西村院長のEDOブログ

症例報告:むち打ちからの首から肩甲骨の痛み・違和感

20代 男性

高校生の授業の野球にて、したの図のように走者がぶつかりそれから首後ろに違和感・痛み数年続いている
知り合いに鍼を勧められ来院

F51B59B9-7E6F-4A22-8265-9F7AB4C8F6F6

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

・左首うなじ、左首後ろ、肩甲骨周りの痛み

・首を後ろに反らせない

・肩甲骨周りの凝り感

・肩周りの痺れ感・横向き寝で肩に痛み

  

 お身体の状態と見立て】

・首を後ろに反らす角度が少ない(通常50度程度だが20度くらいしか反らせない)

38D711C3-2EBD-4401-9FFC-145C3F4B44B2

・胸椎の後弯強い(猫背)

・首後ろ~肩甲骨周りの筋肉のシコリ状の強ばりを触診にて認められる、揉まれると気持ちよい

ぶつかった際、首が前に折曲がる方向に衝撃が加わったことから、首後ろの筋が急に伸ばされた時に、筋にダメージが加わったと考えられる。筋は急に伸ばされると、反発で縮む作用があり、これがなかなか取れないコリとなって残ることがある。
自動車事故、コンタクトスポーツで良く見られる。強い衝撃でなくとも、こわばりが長くのことが多い。

 

 鍼灸施術と経過 

・週に一回ペースで施術を行う

・首~肩甲骨に鍼。シコリ状のしつこいコリをじっくり緩める。コリの深い部分には灸も併せて行う。

・施術毎にしこり状のこわばりが緩み、首の可動域も増える

・横向き寝での痛み、違和感も軽減

・首が後ろに反らせないため、猫背が強いため、猫背改善のエクササイズをアドバイス

 

 担当よりコメント 

ぶつかる、転ぶ、など意図しない衝撃が加わると、筋になかなか取れないコリができる事が見受けられます。
早めの施術をお勧めいたします。


友だち追加

・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

症例報告:耳の不快感

30代 女性

耳の不快感

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

・音が聴こえずらいような気がする

・耳鳴り(セミが鳴いているような音)

・耳の中が痛い

・周りがざわざわしている場所に行くと気が遠くなりそうな感じになる

・頭痛(コメカミあたりから後ろにかけて)

・眼精疲労

 

 お身体の状態と見立て】

・首〜肩背部にかなりの緊張がみられる

・耳をおさえると症状が軽減

・疲労したときや夕方に症状が悪化

・仕事量が増えストレスが多くなった

・食事が乱れている

・運動量の減少

 

仕事量が増え忙しくなり、ストレスと運動量の減少により首肩背部が過緊張となった結果、

耳や頭部への血流が低下。

また飲食不摂生(冷たい飲み物の飲みすぎや食生活の乱れ)により消化吸収機能が低下、

血を作り出せず滋養できないことにより、耳鳴りなどの各症状が出現したと考えられる。

 

 鍼灸施術と経過 

・頭皮、首〜肩背部の緊張を緩めるよう鍼施術

・耳の周りにも鍼施術を行い、血流の改善をはかる

・血の不足を補うよう、脾胃の状態も整える

 

1回のペースで治療を行う。

2回目の治療後、耳の中の痛みが軽減。

4回目の治療後、やや音の聴こえずらさはあるものの、耳鳴りが起こる頻度が減る。

周りの雑音にも不快感を感じなくなる。

6回目の治療後、首〜肩背部がこったり頭痛がたまにあるが、耳の各症状は消失。

現在は1.52週に1回のペースで治療継続中。

 

 担当よりコメント 

多忙によるストレスと乱れた食生活により脾胃の機能が低下し、血が作り出せず不足となります。

また運動不足とストレスにより気血の巡りも悪くなる為、

頭部へ十分な血液を送れず耳の症状などが起こりやすくなります。

 

内蔵の機能改善、上半身を中心に身体の緊張を緩め血流改善をはかるよう施術し、

自宅でもストレッチや軽い筋トレを行うようアドバイスしました。

冷えると症状が悪化するようだったので特に首元を冷やさないようにして頂き、

アイスコーヒーを毎日かなり飲むとのことだったので冷たい飲み物は少し控え、

食事にも気をつけて頂きました。

 

