西村院長のEDOブログ

肩甲骨のコリ

IMG_5612

肩甲骨の内側が凝ると訴える方が多くいます。揉むと気持ちよいといいます。

ただ、この場所をいくら一生懸命揉んでもなかなか、コリはなくなりません。

 

原因が他にあるからです。肩甲骨には前後左右といろんな方向に筋肉がくっついています。

胸の筋肉、腕の筋肉、首の筋肉、肩の筋肉、背中の筋肉、です。

これら筋肉の引っ張り具合を整えてあげないとなかなかコリ感は無くなりません。

特に胸、脇の筋肉が硬くなっている事が多いです。

また、腕の筋肉にも緊張が取れない場所が出ていて、肩~腕~手の動きがスムーズに行われなくなっています。

この肩だけではなく、腕、手への連動した動きをスムーズにしてあげると、症状が改善していくと考えています。

頚肩の鍼灸治療症例

鍼の種類

鍼灸治療で使う針にはいろいろな種類があります。

必ずしもお体に刺すとは限らず、鍼の中にはお体に刺さないタイプの針もあります。

たくさんある種類の中から、

患者さんの体質・症状や治療目的などに合わせ、最適なものを選んで施術しています。

一番手前の針以外は、刺さないタイプの針になります。IMG_1161

 

桜が咲きました

すっかり春らしい陽気になりましたね。これで花粉症がなければどんなに気持ちのいい季節か・・・。

普段の平日の日本橋では見かけない子供達もチラホラ、一生懸命桜の写メを撮っていました。春休みを楽しんでいる感じが伝わってきます。

日本橋の桜も満開です、お立ち寄りの際は是非ご覧ください。

桜 2018

日本橋の桜情報

日本橋には桜の木が沢山あります。

桜の種類も豊富で見頃が種類により異なり、長い間桜を楽しめます。

開花はまだですが、おすすめスポット過去撮影した写真をもとにお知らせします。

日本橋交番前のソメイヨシノ

2017-04-12_10-07-48_685

国分前の枝垂れ桜
DSC_0267 (1024x678)
按針通り 室町 オカメザクラ 今が見頃

DSC07552

 

交番前の枝垂れ桜 今少し咲いています

日本橋の桜

天津へ行ってきます!

3/17(土)〜24(土)の間、天津で行われる中国鍼灸研修に行ってきます。

EDO鍼灸治療院で勤務するようになってから3回目の中国研修ですが、毎回同じ主催者の方が面白いプログラムを作ってくれます。今回のテーマは小児科について。

中国では「小児推拿(しょうにすいな)」と言って、赤ちゃんや子供の背中などをマッサージする治療法が一般的です。私も小児推拿のセミナーには行ったことがありますが、大人がやられると非常に痛いものです。
今回はそれ以外の小児科手法も勉強してきます。

天津と言えば醒脳開竅法(せいのうかいきょうほう)という脳卒中後遺症の治療法で有名ですが、その治療の様子も見てきます。

中国は病院の中に鍼灸科があるのが普通で、鍼灸文化の土壌が日本とは全く違います。色んな刺激を受けて、パワーアップできることでしょう。

お休みの間、ご迷惑をお掛けするかもしれませんが、今後の治療に活かせるように頑張ってきます。

tenshinBlog

美容鍼灸のすゝめ

EDO鍼灸治療院では美容鍼灸も行っております。

美容鍼灸は
◎血行を良くし、血色よく艶のある肌へ。美白効果も。

◎老廃物を排出しやすくし、むくみ・くま・くすみの改善。

◎表情筋を刺激することにより、リフトアップ・たるみの改善・表情しわの緩和。

など様々な効果があります。

 

今回、中島先生をモデルに美容鍼灸やってみました。

左:施術前、右:施術後 です。

IMG_1011

特に目の周りと顎周りがスッキリしました。

EDO鍼灸治療院の美容鍼灸コースは3つあります。

40分・・・お顔メインの鍼治療 5940円
60分・・・お顔+お体部分治療  8640円
90分・・・お顔+全身治療      11340円

※初診時には初診料1000円 (ネット割引)がかかります。

コースはご希望に合わせてお選びいただけます。

お顔がスッキリすると気持ちもスッキリしてきます♪

是非、お試しください!

 

足の冷えに「三陰交(さんいんこう)」

冷えの治療によく用いられるツボの三陰交。消化吸収・水分代謝・生理機能に関係が深い三本の経路が交わる点にあるツボです。

東洋医学では冷えの原因を消化吸収の低下(熱が作り出せない)、水分代謝の低下(余分な水分がたまり冷やす)生理機能の低下(内臓にいつもの元気がない)と考えます。症状が一つでもあてはまり、冷えにお悩みの方は三陰交を温める「温活」を始めてみませんか。

 

内くるぶしの一番高い所に小指を置き、指幅4本分上に上がった場所に三陰交があります。ツボは500円玉くらいの範囲で存在すると言われているので、大まかに取穴ができれば大丈夫。お灸がなければカイロや足湯でもOK。一番大切なのは継続です。

三陰交 場所

 

お灸

鍼灸院というと鍼治療のイメージが強いのではないでしょうか?

俗に鍼灸師といいますが、正式には はり師 灸師と資格が別なのです。

国家試験で、鍼が落ちて、灸が受かった場合、灸師となります。

当院も鍼「灸」治療院といまいう名称ですから、もちろんお灸はやります。

お身体の状態により使用する、灸法は違います。

お灸は、モグサという、ヨモギの葉を裏側の白い部分を乾燥させたものを使用します。

直接肌に据えるタイプのお灸は、混じりけの少ない上質なものを使用します。

IMG_1294 IMG_1296

 

 

 

 

左がモグサで、右がモグサを小さく捻って肌に据えたところです。
この後、線香で火を付けて行きます。
実際は、お灸を据える場合は、灸点紙というシールを貼って、火傷にならないようにします。

お灸は血の巡りを良くして、冷えの改善に効果的です。

セルフでも灸は可能で、患者さんにはよくツボのとり方や、お灸の方法をお伝えしています。

その方のお身体の状態により、適切なツボは違ってきます。お灸を自分でやりたい方は、一度鍼灸師にご相談されてみて下さい。

 

 

 

よろしくお願いいたします。

この度、EDO鍼灸治療院で働くことになりました、

鍼灸師の清末美月(きよすえ みづき)と申します。

月・火・水・金曜日:12時~20時
土曜日:10時~17時

出勤しております

鍼灸治療の良さを実感し、この道に進みました。
EDO鍼灸治療院にいらっしゃる患者さんのお役に立てるよう、
頑張りたいと思います。
まだ不慣れな点も多いかと思いますが、
何卒宜しくお願い致します。
IMG_2949

今週も・・・

天気予報をあまり信じておらず、先日の雪には驚かされました。

今週も雪の予報が出ています。週末に外出を予定されている方はどうぞお気をつけて。

EDO鍼灸治療院ブログ

フェイスブック
最新情報はフェイスブック
ページからでもご覧になれます
日本橋の鍼灸院のページトップへ