西村院長のEDOブログ

症例報告:胃食道逆流症

逆流性食道炎の方が随分と多いです。欧米化した食生活だけではなく、長時間のパソコン作業で前屈みの姿勢や猫背になって作業を続けているのも増加の一因と言われています。

40代 女性

胃食道逆流症と診断された。ただし、検査しても食道に炎症はない。食道から左腕にかけて痛みが走る。

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

・みぞおちの辺りに痛みが出て、みぞおちから左胸、左腕の方に痛みが走る

・最初の妊娠以来痛むようになった

・内視鏡などの検査をしても異常なし

・痛みがあるので生活の質が下がる

・脂っこいものやアルコールを摂取するとみぞおちの痛みが出る

・ひどい時は夜間に痛みで目覚めることがある

  

 お身体の状態と見立て】

・背部、脊柱起立筋ライン(心兪~胃兪)の盛り上がりが顕著

・おなかの臍右下を押されると痛い

・自分ではストレスがないと言っているが、話を聞くと外国での生活(お子さんのことや学校関係のコロナの対応)の心配事が多い

・頭部を触られると不快

 

 鍼灸施術と経過 

・基本的には体全体の緊張を取る施術。本人の訴えはないが背部の硬さが顕著な所、そのライン上に施術

・毎回おなかのコリ、硬さは違うのでその都度確認して施術

・二回目の来院時、激痛が出ることはなくなったと喜んでいた。二回目の後にはみぞおちの痛み以外の全体的な生活の質の向上を実感するとのこと

・週一のペースで治療継続中

 

 担当よりコメント 

胸やけ症状 目に見える炎症
胃食道逆流症 逆流性食道炎 ある ある
非びらん性胃食道逆流症 ある ない

(上の表はおなかの健康ドットコムを参考に作成しています)

逆流性食道炎の方は多いですが、今は良いお薬が出ているので服用している方も多いと思います。お薬を飲んでもあまり改善が見られず、今回の方のように不快症状が続いている場合は鍼灸施術も選択肢として考えてもよいのかもしれません。鍼灸は体の自律神経のバランスを整える効果があります。

今回EDOにいらした方は検査の結果、炎症などは見られない。でも辛い不快症状がある「非びらん性胃食道逆流症」です。薬を飲んでもあまり変化がないので鍼灸を試してみたかったそうです。痛みストレスも減ったせいか、初診時にいらした方とは別人のようになっています。鍼灸施術は自律神経のバランスを整えるのが得意なようですね。


友だち追加

・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

腰痛はお腹を緩めることが大事

はり灸では腹診と言い、お腹を触って身体の状態を確かめていきます。

お腹は、つきたてお餅のようにふっくら柔らかい状態が良いとされています。

ストレス、姿勢、飲食のかたよりなどで、お腹に冷えや緊張、むくみ、瘀血(血の巡りが悪い状態)などの反応が出てきます。

 

腰痛で特徴的なのが、お臍の下、鼠径部付近に筋肉の緊張が出ている方が多いです。

line_oa_chat_220401_130946

ココには大腰筋と腸骨筋という筋肉があります。二つ合わせ腸腰筋といいます。この筋は股関節を前に曲げる筋肉です。インナーマッスルというやつです。

特に座りっぱなしの仕事の方は常に股関節を曲げているのでこの筋が硬くなりやすいです。

椅子に浅く座り腰を丸めた姿勢だとより筋肉が収縮し硬くなります。

line_oa_chat_220401_130949

この筋が硬くなって起きる腰痛の特徴として、

・椅子から立ち上がるときに腰が伸び辛く「痛ててっ」という状態になります。

・仰向けで寝ると腰が痛くなります。

・ぎっくり腰を起こしやすくなります。

・お臍から下が冷たく感じることがあります。生理痛を訴える方も多いです。

・歩くときに小股になります。

腰痛の方の多くはこの腸腰筋が硬くなっています。

痛みを感じるのは腰ですが、原因はこのお腹の奥の腸腰筋にあるので、痛みの出ている腰だけを揉んだり、鍼を打っても改善しないことが多く、この腸腰筋をしっかり緩め腰がしっかり伸びる状態を作っていくことが腰痛の改善には大事なのです。

腸腰筋を硬くしない3箇条

・30分に一回は立つ・歩く

・床やソファーには長く座らない

・腰を丸めて座らない

 

 

 

 

 

 

 