冷房が入る季節になりましたが、朝晩はまだ涼しいこともあります。

皆様もうっかり冷えてしまわないよう、冷え対策に何か1枚羽織るものなどを持ってお過ごしください。


友だち追加

・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

目の疲れに指圧ケア

スマートフォンの操作、仕事のパソコン作業、読書など・・・長時間にわたり眼を酷使する事が多くありますが、これらが原因となり、乾燥やかすみ、目の奥が痛む、さらにひどくなると頭痛や肩こり、背中のはり、などといった症状があらわれることもあります。 辛い症状を感じる前に、顔のセルフ指圧をやってみましょう。目の周りの滞りが解消され血流がよくなると、症状の軽減が期待できます。

 

①攅竹(さんちく)

眉毛の内側の端で圧痛のあるところ。

 

②魚腰(ぎょよう)

まゆげのちょうど真ん中の圧痛部。

 

③絲竹空(しちくくう)

まゆげの外側の端で圧痛のあるところ。

 

④太陽(たいよう)

眉毛の外側の先端とこ眼球の端を結びその中心から指一本外側圧痛部。

 

⑤承泣(しょうきゅう)

黒目の真下、骨の際、押して圧痛があるところ。

 

⑥陽白(ようはく)

眉毛の指一本上、黒目の延長上、圧痛部。

 

⑦晴明(せいめい)

目頭の少し上、鼻骨よりの場所。眼球をおさないように気をつけて、指圧するときは鼻骨を挟むように押してみてください。

 

ブログ

 

※押す強さは「少し痛いけど、気持ちいいな」くらいを目安にしましょう。左右にツボがあります、15秒~20秒の持続指圧を行ってください。指圧後に痛みが残るようでしたら、押す強さを弱めましょう。

舌回しと呼吸筋ストレッチのススメ

マスク生活が長くなり、マスクの弊害を感じている方が多いと思います。

マスクの弊害で美容鍼を希望する人もコロナ禍以降はとても増えました。マスクを付けているだけで表情筋の使用率が半分になってしまいます。美容面以外でも、耳周辺からの頭痛、顎が顎関節症のように痛くなってしまったという方もいました。

皮膚トラブル以外にもマスクを付けていることの問題点は呼吸が浅くなることです。

暑くなってくると余計にそうなってしまうのですが、マスクで息がしづらくなって口呼吸になります。そうなると呼吸筋が上手く使えません。呼吸が上手くできていないと酸欠状態になって、だるさ、疲労感、肩こり、よく眠れない、等の症状が出ます。

 

口呼吸を治すのには舌の運動がオススメです。舌の筋力が落ちると舌を正しいポジションに置くのが辛くなるので、舌の筋力をつけるのが有効。歯科でも取り入れている所が多いようですね。舌の運動は美容面でも歯の噛みあわせの面でも効果があります。ベロ回しをすることで血行が促進され、頬の筋肉や舌の根っこにある顎舌骨筋も鍛えられます。

 

舌ストレッチのやり方
1.口の中で
①右回り、左回り ②小さく回すのと大きく回すのを両方

2.舌を思い切りベ〜ッと出す。

3.舌を口から突き出して
①上、下、右、左 ②斜め右上、斜め左上、斜め右下、斜め左下 に動かす。

回数は3回からやってみてください。
3回ベロを口の中で大きく回すだけでもかなり大変です。唾液も出るのでドライマウスや口臭予防にも効果ありです。

 

ただ、残念ながら、舌の運動だけでは浅い呼吸の解消は難しいです。

 

先日何気なくNHKの「あさイチ」を見ていたら、マスクで呼吸が浅くなっているというのがテーマでした。色んなやり方が紹介されている中で、秋野暢子さんが紹介したものはやりやすいと思いました。自分でやってみても確かに良いなと思ったのでここで紹介します。

 

