首が痛い、肩こり、腱鞘炎などの症状が起きている方は。

首肩手とセットになって筋肉が強ばっている事が多いです。

手の動作は、首肩周りの筋肉も同時に使います。

握りこぶしをぐ~っと握ってみて下さい。

前腕だけでわなく力こぶの筋肉(上腕二頭筋)胸(大胸筋)も硬くなっていませんか?

%e7%94%bb%e5%83%8f-013

このほうがより強く握れるからなのです。

人間の動作は、いくつかの部位、筋肉が同時に作用して、動作を行います。

鍼灸はこの仕組みを利用して治療を行います。

肩こりの時に、肩だけではなく、手のツボを使うのはこのためです。

首の動かしづらさを訴える方に、手に鍼をするだけで、首の動きが良くなることは多くあります。

手-肩の連続した動きをスムーズにする事が出来ると、首肩手の症状は自ずと解消されてることが殆どです。

 

« 前の記事:

次の記事: »