると思いますが、これは筋肉で焼肉で食べるハラミの部分です。

息を吸うときにメインで使う筋肉で、他にお腹、胸、背中の筋肉が呼吸の時に働きます。

肺は肋骨のなかにありますが、この部分を胸郭と言います。

呼吸の時に、胸郭が拡がったり狭まったりして、空気を出し入れしています。

kyoukaku

お腹や胸に固さがあると、胸郭の動きを妨げてしまいます。

胸郭の動いていないと、肩で息をするようになり肩こりの原因にもなります。

この状態が呼吸が浅い状態です。

体を良い状態に持っていくには、呼吸がしやすいということが重要になってきます。

鍼灸を受けた後は呼吸が楽に感じ、いままで呼吸が浅かったんだなと気づく方も多いです。

一度ご自身の呼吸に目を向けてみてください。

 

 

 

前鋸筋の凝り

前回の臨床報告『左肩甲骨内側のしびれ・凝り』に書きましたが、

肩甲骨内側にコリや痛みを感じている方は、前鋸筋に固さがみられることが多いです。

前鋸筋とは、脇ばらにあり、肩甲骨を外側に動かす筋肉です。

左肘をついて、右手でマウスのような格好だとこの筋肉が硬く縮こまってきます。

IMG_20210113_0001

また、横向き寝で下になっている側の筋肉が硬くなってきます。

この筋肉の場所には、凝り感を感じなく、肩甲骨の内側や背中の凝りとして感じます。
IMG_20210113_0002

なので、施術では肩甲骨の内側に行うだけでなく、前鋸筋や肩甲下筋など脇の筋肉を緩める必要があるのです。

左右に偏った姿勢は、肩こりだけでなく、首腰臀部の筋に影響し、腰痛や首痛、坐骨神経痛、手のしびれなどの症状も引き起こします。

こまめに姿勢を正し体に癖をつけないようにしましょう。

あくびのように大きく伸びをして、胸・お腹、体の前側を伸ばすのがおすすめです。

関連記事

在宅ワークの肩こり・腰痛対策

EDO鍼灸・首肩こり施術

肩甲骨のコリ

右背中なかなか取れない『コリ』

 

 

在宅ワークの肩こり・腰痛対策

緊急事態宣言が発出されそうですね。

在宅ワークの方が、また増えてくるかと思います。当院には在宅ワークに変わったという方の身体の変化をみて、やはり動く事は大事だなと再認識しました。

在宅だと・・・

『自宅のデスク環境が良くない』

『座ったまま動かない』

『通勤が無くなり歩く機会がへった』

という声をよく聞きます。

『自宅のデスク環境が良くない』
やはり、机と事務用の椅子ベストです。
机が低いと目線が下になり猫背になり、机が高いと腕を持ち上げてキーボードを打つので肩が凝ってきます。
床に胡坐はよしてくださいね、ソファーにローテブルも✕ですよ。骨盤が後傾して腰・臀部の筋が硬くなり腰痛になってしまいます。

『座ったまま動かない』
時間を決めて立ち上がり、スクワットや散歩をすることが良いです。下半身の循環が悪くなると、むくみや冷えが出てきます。
全身の血液、リンパの循環も滞ってしまいます。
また腰・股関節周りの筋肉が硬くなり、腰痛の原因になります。お尻をテニスボール等でマッサージするのも良いです。

『通勤が無くなり歩く機会がへった』
歩きましょう!歩く事は全身運動になり、全身の血液循環・心肺機能・消化機能にも影響してきます。
通勤があると、例えば駅まで10分 電車で40分 会社まで5分で往復ですから、結構な運動量になります。
座りぱなしで動かないは、全身の機能を弱めてしまします。
スクワット・散歩がおすすめです。

以上在宅ワークの方はお気を付けください。

在宅勤務で肩こり

在宅ワークの座り方

在宅勤務の影響

Ikubikata0

kosiu

 

 

年末

もう今年も終わろうとしていますね。

コロナの一年と言っても過言ではありません。

当院の周りは、オフィスビルや商業施設がほとんどですので在宅勤務が増えると来院数にも影響しました。

コロナにより、変化を求められる一年だった気がします。

年とともに、保守的な考えになり変化を好まなくなりますが、

来年は変化を畏れずステップアップしていきたいと思います。

DSC_0374
再開発の日本橋。日本橋も変化していきますね。

寝違え様の症状が続いている

寝違えを起こしてから、半年も一年も寝違えのような症状が続いている方がいます。
寝違えを起こしほっておけば治るかなとそのまま放置していたが、朝起きると痛い、首を傾ける振り返ると痛いという症状が続いているという症状。
多いのが、首をどちらかに向けると同じ側の首~肩甲骨にかけて痛いという症状です。

