西村院長のEDOブログ

補寫

鍼灸には虚実補寫するもの。
いきなり難しそうな言葉ですね。

鍼灸や東洋医学には、今の言葉には馴染みのない用語が沢山あります。
少し解説したいと思います。

虚実とは体の状態を表す言葉です

とは、冷えていたり、くすんでいたり、浮腫んでいたり、肌に張りが無い様な所です。血行が滞り元気が不足している状態。
とは、虚とは逆で、熱があったり、赤くなっていたり、腫れていたり、している所です。炎症や筋肉が緊張している状態。

補寫とは

上に書いた、虚や実になっている所を、虚している所は血行を良くしたり、気の流れを補い作ってあげて元の元気な状態にしていきます。
実になっている所は、熱や腫れを散らしていくように寫という方法をとっていきます。寫とは抜くと言うような意味です。
このように、鍼灸は補と寫を使い分け、身体を均してバランスを整えていくのです。

具体例

肩こりで、カチコチになっていて、下半身が冷えている方の場合。
下半身は虚の状態となり、そのために上半身に緊張し実の状態となっています。
この場合、下半身の虚の部分を補ってあげるように治療を行いますと、カチコチの実の部分も弛んできます。
このように、実の部分に寫をしなくても良い場合もあります。

鍼灸の学校の時から、鍼灸は補寫を行うものとは知ってはいましたが、治療を行うにつれこのことがなるほどなと思う今日この頃です。

寒さが身に堪える

最近寒さのせいか、体調を崩す人が多いです。

お風呂はかき混ぜないと、下が冷たく上が熱いですね。

人間も同じ様に、体の巡り、上下の血のめぐりが良くないと、上が熱く、下が冷たくなってしまいます。

上半身に熱がこもってしまうと、特に頭に近い所に症状が出てきます。
頭痛、めまい、手のしびれなどです。

下半身が冷えると、足の冷えはもちろん、腰痛、お腹の痛み、婦人科系の症状などが出てきます。

はり灸では、この巡りの滞りを見つけ、鍼やお灸で刺激して滞りを減らし、血の巡りを良くしていきます。

なので、首が痛い、頭痛がしていると言った上半身の症状でも、足やお腹にも鍼やお灸をしていき全身のバランスを整えていきます。

またご自宅でのセルフ灸をアドバイスさせて頂いています。

冷えを改善していき、寒い冬を乗り切りましょう!

EDO鍼灸では継続して、お灸の普及目指しお灸講座を行っています。こちらにも是非ご参加下さい!

EDO鍼灸のお灸教室

EDO鍼灸 西村

 

 

 

新年あけましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

本日より通常通り受付しております。

例年に比べ、暦の関係で6日間と多めにお休みをいただきました。英気を養え昨年以上に仕事に励めそうです!

私事ですが、1/3.4と家族で鬼怒川温泉に行って参りました。

鬼怒川は、東京よりも空気が冷たく澄んでいました。

自然の中で露天風呂に入りボ~っとしていると心身共にリラックスでき、体が軽くなります。

私たちの治療というものは、患者さんに心身ともにリラックスして頂くことが大事だなと思いました。

痛みや症状を軽くすることはもちろんですが、気持ち良い治療、癒される治療、頼られる治療家、ホッと出来る治療院を目指します。

2014年もEDO鍼灸治療院をどうぞよろしくお願い致します。

EDO鍼灸治療院

西村

 

 

 

 

 

 

 

 

年末年始のお知らせ

今年もありがとうございました。

沢山の患者さんから色んな事を学び、また支えて頂き充実した一年でした。

来年も皆様の健康をサポート出来れば光栄に思います。

今年より、よりよい質の高い治療を目指し励んでまいります!

年始は、1月6日(月)

より営業しております。

来年もどうぞをよろしくお願い申し上げます。

西村

お腹のコリ

お腹もコルの?と思われるでしょう。コルんです!

