IMG_5612

肩甲骨の内側が凝ると訴える方が多くいます。揉むと気持ちよいといいます。

ただ、この場所をいくら一生懸命揉んでもなかなか、コリはなくなりません。

 

原因が他にあるからです。肩甲骨には前後左右といろんな方向に筋肉がくっついています。

胸の筋肉、腕の筋肉、首の筋肉、肩の筋肉、背中の筋肉、です。

これら筋肉の引っ張り具合を整えてあげないとなかなかコリ感は無くなりません。

特に胸、脇の筋肉が硬くなっている事が多いです。

また、腕の筋肉にも緊張が取れない場所が出ていて、肩~腕~手の動きがスムーズに行われなくなっています。

この肩だけではなく、腕、手への連動した動きをスムーズにしてあげると、症状が改善していくと考えています。

頚肩の鍼灸治療症例

« 前の記事:

次の記事: »