秋野暢子さんの「呼吸筋ストレッチ」のやり方

基本は、鼻から4秒で吸い、口から6秒で吐くことです。

★首回りのストレッチ

正面を見たまま、息を吸いながら4秒で首だけを左に回し、息を吐きながら6秒で戻す
4秒で首だけを右に回し、6秒で戻す

4秒で頭を右の方に振り向き、6秒で戻す
反対も同様に行う

★胸のストレッチ

胸を両手で押さえる
息を吸いながら首を4秒で上にあげ、息を吐きながら6秒で戻す

胸を押さえることで、首と胸の前側をより伸ばすことができます。パソコンやスマホをよく使って下を向いている人に効果的です。

IMG_0793 (1)

 

息を吸いながら4秒で背中で両手を組んでこぶしを作り、息を吐きながら6秒でこぶしを後ろに上げる

IMG_0789

★背中のストレッチ

4秒で息を吸いながら、足を肩幅に開き、膝をゆるめる
両手を組み、6秒で息を吐きながらボールを囲むように背中を丸める

(写真では座ってやっていますが、立ってやると尚良いです。)

背中側のストレッチです。肩甲骨の間を伸ばすようなイメージでやってください。

IMG_0795

★体幹を鍛えるストレッチ

頭の後ろに両手を回して手を結ぶ
4秒で息を吸いながら胸を開き、息を吐きながら6秒でこぶしを頭上に上げる
IMG_0797

 

IMG_0798

 

これらのストレッチも舌回しと同じく3回づつやってください。全てのストレッチでのポイントは呼吸です。息を吐くことで筋肉が緩みますから、ストレッチで息を止めるのではなくゆっくり呼吸をしてやってみてください。

呼吸筋ストレッチは、胸の前側もストレッチされるのでパソコンを長く使っている方にもオススメです。首や肩が伸びていると反対側、つまり前側の胸側、首の前の筋肉は縮んでしまっています。
舌回しは朝起きてからやると頭もスッキリするのでオススメです。呼吸筋ストレッチは仕事の合間にやってみていただきたいです。

 

在宅ワークとお尻

この一年在宅ワークの方の身体の不調を見てきました。

特徴的な身体の変化のひとつとして、『お尻の凝りが』あります。

お尻って凝るのと思われる方もいらっしゃると思いますが、

すごい『凝る』のです。

お尻には、いくつもの筋肉があり凝りやすいポイントがあります。

IMG_3717

このあたりです。

お尻に凝りができたとしても、お尻に痛みや凝り感が出るわけではなく。
腰痛、坐骨神経痛、股関節の痛み・動かしづらさなどの症状として現れます。

1股関節の痛み
お尻の筋肉は、股関節を動かす筋肉です。そのためお尻の筋肉が凝ると股関節の可動域が減り股関節の痛みとして現れてきます。

2腰痛の原因
お尻の筋肉が凝ると、骨盤を立てる動きがしづらくなります。骨盤を立てることが出来ないと、腰が伸びません、
腰椎は本来前弯しているのものですが、腰が伸び辛い状態は腰の筋肉や関節に負担がかかり腰痛の原因になります。

3坐骨神経痛の原因
お尻の筋肉の下には、坐骨神経が通っています。坐骨神経は、腰椎から出て、お尻の下を潜り抜け、足の感覚や運動をつかさどる神経です。坐骨神経が圧迫されると足に痺れや痛みが出てきます。

在宅ワークが続きますので、動かない時間が長く、歩く時間が少ないことによる、体の不調対策考えてみる必要がありそうですね。1日30分の散歩と鍼灸ケアお勧めします。

症例報告:食べるとお腹をくだす

30代 女性

食後に起こる下痢

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

・お腹の不調

・外出時に食事を取るのが怖い

・胃のあたりがもやもやしてスッキリしないため食欲があまり出ない

・顔色が悪い

・寝ても疲れがとれない

  

 お身体の状態と見立て】

食事後、お腹が張り軟便となる

・温めると症状は楽になる

・食事の偏りで悪化

・手足の冷え、むくみ感有り

食べるとすぐに腹鳴や腹痛が起こりお腹をくだすが食べなければ何事もなく、

また食べると下痢になるという状態を繰り返す。

気血の生成が不十分なために四肢や顔部が滋養されず、疲労感が取れず顔色が悪くなる。

 