寝違え寝違え
なかなか治らない方は、こういったストレッチや首をぐるぐる回したりして悪化させているパターンが多く
特に痛い側を伸ばすとひどくなるパターンが多いのでご注意です。

首ストレッチし

施術は、『首だけ』施術してもダメで、肩甲骨の動きがかかわっています、肩甲骨周りの筋肉の緊張を鍼で緩め肩甲骨がしっかり動く状態を作ってあげることが施術のポイントになります。

DSC_0061 DSC_0032

酷くなってくると、頭痛も出てくるっことがあります。
痛みは生活の質を下げてしまいますので、寝違えは早めに施術されることをお勧めします。

関連ページ

Ikubikata0

首を左に倒すと痛い(寝違え)

寝ると首が痛い

———————————————————————–

・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

 

EDO鍼灸・腰痛施術

EDO鍼灸治療院の腰痛施術の流れを書いてみます。鍼灸は四診(望・聞・問・切)を基に施術方法を決定します。腰痛でも、原因は腰だけの問題ではないことが多く、全身の状態をチェックします。

 

施術前のお身体チェック
・望診
・聞診
・問診
・切診

当院の鍼灸治療の実際

鍼灸治療の受け方

望診

視覚を用いた診察です。
身体の不調は、肌の色艶・表情・しぐさ・姿勢などに現れます。
それらを細かく東洋医学・解剖学・運動学に基づき分析していきます。

腰の可動域の動作チェック

前後・左右・回旋の可動域や動きの左右差、動きのスムースさをみます。筋肉、関節の機能異常が判断できます。
腰痛のある方は、骨盤・腰椎周りの筋の硬さがあり、お辞儀や腰をさらす動きがしづらくなっています。
また左右差が出ていることがほとんどで、右には捻れるけど左には捻りづらいとう状態になっています。

股関節の動作チェック

腰痛のある方は、必ずと言っていいほど股関節(お尻)周りの筋肉が硬くなっています。
お尻が硬くなると、股関節の動きに異常がでてきます。
股関節を動かすことにより、どの筋肉のコリがあるのかチェックしていきます。

姿勢チェック

姿勢をみることにより、筋・関節の負担のかかり具合いをチェックします。
骨盤・股関節・腰椎のアライメントをチェックしていきます。

聞診

体臭や声の質・大小など、鼻・耳を使った診察です。
体質、体調により、特徴的な体臭や、声の質があります。
ボソボソ喋っていると、脾(消化器)が弱っているなとか、体調・体質により特徴的な声質に変化が出てきます。

問診

症状の経過、痛みの出る時間帯・動作・態勢、仕事の作業内容(立ち仕事、マウスを多く使う、営業、etc)、体質(尿・便通・汗・冷え・むくみ・眠り)などを詳しくお聞きします。それを分析して痛み・コリの原因を探ります。細かく聞いていく事により、日常生活での予防法もみえてきます。
また安心して鍼灸を受けて頂けるように、施術方法やお身体の状態についても説明いたします。

切診

手の触覚を用いた診察です。訓練された鍼灸師の手の感覚は鋭く様々な情報をキャッチできます。
お腹、脈、触診にて筋肉や肌の、柔らかさ、滑らかさ、冷温をチェックします。

触診

触診は鍼灸にとって特に重要です。
腰・臀部の冷えや、筋の硬さ、肌の滑らかさを手で触って調べていきます。
同時に、鍼を行うツボも探っていきます。

腹診

お腹の、冷温・硬さ・柔らかさ・張り具合をみていきます。お腹はお身体の状態が反映されます。
お腹の状態により、全身の状態が読み取れます。
腰痛ある方は、下腹部に圧痛(押すと痛い)、こわばりを認められることが多いです。
また生理痛など、婦人科系の症状のある方は、お臍の下に冷えがあることが多いです。


腰痛の鍼灸施術

お身体チェックを基に、施術を行っていきます。
腰痛といっても、原因が腰だけとはかぎりません。
全身の状態をチェックし遠く離れた足・鍼・お腹に鍼を打っていく事もあります。
全体の状態を整えたうえで、腰周りの施術を行っていきます。