症例報告:疲れが取れない、眼精疲労

20代 女性

疲れが取れない、眼精疲労など

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

疲れがとれず身体がだるい

・眼精疲労

・頭がぼーっとする

  

 お身体の状態と見立て】

毎日疲れがとれず朝から身体がだるくやる気が起きない

・特に食後だるくて動きたくなくなる

・眼精疲労がひどく目の奥が痛くなる

・頭がぼーっとして、ふらふらすることが増えた

 

半年前に異動で新しい部署に配属。異動前も忙しくはあったがそこまでストレスを感じたことは無く、

疲れが残るということも無かった。しかし異動後とても気を使う業務内容となり、かなりストレスが増えた。

もともと味の濃い食べものが好きではあったがストレスが増えたせいか、

より味の濃い食べものを好んで食べるようになった。食事の時間も食べる量もバラバラでかなり偏りのある食生活を送っていた。

精神的ストレスや疲労が続いたことに加えて、不摂生な食生活により、

体内の消化吸収機能が低下し気血の生成が悪化、身体をうまく栄養できなくなることにより、

身体のだるさが生じていたと考えられる。また食後は内蔵に負担がかかるため、

身体のだるさはより悪化し動きたくなくなるという状態がおこっていた。

また栄養物質を身体上部へ行き渡らせる機能も低下し、

思考力の低下やふらつき眼精疲労などの各頭部症状が起こったと考えられる。

 

 鍼灸施術と経過 

内臓の状態を整え消化吸収能力を高める

・気を補う

・眼の周りに刺針し、眼精疲労の改善

 

以上をメインとした施術を行った。

1

1週に1回のペースで4回治療。

現在は2週に1回で治療継続中。

鍼治療後、翌朝に身体がとても楽になって驚いた。

眼の疲れが取れ身体がだるくないというのを久しぶりに感じ、

定期的に治療を続けより良い状態をキープしていきたい。

せっかくなので食生活も見直しなるべくバランスの良い食事に切り替えようという気持ちになった、とのこと。

 

 担当よりコメント 

なかなか疲れが取れず朝からだるくしんどい。けれども仕事はしなければいけない。

やる気も起きないし頭も回らないので食事も適当になりがち、そして更に体調が悪化する辛い悪循環ですね。

そんな辛い毎日から解放されるよう、鍼灸治療がそのきっかけになればいいなと思っています。


・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

ツボおしで花粉症ケア

鼻みず・鼻づまり、眼のかゆみ…色々な症状で悩まされる花粉症。鍼灸では、肩こりや腰痛治療だけではなく、花粉症の治療も行っています。

 

花粉症と鍼灸治療

 

そんな症状を少しでも楽にするために、セルフコンディショニングとして使えるお勧めのツボをご紹介します。症状をゼロにするのは難しいので、症状の緩和が目的です。「痒くなっても、掻かずにツボ押し」を習慣にしてみて下さい。

合谷(ごうこく)

親指と人差し指の骨が交わる付け根の部分。様々な症状に効果があるといわる万能のツボで、鼻づまり・目の充血症状の緩和が期待できるツボ。

合谷

睛明(せいめい)

目尻と鼻の骨との間にある凹み。目が疲れた時につまみ押しをしたくなる部分。目の違和感や痒みの症状の緩和。

迎香(げいこう)

小鼻の膨らみ部分のすぐ側。鼻づまり症状の緩和。

晴明

※「痛いけど気持ちいい」位の強さを目安にして、20~30秒の持続圧迫を行います。目の際のツボを押します、感染のリスクを避けるため手洗い・消毒を行ってからツボ押しをしましょう。

頭蓋骨にあるツボの講師をしてきました

先日、頭蓋セラピストのセミナーの一環で頭の経絡のツボの講師をしてきました。

本来なら1月に行われる予定のセミナーでしたが、まん延防止重点措置が発令され、やっとリアルでの対面セミナーが終了です。

 

セミナーのために臨床でよく使う頭のツボを選別し、解剖学的な位置と効能についてまとめました。

 

line_oa_chat_220311_161957

頭のツボは臨床でもよく使いますが、私たちは体全体のバランスを診て治療をします。頭のツボに鍼を打つとしてもそこだだけを診ているわけではありませんし、効果もひとつではありません。

 

あえて経絡の話も入れてお話をしました。それが良かったです。頭のツボについてだけではなく、経絡にも触れたことで話が広がりました。自分の担当が終わった後も残ってセミナーを聞けたのもよい刺激になりました。ズームやウェブの勉強会やセミナーが増えましたが、体を触らないと分からない分野では実際に集まるのは貴重な機会です。

