腰痛を訴えいらっしゃる方は多いですが、腰が痛いからといって腰だけに問題があるのではありません。

腰痛の方の多くの、お尻の筋肉を触ってみるとゴリゴリと凝っている事が多いです。
ここのコリを腰痛として感じている方も多い様です。

お尻の筋肉は足を後ろに蹴りだす筋肉です。
走る時や立ちあがる時に使います。
スケート選手などは後ろに強く蹴りだすのでお尻が発達していますね。

お尻の筋肉が堅くなる原因として「椅子に浅く座る」ことが一つです。

椅子に浅く座ると、骨盤が後ろに寝てしまい腰が丸まってしまいます。すると、お尻と腰の筋肉は常に引っ張られる力がかかります。ずっと引っ張られた筋肉は硬くなってうまく縮むことができなくなります。お尻、腰の筋肉は背骨(腰椎)を後ろから引っ張る筋肉なので、この部分がうまく縮まないと図のような骨盤を前に出したような立ち方になってしまいます。(へっぴり腰)

SCN_00041

椅子に浅く座る図→浅く座ることが習慣になると腰が伸びなくなり上のような立ち方になります

SCN_00014

腰が丸まってくると、上の図のあたりにゴリゴリしたコリが出来てきます

腰が丸まらないための工夫

・お尻の下にクッションを二つ折りにして入れると骨盤が立ちやすくなります。
・背もたれにバックハガーなどの背当てをいれる
・時々立ち上がり背中を伸ばす(両腕万歳であくびをする要領で)

鍼でのアプローチはお尻のゴリゴリに固くなったポイントを緩めていきます。
コリに鍼があたった時は芯から緩んでいくような何とも言えない気持ち良さがあります。お尻のゴリゴリは奥深くにあるので、手では届きにくい所も鍼なら緩める事が得意です。
ゴリゴリがゆるんでくると筋肉に力が入りやすくなり、筋肉が伸び縮みしやすくなり姿勢も改善してくることが多いです。
お尻のコリが気になる方は是非鍼治療をご体験下さい。

西村

« 前の記事:

次の記事: »