西村院長のEDOブログ

NHKで・・・

先日、NHKの番組で東洋医学について放送されていましたね。

ご覧になられたでしょうか?

米軍で耳針が疼痛緩和に用いられていました。これは私も初耳でした。

用いる鍼は、特殊な形状で、専門的な知識、技術がなくとも誰でも簡単にできるという代物でした。

鍼灸は、少ない材料で効果を出すことができます。高い医療機器、薬の手に入らない途上国などでも活躍の場はあるなと思いました。

鍼灸治療ってどんなだろうと、世間の人にアピールするには良い内容だったと思います。

シリーズでやってもらいたいくらいです。鍼灸治療を受けている方は国民の5%前後だということなので、鍼灸の良さを私共も広めていかないといけませんね。

 

9/24(月)にNHKで鍼灸についての番組

9/24(月曜・祝日)にNHKで東洋医学についての番組が放送されます。

東洋医学 ホントのチカラ~科学で迫る 鍼灸・漢方薬・ヨガ~「第1部」

東洋医学に注目している人は多いですが、NHKがどういう編集をしているのか鍼灸師として気になるところです。

第一部、第二部と二部に渡って放送されるようです。

お時間のある方は番組を見てみると、何かしらの発見があるかもしれません。

夏の疲れ

まだまだ日差しは強烈ですが、朝晩は涼しい風も吹き始め、秋の気配が感じられるようになりました。

 

今の季節の変わり目には、食欲不振・身体のだるさ・休んでも疲労が取れない…等の不調を訴える方が多くみられます。これらは夏の食生活(冷房による身体の冷やし過ぎ、冷たい物の飲食のし過ぎ)が胃腸の働きを弱らせ、食べ物からエネルギーが作りづらくなっている事や、そのエネルギーを体に巡らせづらくなっている事が原因として考えられます。身体を温めたり、鍼灸治療で血流を改善させましょう。

 

夏の疲れは秋や冬にあらわれます。これから迎える忙しい季節に向けて、身体のメンテナンスは忘れずに。

夏の疲れ

 

海水浴

先週お休みをいただき、実家の佐賀に帰省してまいりました。

帰省時毎回、海水浴には行くのですが、今回は志賀島(福岡)の海です。

福岡市を経由して、海の中道という道路をとおり、車で行ける島です。詳しくは検索してみてくださいね。

8月後半、平日ということもあり、海水浴場には誰もいませんでした。

だれもいないビーチというのはいいものですね。海の家もやっていないのでべたべたのまま帰りましたが・・・

おかげさまで、ゆっくりできました、また鍼灸道に邁進します!

B8C97D7B-37D3-4B34-A5BE-B117B75F878A

 

 

冷房病

冷房病とは、外気温と冷房の効いた室内との温度差により、自律神経が乱れることとあります。

室内との温度差を5度以内にしましょうとありますが、今年の夏は35度越えも珍しくありませんから、室内を30度は暑すぎますね。

患者さんも、冷房により冷えが原因とみられる症状が増がえています。

デスクワークで座りっぱなしで動かないと下半身の血流が悪くなってきます。

冷気は、下に溜まりやすいので、ますます足元は冷えてきます。

下半身が冷えると、婦人科系や、腰痛、膝痛、浮腫みなどの症状が出てきます。

対策としては、靴下を履く、ズボンにする、時々動く(スクワットがお勧め)、湯船につかる、などして下半身の血流を良くしてあげましょう。お灸もおすすめです。

 

 

 

台風

先日に続きまた台風が近づいていますね。

8/8 12:30現在日本橋は、まだ雨風も強くないですが、夜から明日ににかけて台風が接近してくるようです。

当院へご来院の際は、お気をつけてお越し下さい。

また、ご予約の変更等のお電話もご遠慮なくおかけください。

 

暦の上では

夏もこれからといった感じながら、

きたる7日には早くも「立秋」を迎えます。

立春からちょうど半年が経過し、この日から立冬の前日までが秋。

暦の上では秋になりますが、日中はまだ暑さ厳しく1年で最も気温が高くなる時期です。

8月の和風月名である「葉月(はづき)」という名称は、

“葉が紅葉して落ちる月”という意味に基づいているのだそうです。

旧暦における8月とは、もう立派な「秋」なのですが・・・

日中の暑さはまだまだ厳しいと思いますので、

今後とも十分な熱中症対策・水分&塩分補給をお忘れなきよう、お気をつけください。

IMG_1495

8月

8月に入りましたね。8月の予定をお知らせします。

8/11(土)祝日は中島のみ出勤しております。土曜日ご希望の患者様はご連絡お待ちしております。

8/26(日)~8/30(木)西村夏休みを頂いております。

まだまだ暑い日が続きます。お身体ご自愛ください。

台風

明日7/28(土)は通常通り営業いたします。

台風の影響で、お越しになれない方もいらっしゃると思います。

変更やキャンセルはご遠慮なくお電話ください。

 

 

大暑

「もっと前からでしょう?」と言いたくなるような天気が続きますが、7/20の夏の土用~8/6まで、1年で最も暑さが厳しく感じられる「大暑」になります。この土用とは、1年に何回かあるもので、季節と季節の変わり目の時期を指します。身体の内でも次の季節へ対応するための準備が起きる期間でもあるので、環境に対応できる柔軟性が求められます。無理をせず、休養・睡眠を十分とるように心がけて下さい。

 

鰻は食べたけれど、怠さや疲れが中々抜けきらない方は、まだ身体が次の季節に対応できる準備が整っていないのかもしれません。鍼灸治療で体内環境を次の季節に進めましょう。

 

大暑

2 / 2212345...1020...最後 »
EDO鍼灸治療院ブログ

フェイスブック
最新情報はフェイスブック
ページからでもご覧になれます
日本橋の鍼灸院のページトップへ