 

選んだツボすべての解剖学的情報を書くのはなかなか大変でしたが、やってよかったと思います。

 

line_oa_chat_220311_162044

愛用のお灸道具

今回はマニアックな話題です。お灸道具の話です

 

私が普段使っているのはこんな感じです。

①着火に便利なターボライター(サスティナブルなガス補充できるタイプ)
②灰皿 100均のやつ タバコ消し(線香の火を消すのに便利)
③艾(もぐさ)ヨモギでできています。これをごま~米粒大に捻って燃やします
今はこれを使っていますhttps://www.karadahouse.jp/fs/karada/gr_mogusa01/FGE00101

line_oa_chat_220304_183441

 

線香

香料を含まないので自然な香りです。山正の灸用線香です。お仏壇用と比べ太いので折れづらいのです。https://item.rakuten.co.jp/towatech2/046-0112-001/

line_oa_chat_220304_183445

 

お灸を据える動画です。こんな感じに捻っては火をつけを繰り返し熱を身体に入れていきます。

 

昔は自宅でお灸を据えていたようです。せんねん灸だけでなくお灸を極めたい方はセルフ灸お試しください。
※直接肌に据える灸は、小さい火傷になります。痕も残る場合もございます。

お灸はセルフケアにお勧めです。日本伝統のお灸を普及させる私の夢の一つでもあります。

西村

 

症例報告:不眠、足腰の冷えとだるさ、物忘れ

70代 女性

不眠、足腰の冷えとだるさ、物忘れ

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

よく眠れない日が多い

・足腰がだるくて仕方ない

・物忘れすることが多くなった

  

 お身体の状態と見立て】

以前より眠れないことはあったが、眠れない日がだんだんと増えてきている

・寝付いても少し眠るとすぐに目を覚ましてしまうことも増えた

・足腰が冷えてだるいため眠るときに湯たんぽを使ってみたところ、更に眠れなくなった

・ここ1年くらい物忘れすることが増えた

・寝汗をかくことも増えた

・心臓がドキドキして気になることがある

・顔が火照って赤くなり、めまいも気になる

 

数年前に病気の為入退院を繰り返していた。

病院で過ごすという環境の変化の為に眠れないと思っていたのだが、自宅療養になっても眠れない日が続き、それがストレスとなっている。

長く続いた病気の為に、

身体の必要なところを温め、必要なところを冷やすという相互関係が上手く働かなくなり、

陰陽のバランスがとれなくなった。

その結果、身体の中の熱を抑えきれずそれが上部を侵襲し不眠や動悸が起こり、

また熱がこもって顔のほてり、寝汗をかく。

反対に温めるべき場所が上手く温まらないために足腰が冷えてだるくなった。

さらに頭部をうまく栄養できないことによって、物忘れやめまいなどの各症状が起こったと考えられる。

 

 鍼灸施術と経過 

上部を侵していた余分な熱をとる

・心を安定させる

・陰陽のバランスを整える

 

以上をメインとした施術を行った。

1.52週に1回のペースで6回治療。

現在も月に2回程度で治療継続中。

鍼治療後はとてもよく眠れる。

その後しばらくするとやや元にもどるものの、治療開始前に比べると随分楽になった。

物忘れに関してはあまり実感はないが、足腰の冷えてだるい感じなどはかなり改善されてきた。

気持ちも楽になるので続けて治療希望。

 

 担当よりコメント 

よく眠り美味しく食べられる。生きていく上で必要なことですが、

悩みを抱えているかたは多いです。簡単なことのように思えることでも意外と難しくあります。

毎日すっきり眠れて気持ちよい朝を迎えられるように、鍼灸治療でお手伝いできればと思っています。


・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

花粉症と鍼灸治療

鼻水、鼻づまり、目のかゆみ・・・。今年もそろそろ花粉で悩まされる時期になってきます。

東洋医学では花粉症を、

①身体にこもった熱が炎症を悪化させる

②身体に滞った水分が、鼻水として止めどなく流れてしまう

という状態にあると捉え、頭や顔、頚肩周りのコリをほぐし、身体にこもってしまっている熱や、巡りが悪くなることで滞っている水分を流したり、熱の発生源となる胃腸の調子を整える治療(おなかの鍼)を行います。

