職業
デスクワーク 49歳 男性

症状
・3-4日前より
・右肩~前腕にかけてうずくような痛み
・冷えると辛い
・普段肩こりは感じているがこのような症状は初めて

IMG_6502

状態チェック

・右わき、胸まわり筋肉硬く、腕の挙がりが良くない
・首を右に曲げる、左に向くと肩甲骨の上側に痛み
・首~肩の筋肉もこわばりがあるが、胸・脇周りの筋の緊張も強い

施術
首肩から腕にかけての痛みやしびれは、神経の絞扼(締め付け)があると考えられます。
腕に行く神経や血管は、首の骨(頚椎)から出て、首→肩→胸→脇と筋や骨の狭い間をかいくぐり、腕に伸びていきます。
そのため、神経や血管の絞扼が起きやすい構造になっています。
神経の通り道に、筋肉のコリがあると、手に痺れや、痛みが起こると考えられます。
針や灸では、この神経や血管のルート上にある、筋の凝りに施術を行っていきました。
6回集中して施術を行い、前腕部にすこし、こわばりが残るものの、首~上腕(二の腕)の症状はほぼ無くなった。

 

担当より

腕への痺れや痛みは、急に出ることが多いですが、その前段階として、首肩胸脇の凝りが蓄積しています。
首肩のコリぐらいの時に、運動をしたり、鍼灸をしたり、ケアをすればこのような辛い思いはしなくとも良いのですが。
痛くなって、初めて、健康の大事さに気づきますね。

 

 

« 前の記事:

次の記事: »