腰の鍼

丁寧にツボを探り、腰の筋肉を緩めていきます。ツボに当たると心地よい『響き』があります。

臀部の鍼

腰痛治療には欠かせないですね。臀部のコリはあまり痛みとして認識していませんが、押してみると『硬~く』なっています。
坐骨神経痛にも施術を行う場所です。

足の鍼

足には、背中腰臀部に繋がる経絡があります。
腰痛の方は必ずと言っていいほど、腿・ふくらはぎの筋肉が硬くなっています。
足に鍼を行うだけで、腰の可動域は変わってきます。

セルフケアのアドバイス

症状の改善・再発を防ぐには、ご自身にお身体の状態を知っていただき。
日ごろからのセルフケア・養生が必要です。EDO鍼灸ではセルフケアのアドバイスに力を入れています。

鍼灸治療のステップ 1・2・3

ステップ1

まずは、痛み、不快感など症状の軽減を目指した施術を行います。
症状、お身体の状態により異なりますが、まず5~6回は週一位のペースで施術を行います。

ステップ2

症状がある程度落ち着いてきたら、症状の根本の原因となる、体質改善を目的とした施術に移行します。
1週間ないし2週間間隔で、施術を行っていきます。

ステップ3

冷えやむくみなど体質が改善してきたら、2週間ないし1か月に1度ほどの鍼灸治療がおすすめです。
仕事や家事などどうしても、体には偏りがでてきます。定期的に鍼灸を受けることで、健康的な生活をサポートしていきます。

関連ページ

 


 

・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

 

 

 

 

 

EDO鍼灸・首肩こり施術

EDO鍼灸治療院の首肩コリの施術の流れを書いてみます。鍼灸は四診(望・聞・問・切)を基に施術方法を決定します。首肩こりでも、原因は首肩だけの問題ではないことが多く、全身の状態をチェックします。

 

施術前のお身体チェック
・望診
・聞診
・問診
・切診

当院の鍼灸治療の実際

鍼灸治療の受け方

 

 

望診

視覚を用いた診察です。
普通の人でも、あの人今日はなんだか元気がないなと思うことがありますが人は心身体の状態が姿勢や、肌髪の色艶に現れるのです。それらを細かく東洋医学・解剖学・運動学に基づき分析していきます。

首の動作チェック

可動域や動きの左右差、動きのスムースさをみます。筋肉、関節の機能異常が判断できます。
首肩こりのある方は、左右差や首を後ろに反らしづらくなっています。DSC_00ggg25

肩の動作チェック

肩関節・肩甲骨の動きに異常がないかチェックしていきます。
肩こりのある方は、肩甲骨が後ろに動きにくくなっていて痛みが伴うこともあります。
動きにより、どの筋・間接に異常があるのか判別していきます。
DSC_0032

姿勢チェック

姿勢をみることにより、筋・関節の負担のかかり具合いをチェックします。
凝っている場所も、おおよそ分かります。鍼によりコリを取っていくと姿勢も変わっていきます。
DSC_0038

聞診

体臭や声の質・大小など、鼻・耳を使った診察です。
体質、体調により、特徴的な体臭や、声の質があります。
ボソボソ喋っていると、脾(消化器)が弱っているなとか、体調・体質により特徴的な声質に変化が出てきます。

問診

症状の経過、痛みの出る時間帯・動作・態勢、仕事の作業内容(立ち仕事、マウスを多く使う、営業etc)、体質(尿・便通・汗・冷え・むくみ・眠り)などを詳しくお聞きします。それを分析して痛み・コリの原因を探ります。

DSC_0794

切診

手の触覚を用いた診察です。訓練された鍼灸師の手の感覚は鋭く様々な情報をキャッチできます。
お腹、脈、触診にて筋肉や肌の、柔らかさ、滑らかさ、冷温をチェックします。

触診

触診は鍼灸にとって特に重要です。
熱い・冷たい・ざらざら・さらさら・べとべと・硬い・柔らかい
様々な情報をもたらせてくれます。鍼をするツボも最終的には触診により見つけます。DSC_0056

腹診

お腹の、冷温・硬さ・柔らかさ・張り具合をみていきます。お腹はお身体の状態が反映されます。
お腹の具合が悪くなくても、体の異常が出てきます。

DSC_0051

首肩の鍼灸施術

お身体チェックを基に、施術を行っていきます。
首肩コリといっても、原因が首肩のみとはかぎりません。
全身の状態をチェックし遠く離れた足・鍼・お腹に鍼を打っていく事もあります。
全体の状態を整えたうえで、首肩周りの施術を行っていきます。
DSC_0061
肩甲骨周りの鍼 肩甲骨周りはコリの溜まりやすい場所 丁寧に緩めていきます
症例:肩甲骨の動きと肩こり 右肩の痛み 右肩から腕にかけての痛み
DSC_0124
首の動きが良くない場合に行う。動作鍼、通常は横になった状態で鍼を行います。