肩がこる、背中が張る、腰が痛い、ふくらはぎが張るはよく聞くと思いますが、
お腹がコル・胸がコルってあまり聞かないと思いませんか?
凝ったり、痛んだりする場所は体の後ろ側に感じることが多いです。

体の後ろ側の筋肉は、立ったり座ったりするときに体を起こしている筋肉です。
そのため長く立っていたり、座りっぱなしを長くしていると、背中側の筋肉が疲れて、コッてきたり痛んだりするのです。

では、体の前側の筋肉の役割はどうでしょう。
おおざっぱにいうと前側の筋肉は体を内側に曲げる作用があります。

日本橋で仕事をされている方はデスクワークの方が多いですが、
デスクワークは、ずーっと座って体を起こしているので、背中側の筋肉が疲れてきます。
そのため姿勢を維持できず背中を丸めた姿勢を取ってしまいます。
この時、体の前側の筋肉は縮んだままなので、伸びづらくなってしまいます。
これがお腹や胸の筋肉にコリを作る原因の一つです。

精神的ストレスもお腹にコリを作る原因です。
プレッシャー・不安・恐れなどを感じると体を屈めた姿勢になります。
お腹に力を入れてストレスに耐えているのです。

では何でコリを感じないかといいますと、おそらく、立ったり座ったりするときに常に負荷がかからないからだと考えています。
たまに、首の前側や胸がコルという方もいらっしゃいますが、これは症状が慢性化している方に多いですね。
体の後ろ側の筋肉だけでは支えきれなくなって、前側も緊張させているのでしょう。

治療でも、肩が痛い、腰が痛い、もちろんその部分も治療しますが。

前側の筋肉をしっかり緩めていくことも大切です。

前側の筋肉がゆるむと・・・

良い姿勢が取りやすくなる→姿勢が良くなると肩や腰が痛くなりにくくなる

お腹の調子が良くなる→全身に栄養が行きわたり元気になる

お腹が膨らむので、呼吸が楽になる→酸素が全身にいきわたる

足が温かくなってくる

といった効果があります。

腹診

東洋医学特に日本鍼灸・漢方では、お腹を重要視します。腹診と言います。
お腹には、お身体の状態を反映しているのです。

どこが固いか、冷えているか、元気がないか、等を診ていき、体の様子を探っていきます。
どこを治療するかの決めていきます。

症状が慢性化している方には、お腹の治療は大事です。

お腹のコリを作らないためには・・・

背中を丸めて座らない。

時々背すじを伸ばす

胸のストレッチをする

深呼吸をたまにする

冷たいものは控えめに

脂っこい物も控えめに

ストレスをため過ぎない

日本橋の銀杏

銀杏とかいてイチョウと読むんだと変換して初めて知りました。ギンナンも同じ漢字です。

それはさておき、日本橋のたもとにあるイチョウの木が良い具合に色づいています。
日本橋あたりはビルルがたち並んでいて日影が多いので、一様に黄色くなりません。
日本橋のたもとのイチョウは、南側に遮るものが少ないので見事に色づきます。

DSC_0727 DSC_0737
三越側より見たイチョウ                首都高速とイチョウ

東京はあまりギンナンが落ちているのを見ないと思いませんか?
私の予想では、朝早くに誰かが拾っているのだと思います。

ギンナンの実の効用について調べてみました。
漢方薬にもギンナンが調合さているものがあります。

効用は、咳を止め 痰を減少させる 夜尿防止

ギンナンは中毒性があるので食べすぎには注意です。

美味しい食べ方:

茶封筒に入れて電子レンジでチンすると簡単に召し上がれます。お酒のつまみに最高です。特に日本酒。
詳しくはコチラ

旬の物は体を元気にしてくれます。旬の物を食べて寒い冬を乗り切りましょう!

