40代 性別 女性

もともと生理痛はなかったが、ここ一年ばかり生理痛がひどくなった。婦人科を受診したが異常は見られない。鍼で生理痛の軽減ができないかと思って受診した。

目次

 お困りの症状】

 お身体の状態と見立て】

 鍼灸施術方法と経過 

 担当よりコメント 

 

 お困りの症状】

・生理痛。経血に血塊あり。生理の前半は薬を飲まないと仕事ができないぐらいに辛い。

・便通が乱れている。便秘と下痢が交互にある。

・足のむくみが気になる。

・たまに頭痛がある。

  

 お身体の状態と見立て】

・スポーツが好きな方でもあり筋肉質。

・緊張しやすい性質もあるせいか、肩に力が入りやすい。

・お仕事でパソコンを一日中使っており、上半身、特に肩甲骨の外側の硬さが顕著。

・上実下虚(じょうじつかきょ:上半身が緊張していて力が入りすぎ、下半身の血流が悪くなる)の状態が見られる。

 

 鍼灸施術と経過 

・仕事と家庭の都合で自由に通うことができず、2、3週間に一回のペースで治療中。

・肩周りの緊張が顕著なので、肩周り、脇の動きを良くするように刺鍼。

・お腹の冷えは見られないが、深部の血流改善を目的として腹部へ灸治療。熱いお灸ではなく、じんわり熱が入る棒灸で施術。

・一度目の鍼の後の生理の時に生理痛の症状がなくなり、効果を実感されたよう。

・便通が良くなった。

箱灸

箱灸

 

 担当よりコメント 

仕事でのパソコン使用時間、ストレスも多く、どうしても上半身が緊張してしまう。もともとスポーツをしていた方だったが、ずっと動けていない。集中して画面上を凝視し続けると、自分が思っている以上に首、肩が固定された状態で緊張状態が長時間続いている。動いていないので上半身の力が抜けないということも考えられる。もともとスポーツ好きの方なので、動くことでストレス解消もするようアドバイス。


友だち追加

・EDO鍼灸治療院の症例報告

icon-twitter-circle-silhouette
ツイッターでも情報発信中!
インスタグラムのシンプルなロゴのアイコン 1
インスタもやってます!

icon-facebook-square-silhouette
FACEBOOKもやってます!

« 前の記事:

次の記事: »