DSC_0075
うなじ部分の鍼 この部分にコリがあると、頭痛やめまい・眠れないというという方が多い
症例:右目から後頭部にかけてのず~んとした痛み うなじからのこめかみの冷たさ

DSC_0899
セルフ灸のアドバイス、ツボの取り方やお身体に合わせたツボをお教えします。
その他、体操や食事などアドバイスさせていただきます。

首肩の症例

鍼灸治療のステップ 1・2・3

ステップ1

まずは、痛み、不快感など症状の軽減を目指した施術を行います。
症状、お身体の状態により異なりますが、まず5~6回は週一位のペースで施術を行います。

ステップ2

症状がある程度落ち着いてきたら、症状の根本の原因となる、体質改善を目的とした施術に移行します。
1週間ないし2週間間隔で、施術を行っていきます。

ステップ3

冷えやむくみなど体質が改善してきたら、2週間ないし1か月に1度ほどの鍼灸治療がおすすめです。
仕事や家事などどうしても、体には偏りがでてきます。定期的に鍼灸を受けることで、健康的な生活をサポートしていきます。

関連ページ

 

 


友だち追加

・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

 

 

 

 

 

症例報告:寝ると首が痛い

44歳 性別男性

3か月前より、寝違え様の痛みが続いている。特に寝起きが痛みが強い。

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

・仰向けに寝ると右首~肩甲骨にかけて痛む

・朝が特に辛く、右側に首が回らない・倒せない

・普段から肩こりは感じている

・3か月以上続く痛み

・病院ではストレートネックと言われた

  

 お身体の状態と見立て】

・首の可動域が減少 後ろに首を反らせない

・右肩甲骨の動きが悪い、右肩を前に巻き込んでいる姿勢 小胸筋・前鋸筋の硬さ

・猫背が強く、頭の位置が偏りだいぶ前にきている。

・上半身全体のこわばりが強い

首に痛みが出ているが、問題は肩甲骨の動きの悪さにあり、仰向けに寝る時は肩甲骨が背中側に動いていかないといけないが、肩甲骨前の筋(小胸筋・前鋸筋)のこわばりの為、肩甲骨が後ろに来ない。そのため首の筋が引きつって痛みが出ていると考えられる。

 

 鍼灸施術と経過 

・肩甲骨の動きを阻害している筋緊張を鍼で緩める

・PC仕事で上半身の緊張が強くなっているので、手足のツボで調整

・上腹部に緊張があり、猫背の原因になっている為、鍼+灸

・鍼と灸で、肩甲骨・体幹を緩め動きやすい状態を作ったうえで、肩甲骨周りの動きをつける導引

・一回目の施術で痛みは 10→4 3回目の施術でほぼ痛みなし

・鍼施術を受けると、胃もたれも調子良くなるとの事、継続して施術を行い、体全体をケアしたいとの事。

 

 担当よりコメント 

首の痛みの原因は、首だけにはありません。特に肩甲骨の動きに関係しています。万歳して腕が耳の位置に来ないと、肩甲骨の動きが悪くなっている可能性大です。デスクワークが続いたら、立ち上がり肩甲骨を動かしてあげましょう!

Ikubikata0


・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

下を向くこと

人間は首の骨は、全部で7個あります。

キリンも首の骨は7個です。哺乳類は首の骨7つです。

PC・スマホなど下を向く作業が多いと、だんだんと首のカーブが崩れてきます。

首には前後左右に筋肉がついていますが、下を向いていると首の前側の筋肉が縮こまって伸びにくくなります。

IMG_2591

そうすると、上に向きづらい、上を向くと首の後ろが痛いという状態が出てきます。

下を向く姿勢は、首だけが下を向くわけではなく、背中、腰、骨盤も前側に傾いてきます。

なので、施術も首が痛いから首だけというわけではなく、身体全体にアプローチする必要があるのです。

———————————————————————–

・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

 

日本橋再開発

布団の西川さんモ閉店セールをやっており、コレド日本橋に移るようです。

当院ビルの向かいのブロックの再開発による工事が始まるようで、ひっこしや飲食店などは閉店しているお店も増えています。

どんどんと綺麗でさっぱりとした街に変化していく日本橋に期待とともに、物寂しさを感じる今日この頃です。

古き良きを残し、味のある街になっていってくれることを期待しています。

IMG_2335

EDO鍼灸治療院ブログ

フェイスブック
最新情報はフェイスブック
ページからでもご覧になれます
日本橋の鍼灸院のページトップへ