 

 

母さんお肩をたたきましょ

昨日は母校、国際鍼灸専門学校の同窓会総会に出席してまいりました、自宅は学校の近くなのですが、なかなか伺えずにいました・・・すみません。

その中で鍼灸の名門校、後藤学園の理事長、後藤修司先生の講演がありました。
内容は鍼灸をとりまく国際情勢というものでした。鍼灸は戦地や被災地またなど物資の乏しい所でも活躍しているということ、アメリカではセレブ層が美容鍼が流行っているということなど、色々為になるお話でした。

とくになるほどなと思ったお話。

『肩こり』という言葉ですが、これは日本独特の表現で海外には同じ意味の言葉ありません。外国人は、肩の痛みなどと表現するそうです。

日本人は、昔から『こり』という微妙な体の変化を言葉で表現していて、『こり』が痛みになる前に対処していました。その例として、母さんお肩をたたきましょという歌や、肩たたき券、お風呂にゆっくり浸かるなど、体の歪みが小さいうちにそれ以上酷くならないようにするセルフケアをしていました。

ところが最近の日本人は、厚生省のデータ(少しデータ古いです)によると肩こりにたいして何もしないという回答が一番多かったそうです。ちなみに2位は売薬をのんだりつけたりしているです。鍼灸マッサージは3位です。

『こり』は体に歪みが出来ているよというサインです。
『こり』という小さな歪みのうちに、治しておく事が大事です。大きな病気にかかりずらくなります。

昔から日本人は繊細な感性をもち小さな歪みのうちに対処する知恵をもっていました。

現在の日本人は、昔とは生活の様式が変わり、体に対して鈍くなっているのかなと感じています。

肩こりは確かに辛いですが、体が治りたがっているサインです。
そんな時はお子さんに肩を揉んでもらうとか、お風呂にゆっくり浸かるなどして体を休めてあげて下さい。
お灸も肩こりにはぴったりですね。

EDO鍼灸 西村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新名刺

image (1)

今まで名刺は自分で作ってプリンターで印刷していたのですが。

今回は、S先生にお願いしてデザインを作って頂き、印刷屋さんに出しました。

スッキリした、素敵なデザインになりました。

私の名刺をおもちでない方はおっしゃって下さい。

さて、寒くなってきて肩こりや腰痛が辛くなってきている方が増えています。

寒さで身を縮めるようにするので筋肉がこり痛みが出てきます。

マフラー、カイロで防寒して、夜はゆっくりお風呂に浸かりお休みください。

EDO鍼灸 西村

 

 

 

 

FACEBOOK

FACEBOOKってご存知ですか?SNSってやつです。

私もやっています、西村FACEBOOKページ。殆ど個人的な内容です。

EDO鍼灸名義のページもあります。EDO鍼灸FACEBOOKページ
コチラは、予約状況や近況について書いています。

EDO鍼灸の患者さんや、私を知っている方は是非お友達申請してください。

私が失礼ながらお名前を忘れている場合もありますので、メッセージを添えて頂けると助かります。

EDO鍼灸

西村

 

 

 

気になる通り 

以前から、日本橋で気になる通りがあります。

K3200105

その名は、按針通り(アンジンドオリ)という通りです。

私の職業、鍼灸 按摩マッサージ師となんだかゆかりを感じます。

昔、按摩と鍼師の住まいがこの辺りに多かったんだろうと勝手に思っていました。

が、調べてみると違っていました。

江戸時代初期、イギリスの外交顧問として家康につかえた、ウイリアム アダムスの日本名三浦按針よりきているそうです。按針の屋敷がこの辺りにあったそうです。
同じ様な由来の地名で、八重洲がある。この地名、オランダの航海士ヤンヨーステンの名前からきています。
しかし、ヤンヨーステン→八重洲は分かる気がしますが、アダムス→按針(アンジン)は無理があるなと感じますね(笑)

名前の由来は私の勝手な思い込みでしたが、なんだか通るたびに親近感を覚える通りであります。

日本橋・EDO鍼灸治療院

西村

 

 

 

 

 

 

 

 

EDO鍼灸治療院ブログ

フェイスブック
最新情報はフェイスブック
ページからでもご覧になれます
日本橋の鍼灸院のページトップへ