西村院長のEDOブログ

梅雨

もうすぐ梅雨ですね。

湿気が多くなります、もともと体の水はけの良くないかたは「湿」の影響を受けやすく

身体に重だるさや、意欲の低下、食欲がないなどの症状がでてきます。

舌を鏡で見てください、歯の跡が舌の横についている方は、体がむくんでいる証拠です。

胃腸の働きの低下は、水分代謝の低下を招きます。

冷たい飲食、脂っこいものは避け、胃腸の働きをよくし、

入浴、ウォーキングなどで適度に汗をかき、

身体の水はけを良くしてあげましょう!

2017-06-04_11-15-06_780 2017-06-04_11-15-01_341

あじさいと桑の実

 

 

 

鍼灸祭に行ってきました

5/21(日)に鍼灸祭へ行ってきました。

鍼灸祭は毎年五月の第三日曜日に湯島聖堂にて行われます。
鍼灸祭というと、何をするのだろうと思われるかもしれませんね。

湯島聖堂のホームページにも記載があります。

 

鍼灸祭は日本のすべての鍼灸の団体が協力して、流派や学派の相違を越えて鍼灸の発揚のための集まりを持ち、鍼灸を創生した先達への祭礼鍼灸関係物故者の慰霊をとり行い、鍼と艾への感謝をすると同時に、各学派・流派の学術講演などを行い、広く親睦を深めつつ鍼灸の啓蒙普及に努める機会でもあります。

 

今年もまずは祭礼から始まりました。

その後は、

森ノ宮医療大学大学院教授の長野仁先生の講演

灸法臨床研究会講師、東京九鍼会講師の福島哲也先生の実技供覧

と続き、その後は懇親会です。

去年は西村院長と一緒に参加しましたが、今年は一人です。
とはいえ、昔行っていた研究会の講師の先生方、私が卒業した学校の恩師、友人などなど知り合いが沢山来ていました。

 

今年の実技供覧をしてくださった福島先生はEDO鍼灸治療院にも患者として来てくださるとても面倒見のよい先生です。
ある時、何かの飲み会で「今度行くから!」とおっしゃり、お酒が入っての言葉だと思っていたら、本当に日本橋に福島先生が!福島先生の治療をする = マンツーマンの講義のようなものです(苦笑)。こんなにありがたいことはありません。自らの身を提供して後進の指導をしてくださるという本当に心の優しい先生です。

IMG_0199

懇親会にてお灸について話す福島先生

鍼灸祭は学会などとは違い、和気あいあいとした雰囲気の中で有名な先生のお話を聞いたり、懇親会でも貴重な放出品に舌鼓を打ったり(笑)、普通の勉強会とは一味違う鍼灸の交流の場です。
来年はまたまた面白い講演が聞けそうなので、一年後が楽しみです。

 

※ 鍼灸祭については東京九鍼研究会の講師の間 純一郎(はざま じゅんいちろう)先生がご自身のブログでアップなさっています。祭礼の様子や講演のことなど分かりやすくまとめていらっしゃいます。ご覧になりたい方はこちら

休み明けのコンディショニングには鍼灸を

長いと思っていた休みも始まってしまえば、あっという間に終わってしまいますね。休み明けは自律神経のバランスが崩れがち、すっきりしない体調が続いていませんか?

鍼灸は、コリや痛みの治療だけではなく、血流の改善や自律神経の乱れから起きる「怠い」「疲れやすい」「やる気が起こらない」といった症状の改善にも効果があります。いまいち調子の上がらない体を鍼灸治療で目覚めさせましょう。

hari

神田祭

5/11~17 神田祭りが行われます
http://www.kandamyoujin.or.jp/kandamatsuri/

5/13(土)は神幸祭といい、江戸・東京の下町を巡行し、祭礼絵巻を繰り広げる神田祭のメイン神事 が行われます。

神田祭、山王祭、深川祭は、江戸三大祭りとよばれる大きなおまつりです。

山王祭と神田祭は2年に一度交互に行われ、今年は神田祭です。

今週末は日本橋に足をお運びください。
※EDO鍼灸院のある日本橋1丁目は、赤坂日枝神社(山王祭)の氏子なので、当院に来てもお祭り騒ぎはありませんのでご注意ください。お祭りは日本橋を渡った三越側日本橋室町でお神輿が出ます。

