30代 女性
【症状】

一ヶ月前より、在宅勤務となる。だんだん腰が痛くなってきた。

臀部の上部付近に痛みがある。座った状態から立つときに痛みがでる。

・腰の下部から臀部にかけて鈍い痛み

・長く座っていられない

・立ち上がりに腰が伸び辛く痛み有り

・股関節周りにも痛みをかんじる

・お腹、臀部、下肢に冷える

 

【検査と見立て】

腰を前後に曲げると、後ろに反りづらくなっている。またお腹の下部にこわばりがある。

臀部に固いしこり上の凝り、また腰~足に冷えがある。

床に座っていると、骨盤が寝た状態になり、腰を立てにくくなる。この状態で長時間仕事と運動不足がかさなり、臀部にこわばりができてしまい、腰痛が出現したと考えられる。臀部・股関節周りの筋肉が硬くなると、腰~足の血液循環が滞りに冷えが出ることが多い。

【鍼灸施術と経過】

まず鍼で臀部、股関節周りの筋肉の緊張をとり、下半身の冷え改善のためお灸を行った。
また、お腹のこわばりにも鍼と灸を行う。腰を丸めた姿勢は、お腹の筋肉を固くする。そうなると、腰が伸びない。
コタツでの仕事は辞めるように、アドバイス。

1回目 施術後 腰を動かしてもらった所、痛み10→4くらいに減少 また動作の改善もみられた

2回目 前回から3日後に来院 施術翌日くらいまでは良かったが、また痛みがでてきた。施術は前回同様に行い。股関節周りのストレッチも加える。

3回目 前回からは、ひどい痛みは出ていない。初回痛み10→2

4回目 ほぼ日常生活で辛さを感じない 臀部・股関節周りのこわばり減少。動作時の痛みもほぼ無し

5回目 前回からは、つらさを感じなくなった。

【コメント】

コロナの関係で、在宅勤務になるかたが多です。普段は通勤で歩いているのが減り、ご自宅ではコタツや高さの合わないデスクなどでPCをするため崩れた姿勢で仕事をするため、腰痛や首肩の痛みを訴えての来院が増えてみます。お家のデスク環境を見直してください。

意外と、家に机が無い方が多いようです。ダイニングテーブルより、きちんとした机と椅子で作業する方が、身体の負担は軽いです。私はIKEAを愛用しております(笑)

西村

EDO鍼灸の症例報告

在宅ワークの座り方

在宅ワークで肩こり

« 前の記事:

次の記事: »