前回の臨床報告『左肩甲骨内側のしびれ・凝り』に書きましたが、

肩甲骨内側にコリや痛みを感じている方は、前鋸筋に固さがみられることが多いです。

前鋸筋とは、脇ばらにあり、肩甲骨を外側に動かす筋肉です。

左肘をついて、右手でマウスのような格好だとこの筋肉が硬く縮こまってきます。

IMG_20210113_0001

また、横向き寝で下になっている側の筋肉が硬くなってきます。

この筋肉の場所には、凝り感を感じなく、肩甲骨の内側や背中の凝りとして感じます。
IMG_20210113_0002

なので、施術では肩甲骨の内側に行うだけでなく、前鋸筋や肩甲下筋など脇の筋肉を緩める必要があるのです。

前鋸筋のこわばりは、首痛、肩こりだけでなく、首腰臀部の筋に影響し、腰痛、坐骨神経痛、手のしびれ、呼吸が浅いなどの原因にもなりす。

こまめに姿勢を正し体に癖をつけないようにしましょう。

あくびのように大きく伸びをして、胸・お腹、体の前側を伸ばすのがおすすめです。

 

関連記事

在宅ワークの肩こり・腰痛対策

EDO鍼灸・首肩こり施術

肩甲骨のコリ

右背中なかなか取れない『コリ』

小胸筋の凝り

 

 

 

« 前の記事:

次の記事: »