ヨーグルトや納豆を食べる事で花粉症の症状が改善されるケースがあるようですが、これは腸内環境が整えられる事でみられる反応のようで、鍼灸治療でも胃腸の調子を整えることを大切にしています。

効果に個人差はありますが、症状の緩和や薬の量が減るなどの効果が期待できます。今年の花粉症には鍼灸治療もあわせてお試しください。

春先に多い「こむらがえり」

冬から春に移り変わる時期になると「こむらがえり」を訴える人が増えます。

 

こむらがえりは医学的には有痛性筋収縮といわれます。こむらがえりという名称はふくらはぎの腓腹筋のことを「こむら」と呼んでいたことに由来します。ふくらはぎや足の甲がつると言う人が多いですが、前側(前脛骨筋の辺り)がつる人もいます。つる場所は人によって様々です。こむらがえりは寝ているときに起こりやすいですが、動きすぎの筋肉疲労でもなりますし、動かなすぎでもなります。腰部脊柱管狭窄症、妊娠中の方、糖尿病の方などはこむらがえりになりやすいです。

 

東洋医学では春になると筋肉に関する不具合が起こりやすいとされています。冬から春にかけて人間の体も活性化してきますが、冬の間に蓄積したものを排出して体のバランスを整える必要があるでしょう。

 

ミネラル不足でこむらがえりになると言われていますが、ミネラルは筋肉や神経の伝導に役立っています。春野菜を食べてミネラルを補足することはこむらがえりの予防にも繋がります。現代人はミネラル不足と言われていますが、精製された製品や加工食品は加工される過程でビタミンやミネラルが除かれてしまう場合が多いようです。食品の質が変化してきているので、意識してミネラルを摂取したいですね。

★オススメの食品: 緑黄色野菜 海藻(ヒジキは特におすすめ) 魚介類 レバー バナナ ナッツ類 など

 

春になって体を動かしたくなる方もいるかもしれません。とても良いことですが、運動した後はストレッチをして疲労した筋肉をいたわってあげてください。ストレッチをするとしないでは、その後の体の状態が全然違います。急に運動を始めて不具合を起こす方も多くなります。こむらがえりになるから鍼灸院に来るという方はいませんが、色々ある症状の中でこむらがえりを挙げる人は結構います。腰痛があるとか、冷えるという方が多いので、それに対する鍼治療をするだけでこむらがえりは良くなります。

 

お身体で困っている事、鍼灸師に相談してみてください。

 

 

症例報告:ストレスと首横のこり

53歳 女性 人事関係

慢性的に肩こりを感じる。忙しくなると首の横から肩にかけてがちがちになる。

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

・首横から肩上部の筋のコリがひどい

・ひどくなると頭痛になることもある

・5年前に五十肩

・足はむくみやすい

  

 お身体の状態と見立て】

・みぞおちまわり、上腹部の緊張が強い

・肩甲骨間の背中が板のようにがちがちに硬い

・肩をすくめている。

・こめかみに青筋あり

精神的な緊張あると肩をすくめる姿勢を取りやすい。首の前側には頸動脈がありココを守という本能が働いていると考えられる。寒いときもここを冷やさないよう肩をすくめる。
ストレスで肩をすくめやすいのは女性に多いように思う、ストレスに敏感に反応しやすいタイプの方は上半身の力が抜けなくなって首肩こりの症状を起こしやすい。また同時に食いしばりをしておりこめかみの筋肉が緊張し静脈(青筋)が浮いて見えることがある。

 

 鍼灸施術と経過 

・首横~肩甲骨、首前の筋肉の緊張をとる、左肩の動きに制限があるためココも施術。(辛い所の施術)

・上半身に緊張がある方は、下半身の緊張が少ない傾向にあり、下半身に力を入れやすい状態にする。(症状原因の根本となるところの施術)

・週一ペースで施術を6回行った。施術毎に緊張が出にくくなっている、肩0も下がり表情が柔らかくなった印象。
ご本人も大分楽になってきてメンタル面でもやる気が出てきたとの事です。

 担当よりコメント 

身体の状態は気持ちに影響します。在宅ワークの影響か気持ちが落ち込んでいる方が多く見られます。身体の動きが少なくなることが気持ちに影響しているように思います。

Ikubikata0


・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

EDO鍼灸治療院ブログ

フェイスブック
最新情報はフェイスブック
ページからでもご覧になれます
日本橋の鍼灸院のページトップへ