2017-05-11_21-26-31_063

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三越の前の提灯がお祭りムードを醸しだしていました

2017 4/12 本日のサクラ

日本橋のたもとには桜のがあります。

ソメイヨシノ 枝垂桜 八重桜 咲く時期が異なりまだ桜を楽しめますよ。
ソメイヨシノはもう大分散って居りますが、今日はこんな感じです。

2017-04-12_09-36-55_643 2017-04-12_10-07-48_685

枝垂れざくらはまだ見頃で、八重桜はこれからといった感じです。日本橋に春を感じにおいでくださいませ。

過去のサクラの記事のリンクを載せて置きます。以前は一眼レフで撮っているので綺麗に撮れています。
最近は無精になりついiPhoneで撮ってしまいます。上の写真もiPhone5sで撮りました。十分綺麗に撮れますね。

2014年のサクラ

2015年のサクラ

2016年のサクラ

EDO鍼灸のFACEBOOK

EDO鍼灸のツイッター

セルフケアのツボ

合谷(ごうこく)というツボをご存知ですか?人差指と親指の骨が合流するころで、やや人差指よりにあり、押すとジーンと響くところにありますが、万能のツボとも呼ばれており、特に鎮痛効果を目的に使われているツボです。

ブログ 合谷

例えば顔の周辺で起きる症状、頭痛や歯痛、のぼせなどにも用いたり、肺や大腸の反応と関係しているツボなので、下痢、便秘、腹痛などの治療の時にも使われたりします。

ブログ 合谷2

お灸を使い温めることももちろん効果的ですが、親指と人差し指で挟み押ししてもOK。春は気持ちの疲れもたまりやすい季節、お腹の調子も今一つな方も多いと思います。手軽にできるセルフケアをお試し下さい。

 

北京中医薬大学研修 中日友好病院

2017年3月12日〜18日まで北京中医薬大学の鍼灸短期研修に行ってきました。

鍼灸師になろうと思ってから中国に行く機会が増え、今回は5回目の北京来訪でした。

中国で行われる様々なタイプの研修や学会に参加しましたが、今回の研修は今までの研修とはかなり違っていました。

少人数だからできたことでしょう。参加者が勉強したいこと、日頃の臨床で治りにくい症例を事前に聞かれていて、それに合わせてプログラムを組んでくれました。贅沢なオーダーメードの北京研修です。

病院での臨床見学だけではなく、合間には座学や実習。夜も見学や講義が続いて終わるのは22時前。かなり体力を使う研修でした。臨床見学の間はずっと立ちっぱなしなので足も疲れます。 疲労で体調を崩している参加者もいました。

研修でよくあるのは、夜は自由なので飲みに行って翌日が辛いというパターンですが、今回は飲みに行く時間さえなかったので私は却って体調は良かったです(笑)。

 

今日は最初の見学先、中日友好医院の胥荣东老师のことを紹介します。

China Japan Friendship Hospital

この先生は置鍼(鍼を刺したままにしておくこと)はしません。しかも鍼の刺鍼技術が独特です。武術の拳を打つように鍼を「シュッシュッシュッ!」と高速で打って手技をしていきます。

「武術や気功を練習することで鍼の技術も上達する」と仰っていましたが、この先生の刺鍼方法は武術をしている人でないとできない種類のものでした。真似しようとしてもそれなりに訓練をしていないと真似はできない。

あっという間に拳を打つように鍼を打つので治療時間も短いです。

10分ぐらいで終わります。見ていて鮮やかな鍼さばきです。

20170313_095708

頚部ヘルニア、突発性難聴、月経不順、めまい、変形性膝関節症、脊柱管狭窄症、等。

見学している間にいらした患者さんの疾患は多岐に渡ります。

20170313_085159

 

IMG_8983

先生の著書を一人一人に名前入りでくださいました。

さっと筆を取り出してサラサラと書く姿がかっこいい!中国の先生は書に長けた方が沢山いらっしゃるようです。

 

中島

 

腹筋と腰痛

腰痛の施術に欠かせないのが腹部の施術です。

私が痛いのが腰でお腹ではないよと思われるかもしれませんが。

腹部と腰は切っても切れない関係なのです。

身体の痛み全般に言えますが、腰痛、肩こり、頸の痛み、胴体の部分の痛みって体の前側ではなく後ろに感じませんか?

