20代 男性

高校生の授業の野球にて、したの図のように走者がぶつかりそれから首後ろに違和感・痛み数年続いている
知り合いに鍼を勧められ来院

F51B59B9-7E6F-4A22-8265-9F7AB4C8F6F6

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

・左首うなじ、左首後ろ、肩甲骨周りの痛み

・首を後ろに反らせない

・肩甲骨周りの凝り感

・肩周りの痺れ感・横向き寝で肩に痛み

  

 お身体の状態と見立て】

・首を後ろに反らす角度が少ない(通常50度程度だが20度くらいしか反らせない)

38D711C3-2EBD-4401-9FFC-145C3F4B44B2

・胸椎の後弯強い(猫背)

・首後ろ~肩甲骨周りの筋肉のシコリ状の強ばりを触診にて認められる、揉まれると気持ちよい

ぶつかった際、首が前に折曲がる方向に衝撃が加わったことから、首後ろの筋が急に伸ばされた時に、筋にダメージが加わったと考えられる。筋は急に伸ばされると、反発で縮む作用があり、これがなかなか取れないコリとなって残ることがある。
自動車事故、コンタクトスポーツで良く見られる。強い衝撃でなくとも、こわばりが長くのことが多い。

 

 鍼灸施術と経過 

・週に一回ペースで施術を行う

・首~肩甲骨に鍼。シコリ状のしつこいコリをじっくり緩める。コリの深い部分には灸も併せて行う。

・施術毎にしこり状のこわばりが緩み、首の可動域も増える

・横向き寝での痛み、違和感も軽減

・首が後ろに反らせないため、猫背が強いため、猫背改善のエクササイズをアドバイス

 

 担当よりコメント 

ぶつかる、転ぶ、など意図しない衝撃が加わると、筋になかなか取れないコリができる事が見受けられます。
早めの施術をお勧めいたします。


友だち追加

・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

« 前の記事:

次の記事: »