30代 性別 女性

メンテナンスで月に一回鍼灸治療に通っている方の症例です。コロナ禍で完全在宅勤務になって数か月経ち、ある日足首の内側が痛くなった。足首を曲げると痛みが出る。

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

・心当たりがないのに右足首が痛い

・ずっとパソコンを使っているので首、肩こりは常にある

・在宅勤務になってから眼精疲労が酷く、目が痛い

・座っている時間が長いと腰痛が酷くなる(ストレッチをして予防はしている)

  

 お身体の状態と見立て】

・通勤時間がなくなり動いていないことにより、筋肉バランスが変わった。

・元々腰椎に少し側弯があることもあり、身体のバランスに歪みが出て右の脚に負荷がかかりやすい。

・足首内側に体重が乗り、痛くなっている。

IMG_2293

 

 鍼灸施術と経過 

・可動性を良くするため、臀・股関節周りに針で刺激を与える。背中の緊張をゆるめるためお灸で温める。

・痛みが出ているのは足首だが、原因は数か月間の運動不足によって下半身の筋力の衰えから来ていることを説明。

・自宅で簡単な内転筋の筋トレをしてもらい、軽い散歩をしてもらった。内転筋は衰えやすい分、筋トレをすると効果を感じやすい場所です。3回の治療と自宅での筋トレで足首の痛みはなくなった。

 

 担当よりコメント 

身体を動かさなすぎで不具合が起こる方は結構います。在宅勤務のせいもあるのか、運動をしたわけではないのに足首や足首回りが痛いという訴えはたまに聞きます。腰部や下半身の筋肉を使わないこと、自宅でも長時間座って仕事をしていることで腰回りが硬くなっています。そのために身体の軸が変化して足首にかかる力が多くなって痛みが出るパターンが多いように思いました。軽い筋力トレーニングは有効です。


・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

 

« 前の記事:

次の記事: »