なぜなら、体の後ろ側の筋肉は姿勢維持に主に働く筋肉だからなのです。

また、仕事、作業など日常生活では、前屈みの多いのも体後ろの筋肉の疲労を招き痛みを起こす原因なのです

では、お腹の筋肉がなぜ腰痛に関わるのでしょうか?

それは、腹の筋肉が硬くなると、腰の動きを制限してしまいます。

主に腰の反らす動き、捻る動きを制限してしまいます。

制限のあるまま、座る、立つ、歩く、仕事する、スポーツするなど繰り返すうちに。

お腹の反対側の腰の筋肉が疲労し、腰痛を起こしてしまいます。

そうならない為には・・・

・正しい姿勢を身に付ける

・正しい動き方をみにつける

・ストレスを溜めない

ことが大切です。

腹部の硬さは、腰痛以外にも、猫背の原因にもなるので、頚肩凝りの原因にもなり

また内臓の動きを制限することが考えられ、呼吸が浅い、生理痛、ガスが溜まる、胃腸の調子が悪いなど内臓の調子にも影響します。

EDO鍼灸では、日本伝統鍼灸の腹診により、お腹の状態を診、お腹の施術を重要視しています。昔の人の観察眼は鋭いものですね。

※分かりやすくお腹の筋と表現しましたが、腹部の筋は所謂シックスパックだけではなく、腹斜筋、腹横筋、腸腰筋、横隔膜ななどを指しています。それぞれの筋の働きは異なり、鍼灸のアプローチも違ってきます

ツイッターhttps://twitter.com/edohari

FACEBOOK

 

春の養生

 漢方医学では、その季節に手に入る物を使って体調管理を行います。それぞれの季節に旬を迎える物は、
人が生命活動を行う上でも必要になる物が多いという考え方です。

 これから迎える春は寒→暖の切り替えの時期で、肉体的にも精神的にも負担が多く、
栄養補給が必要となる時期です。灰汁と繊維質の強い山菜類を食べることで代謝をあげて、
冬の間にたまっていた体の中のゴミを掃除しましょう。

 そして疲れた身体に新しいエネルギーを蓄えるため、菜の花やブロッコリーなどの
新芽を積極的に取りましょう。春の柔らかい野菜たちは消化しやすく、疲れた胃腸にもやさしい優れものです。

 季節の食べ物を意識して食べることは、体の調子を整える事につながります。
今年の春の体調管理には旬の食材をお試し下さい。

ブログ 春の食材


FACEBOOK
ツイッター





3月のお知らせ

3月のおしらせ

小守3/28(火)は出勤いたします。
通常火曜日休みですが、28日12~20時は出勤いたします。
まだ予約に空きございます。お早めにご予約くださいね。

中島 3/14(火)~18(土)は北京研修のためお休みします。
北京に鍼灸研修に行ってきます!ご迷惑おかけいたします。
研修中は急な症状などございましたら、代診可能です。
カルテにてお身体の状態を把握してりますので安心して施術を受けにいらして下さい。

中島3/9(木)15~20時出勤は出勤いたします。
通常木曜休みですが、北京研修前に出勤いたします。

西村 3/27(月)はお休みいたします。

予約の空き状況アップしております↓
http://edo-harikyu.com/contact/state

花粉症の症状がではじめていますね。

花粉症の方の体質として、むくみっぽい、頭に熱がのぼりやすい体質の方が多くみられます。
鍼灸のアプローチとして、
・お腹のかたさをやわらげ胃腸の働きを良くし体の余分な水分を排出しやすくする
・頭・顔に昇った熱を逃がす 手のツボ 肩周りをゆるめる 下半身の血液循環をよくする
この二つを目標に行います。

肩こり腰痛など身体の痛みだけでなく。鍼灸は体質の改善にも効果的です。
心地よく体に響く鍼を味わってみてください。

 

 

 

 

20 / 35« 先頭...10...1819202122...30...最後 »
EDO鍼灸治療院ブログ

フェイスブック
最新情報はフェイスブック
ページからでもご覧になれます
日本橋の鍼灸院のページトップへ