症例:左の腰~ふくらはぎにかけての痛み

27歳女性 14年10月末に来院

9月の初めより痛みがで始め、10月の始めから痛みが増した。筋トレを始めたことが原因か?
広島より販売の仕事で出張で東京に来られていて、立っていると痛みが辛く何とかしたいとの事で来院。

状態:

sokuwan
・上の図のように立っていると右に体が曲がってくる(逃避姿勢)
・歩くと腰~ふくらはぎが痛い
・殿部の筋肉の緊張が強い(梨状筋・大殿筋)

治療:

痛みの起きている骨盤周り、腰部の筋のしこりを緩め神経への刺激を減らすことを目標に鍼治療
1診
横向きに寝てもらったが痛みが辛い様で、お腹にクッションを入れてうつ伏せで鍼。
腰-殿部-ふくらはぎに鍼(大腸兪 ジリョウ カンチョウ 殿央 風市 下委陽 飛ヨウ 崑崙 キュウキョ)

2診
同様に鍼、殿部は深い所にコリ(表面は虚)があり、深めに刺針(3番2寸)響きあり

3診
前回の後は痛みが楽だった様子。身体の曲がりも少ない。前回と同じく治療
腸腰筋(陰経)にもアプローチ(手技)レイコウに引き鍼

身体の傾きから椎間板の影響もあるのかなと感じました。
椎間板のトラブルも腰部・殿部腹部の筋の緊張の結果起きているのではないかと思う。
また、腰部やおしりなど身体の後ろ側の痛みは、陰経(お腹側)の冷えによる筋のこわばりが元で出ていることが多くここにもアプローチする必要がある。
陰経のこわばり→陽経への負担増→陽経の痛みという感じで痛みが起きていると考えています。

腰痛関係

ぎっくり腰?

臨床報告:慣れないハイヒールを履いた後の腰痛

臨床報告:腰痛

EDO鍼灸 西村

 

« 前の記事:

次の記事: »