 鍼灸施術と経過 

飲食物から栄養を生成し全身に送る機能の低下により腹部の脹満感、食欲減退、

便がゆるくなるなどの症状があらわれている為、脾胃の機能改善をはかるよう鍼施術。

腰部や腹部などに施灸。また、顔面部にも刺鍼。

1週〜10日に1回のペースで5回治療を行う。

食事のお腹のはった感じが減る。

その後は2週に1回ペースで治療、顔色も良くなり、身体のだるさも改善。下痢の頻度が減り、

外出時にトイレが気になる回数も減る。

現在、月に1回のペースで治療継続中。

 

 担当よりコメント 

脂っこいもの、消化しにくいもの、なま物、冷たい物を避けた食事を取るようにアドバイスしました。

飲食物からの栄養が全身にいきわたるようになると、疲労感も減り顔色も良くなります。

そろそろ気温が高くなってきましたので、冷たいものを摂りすぎないよう気をつけましょう。


友だち追加

・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

気になるむくみにお灸ケア

東洋医学では飲食により身体に取り入れた栄養・水分の「消化」「吸収」「排泄」がスムーズに行われるていることが浮腫を改善するには大切だと考えます。浮腫みでお悩みの方は、足の内側にある内臓の機能を高めるツボにお灸をお試しください。

 

①三陰交(さんいんこう)

内くるぶしのいちばん高いところに小指をおき、指幅4本そろえ、人さし指があたるところ

②太白(たいはく)

足の親指を曲げてできるシワの踵寄り

DSC_0599

③太渓(たいけい)

内くるぶしとアキレス腱のあいだのくぼみ

太谿

④湧泉(ゆうせん)

足の指を折り曲げた時、足裏でいちばんへこんでいるところ。足裏を3等分して約3分の1の場所を目安に。

DSC_0601

⑤曲泉(きょくせん)

ひざを深く曲げたときにできる、ひざ内側の曲がりジワの先端

DSC_0600

 

ほてる・のぼせやすいなどの症状が、むくみに併せて起きている方は、上半身と冷えてむくんだ下半身との交流がうまくいっていない事が多いです。下腹部や腰周囲の温めも同時に行いましょう。

症例報告:てんかん発作がなくなった

30代 女性

てんかん発作がなくなった方の症例です。

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

・てんかん持ちで貧血気味になると意識消失を起こす。意識消失を起こす時は酷い痛みを感じる。

・気圧の変化が多い湿気の多い時期になると貧血気味になる。

・睡眠不足になると噛みしめがひどくなり、側頭部の偏頭痛が出現。

  

 お身体の状態と見立て】

・上半身全体が緊張している。肩甲骨内側の硬さが顕著。

・仕事量が多くなると舌に歯型が強く残っている。

仕事で0時を過ぎてもPCで仕事をしていることもあり、寝つきが良くない。仕事の緊張で睡眠不足になって疲労が蓄積している。身体の疲れが脳の神経活動に影響して意識消失の発作が出ると思われる。梅雨の時期が苦手とのことで、体に湿気が溜まることも発作につながる。

 

 鍼灸施術と経過 

・体全体の緊張が強いので、気のうっ滞を流す鍼と灸。その日の状態によってはマッサージも行っている。

・最初はてんかん治療ではなく不定愁訴に対する鍼灸治療をおこなっていた。てんかんの発作が出て予約をキャンセルということがあり、北京鍼灸研修でてんかんにたいする鍼灸治療を見ていたので、てんかん発作を観点に入れての鍼灸治療に切り替えた。

・体の水はけを良くする足首の内側周辺にお灸と鍼をセットで行う。

・鍼灸治療の反応が素早いタイプの方で、軸索反射(鍼を打った周辺が赤くなる)も顕著に出る。

・てんかん治療に対する頭部鍼を行っている。

・二週間に一回のペースで鍼灸治療を継続中。

 

 担当よりコメント 

鍼灸治療を始めて一年後、てんかんで通院している病院の主治医から経過が良いから薬を変えても良いかもしれないと言われた。ご本人も発作が出なくなったことを実感しており、発作がなくなっていることをお話ししていた。最初の来院の頃に比べてご本人の印象も柔らかくなった。鍼灸治療で身体の状態を整えることが必要だと思われていて定期的なメンテナンスを希望されている。


友だち追加

・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

症例報告:在宅ワークで増えた首痛・頭痛

30代 女性

半年前より、首の痛みと後頭部からこめかみにかけての頭痛

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

・在宅ワークになってしばらくしてから首のコリから痛みに変わり、頭痛も出てきた

・うなじ・こめかみ(側頭部)の頭痛 

・夕方になると頭痛がでる薬を飲んでも効かない

・仕事のストレスを感じている

  

 お身体の状態と見立て】

・上半身の力が抜けず、常に緊張していいる。

・手足の冷えと発汗がある。緊張しやすいタイプにみられる

・上腹部の張りがつよく、おさえると苦しさをうったえる(ストレスが多いとみぞおち周りに強ばりを認めることがおおい)

・お腹を下しやすい

上半身のこわばりと、在宅ワークで、座りっぱなしが多くなり、動くことが減り、首肩周りのコリが酷くなり頭痛まで及んでいると考えられる。

 鍼灸施術と経過 

・まず首・肩周りを中心に施術 施術を重ねるごとに症状が減り、3回目の施術後には頭痛は感じていないとの事

・首肩の施術だけでは症状の再発の可能性が高いため、身体全体の状態をみながら気血のバランスを整える施術を行う。

・6回の施術を行い、症状の再発もなく、手足の冷え発汗もなく、お腹のこわばりも緩まっている。

・表情も明るくなり、声のトーンも明るくなった。

 担当よりコメント 

首肩こり頭痛は、仕事のプレッシャーやストレスで、上半身全体が強ばり、力が抜けない状態になっているケースが多く。

施術は首肩だけではなく、上半身の緊張をといてあげる施術が必要です。

身体の緊張が解けると、表情も明るくなりますね。


友だち追加

・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

立ったり座ったりしているのがつらい

 40 女性 

  症状 】

・腰から下に力が入らない感じが続く(立つ座るの姿勢を保持するのがつらい。体勢をくずしたり寄りかかったりでなんとか誤魔化して過ごしている)

・血の気が引くような感じで気持ち悪くなる

・トイレが近い(1015分に1回、もしくはトイレ出た瞬間に再度行きたくなるが出ない)

・頭の中に霧がかかった感じ、ふらふらすることが多い

・少し動くとすぐに汗が出るがそれ以外は手足が冷え、寒く、足のしびれ感もある

・何にも興味がもてず、やる気がでない。

 

【 検査と見立て 】

・胃〜臍の辺りが他に比べるとかなり冷たい

・脈は弱く舌の色は淡い

・環境の変化などでストレスがかかり症状が悪化

臓腑の機能低下に加え、身体を温める機能が低下している。

 

【 鍼灸施術と経過 

◎気の不足による症状

(元気がない、気力がでない、疲労感など)

◎血の不足による症状

(頭がふらつく、血の気がひく、足の痺れる感じなど)

◎寒冷症状

腹部、手足の冷え

上記各症状を改善するように鍼施術。

腹部に施灸を行い、温め陽気を高める。

また自律神経のバランスを整えるよう頚部にも刺鍼。

1回のペースで治療を行った。

3回目の治療後から手が温まるようになり、足腰に力が入る感覚が戻る。座りの姿勢がつらくなくなる。

5回目の治療後より腹部の冷たさもなくなり、トイレに行く回数が減る。

10回目の治療後より、足の冷え、ふらつきが軽減。

現在、12週に1回のペースで治療継続中。

 

【 コメント 

・身体を冷やすような冷たい飲み物、食べ物、生物の摂取を減らす

・へその周りを腹巻、カイロ、湯たんぽなどを使い温める

特にこれらに気をつけて生活してもらいました。

身体が発するサインはどれも重要です。

何かいつもと違うな?と思うことがあればお気軽にご相談ください。

EDO鍼灸治療院ブログ

フェイスブック
最新情報はフェイスブック
ページからでもご覧になれます
日本橋の鍼灸院のページトップへ